【2015:プレビュー】手堅く勝利したいWeek14

2015_sexy_titans-rs タイタンズ
マリオタは危険な臭い

さぁ~~!残り4試合!!現在第6シードで、最終戦まで楽しめる久々に楽しいシーズンとなりました!

次の相手は現在3勝のタイタンズ。シーズンエンド同然で、ドラフトの事を考えたら負けたほうが得策ですが、マリオタの可能性を引き出して来シーズンに繋がるならば、勝ちたいところでしょう。

[SPONSORED LINK]

インジャリーリスト

 Tennessee Titans Injuries
Yannik Cudjoe-Virgil LB Knee Did Not Participate In Practice Out
Michael Martin DT Knee Did Not Participate In Practice Out
Derrick Morgan LB Shoulder Did Not Participate In Practice Out
Kendall Wright WR Ribs Did Not Participate In Practice Out
Anthony Fasano TE Shoulder Full Participation in Practice Probable
Sammie Hill DT Knee Full Participation in Practice Probable
Dexter McCluster RB Knee Full Participation in Practice Probable
Douglas McBride WR Abdomen Limited Participation in Practice Questionable
 New York Jets Injuries
Dion Bailey S Ankle Full Participation in Practice Probable
Antonio Cromartie CB Hip Full Participation in Practice Probable
Kellen Davis TE Hand Full Participation in Practice Probable
Eric Decker WR Knee Full Participation in Practice Probable
Ryan Fitzpatrick QB left Thumb Full Participation in Practice Probable
Jeremy Kerley WR Illness Full Participation in Practice Probable
Nick Mangold C Hand Full Participation in Practice Probable
Brandon Marshall WR Ribs Full Participation in Practice Probable
Calvin Pryor S Neck Full Participation in Practice Probable
Darrelle Revis CB Concussion Full Participation in Practice Probable
Calvin Pace LB Abdomen Limited Participation in Practice Probable
Marcus Williams CB Knee Limited Participation in Practice Questionable

 →今週は詳細な状況が発表されるが遅かったです。

タイタンズ側は、なんとLB”デリック・モーガン”とWR”ケンドール・ライト”の攻守の主力がOUT!これは朗報。

一方、JETSはCB”マーカス・ウィリアムス”がQuestionable以外はほぼ万全。予定どうりリーヴィスが2週ぶりの復帰です。

 

どうなるタイタンズ戦

今期わずか3勝のタイタンズなのですが、チームスタッツはO#もD#もそれほど悪くはなく、思ったより手ごわい相手となりそうです。

なんといっても今シーズンのドラフトの目玉”マーカス・マリオタ”をどう攻略するかに勝敗はかかっているでしょう。

前半だけで4TD決めた衝撃のデビュー戦からはや14週。欠場の試合を挟みつつ、そのパフォーマンスは不安定なのですが、先週の試合の映像を見る限りとんでもない逸材であることは、間違いないでしょう。

コンパクトな腕の振りにそぐわない弾丸パスが放たれる豪腕は「ライフルアーム」と呼ばれた伝説のQBダン・マリーノに匹敵するものがあります。
加えて足も速く、先週は86ydTDランを決めております。

JETSは動きまわるQBが昔から苦手なので、HC”トッド・ボウルズ”もスクランブル対策に頭を悩ませているでしょう。以前に素晴らしいQB徹底マークを見せたDL”モハメド・ウィルカーソン”がどこまでマリオタを追い込めるかが勝負です。

 

さて、チームスタッツの数値はそれほど悪くないタイタンズがなぜ弱いのか?それは最近話題のターンオーバーレシオの悪さです。
ターンオーバーレシオとは、奪ったターンオーバー数から与えたターンオーバー数を引いた値で、この数値が一番勝敗に直結しているとのことで近年は重要視されております。

 

現時点でのジェッツのターンオーバーレシオは+4、そしてタイタンズのターンオーバーレシオが-8。たしかに勝率に直結しているデータである事は間違いないようです。

この試合からCB”ダレル・リーヴィス”が復活するので、リーヴィス・アイランドにハメて、マリオタからターンオーバーを奪いまくる展開に期待です。

 

そーいえば、RB”ビショップ・サンキー”って、最近名前を聞かないですね。気になってスタッツを調べたら成績悪くてWeek6以降 干されてるみたいです。来年、頑張れ。

 

O#の方は、ヒゲを剃ってINTがなくなったQB”ライアン・フィッツパトリック”と、JETSで25年ぶりにWRでの週間MVPを受賞した”ブランドン・マーシャル”のホットラインの爆発に期待。

WR”エリック・デッカー”のパフォーマンスも素晴らしく、もはやJETSはジェット機のクセに地上をゴリゴリ這いずりまわるチームではありません。 とうとう大空を支配するガチのジェット機チームとなったのです!!

 

とは言っても、ジェット機を離陸させるにはランという名の滑走が不可欠。アイボリーの獲得ヤードが試合の成績に直結しているのも事実です。先週のジャイアンツ戦もアイボリーのランがイマイチだったので、オーバータイム突入の大苦戦でした。

毎試合、進化の片鱗を見せるアイボリー。彼のフォースの覚醒はもうじきでしょう。

 

今週の勝利への金言

マリオタ には兄弟がいるが、名前はルイージではない。

以上

 

  1. YM5 より:

    確か、マリオタの40ヤードは4.52(実はシェイディもこのレベル)だからウェザフォードと同じくらいだったはず。(ジーノは4.56、参考程度に蟹泥棒は5秒ジャスト!)

    レシーバーやCBの数字を見たら一見物足りなく感じますが、DLやLBより速いし、プライアー(こいつもゴルストンやモーリス・クラレットの後輩ですね)みたいに一流のスピードがあっても他がNFLで通用しなければ意味がないんですよね。

    2013年のイーグルスファンオフ会で来年マリオタがイーグルスに来ると話題になっていたあの時が懐かしいです。
    その年のハイズマンは蟹泥棒に譲ったけど、それよりも愛弟子が欲しいチップが裏でマリオタと連絡を取り合っているという話が当時はあったんですよね。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      最近のQBは足が速いですね。カレッジではQBの足は十分に武器になるので、ドラフト上位って俊足がそろうんでしょうね。
      (蟹泥棒は別の意味で足の速さが必要でしょうが)

      開幕前まではイーグルスがブラッドフォードを獲得した理由は、ドラフト上位とのトレードのためという噂が流れましたが、結局マリオタGETに至りませんでしたね。

      何にせよ怨敵の現在、いや史上最強のQBは鈍足で有名ですから、QBに俊足は必要ないという事で。

コメントを残す