【2015:Week15】vs カウボーイズ

2015_week15_cowboys カウボーイズ ジェッツ
これぞ試練

4連勝&プレーオフ進出に望みをつなげる大試合の相手はカウボーイズ。

カウボーイズもプレーオフ出場へ希望をつなげるべく負けるワケにはいかない状況です。

ロモのいないカウボーイズなんざ、ミッキーマウスのいないディズニーランド同然かと思っていたら、低パフォーマンスのQB陣に意外な苦戦を強いられます。

[SPONSORED LINK]


スコア&ダイジェスト

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
ジェッツジェッツ (9-5-0) 6 3 0 10   19
カウボーイズカウボーイズ (4-10-0) 3 7 3 3   16

オフェンス

RB#33″クリス・アイボリー”のランがたった13yd。しかも序盤に4th-1ydのギャンブルまで止められ、チームトータルでもラン26ydという最悪なランO#。

ランが出なけりゃ負けるという鉄則を破って よくぞ勝利したというのがまず収穫。

 

パスO#はWR#15″ブランドン・マーシャル”は74ydでトップだが、その他4人は50yd前後を投げ分けるというレシーバーが偏らない内容で、マーシャルとデッカーばかりレシーブしていた これまでの試合とは異なります。

 

WR#87″エリック・デッカー”はいつもどおり、ショートパスからTDを決め、RB#29″ビラル・パウェル”のラン・アフターキャッチはカットしてから1歩目の縦に抜ける加速がハンパない。

 

そして今回、ピンチに活躍したのがWR#10″ケンブレル・トンプキンズ” と WR#81″クインシー・エヌンワ”。

これまでも要所で活躍していたのですが、今回のような苦しい展開において、フィッツパトリックが欲しいところに走り込んで、ミスをせずレシーブしたことが好評価。

やはり3rd-longとなると、マーシャルとデッカーへの警戒が集まるので、このような状況で他のレシーバーが落球せずに仕事してくれると、今後のパスO#の広がりに期待できます。

 

マーシャルがイージーなパスを落球したり、デッカーが足を掴まれたままダウンした痛みでボールを投げ出してファンブル未遂などもありましたが、勝てばよし。

 

QB#14″ライアン・フィッツパトリック”のスタッツは、パス26/39回299yd、1TD、1INT。

ヒゲを剃ってから初めてINTを喫しました。しかもD#がエンドゾーンでINTを決めた返しのドライブで早々にINTされたものだから、ここは反省ですね。

しかしながら、顔面から倒れて流血するシーンもありながら、第4Qに逆転のドライブを演出する根性は見事でした。

 

D#の頑張りありきの勝利ですが、とにかくランが無くとも競り勝てたという事が、今回は非常に嬉しいのであります。

朗報として超久しぶりにTE”ケレン・デービス”が1レシーブ9ydを記録。TEって一応、パスルートに出てるんですねw。

  1. MKT より:

    勝利おめでとうございます。
    勝率が同じでもタイブレークルールでスティーラーズが勝ったせいで、順位が下がってしまったんですね。
    ジェッツがプレーオフ行ってくれた方が個人的に面白いと思うので、残り2試合きつい相手ですが頑張って下さい!

    1. JETS狂 より:

      MKTさん>
      まさかあの展開からスティーラーズが勝利するとは思いませんでしたね。
      2度のSB王者の勝負強さはハンパないです。
      残り2試合、スケジュール的にJETSが一番きつそうですが、ブラウンズには何とか頑張ってもらって、対抗馬を蹴落として欲しいところです。

  2. YM5 より:

    http://jets94.com/2012/03/6518.html

    5年前に直接対決で酷くやられた選手の名前を久し振りに見ましたが、ケレン・ムーアって兄者争奪戦の時に僕がJETSに獲得を進言したQBなんですよね。

    左投げで飛び抜けた能力もない上に背も低いという三重苦を乗り越えてカレッジ最多勝(大学の4年で3敗しかしていない!)にハイズマン最終選考まで生き残る(結果はRG3が受賞)と3年前は毎日のように名前を聞いていた選手がようやく出て来ましたね。

    NFLでは無理だから日本で見たいという人も周囲には結構いてデビュー戦はその通りの結果になりましたが、Xリーグがプロ選手解禁となってケレン・ムーアが王子スタジアムに来る事があればNFL顔負けのパフォーマンスを見せてくれるはずなので是非。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      カレッジですげー選手ほどNFLではさっぱりですね。マット・ライナートは今頃何をしてるのやら。
      しかしハインズマンのキャム・ニュートンが今は無敗ですから、開花するには時間と運次第のようで、どの選手も高いポテンシャルを持ってるには違いないでしょう。

      王子スタジアム、、、今年は1回も行きませんでした。。

  3. エドのファン より:

    内容はともあれ、兎にも角にも勝ってよかったです!
    自力でのプレイオフ出場の可能性は消滅しましたが、まずは目の前の一戦で勝利を掴むのみ。
    こんな背水の陣でパッツに挑むのはいつ以来でしょうかね。

    ウィルカーソン、ハリスのケガの具合はどうなんでしょう?

    1. JETS狂 より:

      エドのファンさん>
      いつも決戦、決戦と言っておりますが、こんな状況で対決とは思ってもいませんでした。
      パッツは1回戦免除は確定なんですから手を抜いてくれないですかねぇ。。2009年のコルツみたいに。

      一番心配なハリスに関しては最新のニュースでレントゲンの結果「 results were negative.」って、事で重症ではないようです。
      パッツ戦までに出来る限り万全の体制になる事を祈るのみです。

コメントを残す