【2015シーズン】記念すべき50回大会制覇を狙う12チーム、デテクイヤ![AFC編]

2015_playoff-rs
制覇すればNFL史に大インパクト

壮絶なレギュラーシーズンを勝ち抜き、とうとうプレーオフに出場する12チームが決定。
今年もJETS狂的におおざっぱに紹介します。今回は半分のAFC6チームです。

ちなみに毎年、プレーオフ出場チームの紹介記事のタイトルにも使われてる決めゼリフは、古すぎてもう使うのも痛いかと思ったら、大みそかの格闘技イベント 「RIZIN」で高田延彦が自ら復活させてくれました。

では、いきいましょう。

節目の50回大会の頂点を目指す12チームよ!デテクイヤ!!

[SPONSORED LINK]

マニングか?それともオスウィーラーか?

2015_broncos_img ブロンコス

第1シード

デンバー・ブロンコス

(1回戦免除)

第 48回スーパーボウルでは史上まれに見る大差でシーホークスに敗北した”ペイトン・マニング”率いるブロンコスだったが、今シーズンは マニングの不振をLB”ボン・ミラー”やLB”デマーカス・ウェア”などを中心とするリーグトップのD#力で支えるという、これまでのチームカラーとは真逆のスタイルで、Week08まで無敗の快進撃を続けた。

しかし、Week10のチーフス戦でマニングがパス5/20回35ydの4INT と史上最悪のパフォーマンスのため、第3Q途中でバックアップの”ブロック・オスウィーラー”に交代。

オスウィーラーは、その試合は敗北するものの、Week11でベアーズを倒し、さらにWeek12では当時無敗であったペイトリオッツを破るという波乱をやってのけ、ブロンコスの先発を担う存在となる。

 

しかし、マニングのチーフス戦での不振は、負傷をかかえていた事が原因であったため、Week17でマニングは途中交代で復活し、勝利に貢献。未だにその力は健在である事を証明して見せた。

プレーオフでチームを率いるのは、キャリアの終焉が近いマニングか?それとも将来を背負うオスウィーラーか?
この選択が明暗を分ける事は言うまでもない。

 

 

目指すは連覇!そして、伝説となるかブレイディ!!

2015_pats_img

第2シード

ニューイングランド・ペイトリオッツ

(1回戦免除)

第49回大会を制覇した”トム・ブレイディ”&”ビル・ベリチック”率いる常勝軍団ペイトリオッツ。

今シーズンも王者の貫禄をそのままにWeek11まで連勝を続け、7年連続の地区優勝を果たし第1シードは指定席。

しかし、ブレイディの右腕ともいえるWR”ジュリア・エデルマン”が負傷欠場中で復帰は未定、さらにWR”ダニー・アメンドーラ”も復帰が難しく、さらにブレイディを守護するべきOLも続々とシーズンエンドし、O#を支えるRBも呪われているかのごとく失い、ブレイディとTE”ロブ・グロンコウスキー”に負担が重くのしかかる状況となってしまった。

D#もブレイディを助けるために奮闘するも、SとLBに負傷者続出の困った状況。

それに追い討ちをかけるが如く、ブレイディまでもWeek17で足首を捻挫するアクシデントも発生。

1回戦が免除された間にどれだけ負傷者が回復できるかに、連覇の行方がかかっている。

  1. ガオブルー より:

    いつも楽しく拝見しております。

    自分はNFCではイーグルス、AFCではパッツを応援しておりますが、このプレイオフではいつもとは違い、AFCではマニング、NFCではカージナルスを応援しようと思っておりますので、今回のスピンオフ企画は嬉しいです。

    今回のチーム紹介も楽しく読ませていただきました。どうしてそんなに面白い文章が書けるのか、センスを磨かねばと思っております。

    NFC版も楽しみにしてます。今後ともよろしくお願いします。

    1. JETS狂 より:

      ガオブルーさん>
      カーディナルスは人気がありますね。なんとなくクリーンなチームの雰囲気がそうさせます。
      「面白い文章」というのは、最高の褒め言葉です。ありがとうございます。堅いニュースサイトにはできない、NFLネタを笑いにして ふざけて書くのが目的ですので。
      NFC版はちょっと時間がかかりそうですが、ワイルドカードが始まるまでにはなんとか書きますので、宜しくお願いします。

  2. 匿名 より:

    マニングが好きで出来ればマニングにでて欲しいけど、寒さに弱い上に順調にこれなかった彼には荷が重いですね
    いっそワイルドカードでと思ったけどボストンも寒かったなぁ(白目)
    そんな私のAFCの予想はKCです

    1. JETS狂 より:

      匿名さん>
      パッツやブロンコス、テキサンズなどチーム状態やQBが不安定なチームが多い中において、チーフスは中でも安定している方なので、この勢いでSBまで到達する可能性は高いと私も思います。

      しかし、2009年シーズンにチャージャーズが11連勝でプレーオフに出場してSBを取るかと思いきや、ギリギリ第6シードのジェッツに倒されると言う大波乱もあり、プレーオフというのはレギュラーシーズンとは別物であるので、要注意。
      それにチーフスは前に出た時は、コルツにありえない大逆転負けしましたしね。
      それだけに今回のチーフスの試合は楽しみです。

  3. 名無し より:

     こんにちは

     私もKCが本命に思いますが、蒸し返すようなことを言って恐縮ですが、このメンツならむしろJETSがSBなのではと、ひそかに思っていました。私はそれほどJETSファンではないのですが、それでも今週ずっとあの最終戦のことを思い出して、はあああ。。。となっています。

     

    1. JETS狂 より:

      名無しさん>
      単純な戦力ならばJETSって、最強クラスでしたが、全体的に冷静さを欠いたら崩壊しこの結果。これぞ戦争です。
      現実をしっかりと受け止めねばならないのですが、今も思い返すたびにため息がでます。ツライ。
      お隣の16年間もプレーオフに行ってないチームのファンのタフさにも、改めて感服します。

  4. モコ より:

    POとうとう決まりましたね。
    個人的にはブロンコスを応援しております。
    ところで、泣く泣く削除されたというジェッツの文章を
    ぜひとも見てみたいのですが、どこかにこっそりアップされる
    予定はありませんでしょうか・・・?

    1. JETS狂 より:

      モコさん>
      ジェッツの紹介文は、冒頭のあおりに「ミラクルジェッツが帰ってきた!」とか、これまでの経緯など すんごい鼻息荒く書いたので、敗北しちゃった今となっては見るのも痛く、完全にこの世から消しました。
      ああ、、、結果が出ていないのに妄想だけでプレーオフに行ってた自分が恥ずかしい。。。

  5. おかべさせ より:

    シーズン序盤でプロボウルセンターとエースRBを相次いで失い、ベンさんも度重なる怪我にて2度離脱(今年もか!)。それでも、なんだかんだで辿り着きましたプレイオフ。ホント、良QBを引き当てた幸運は最後までしゃぶり尽くさなきゃならんのだなと実感しております。

    ただ、ここに来て大便のキレが悪くなっており、相手DBにお漏らし多発。。ベンガルズ相手に勝てるかどうかは不安でいっぱいです。

    1. JETS狂 より:

      おかべさせさん>
      大便つながりで下ネタカウンターですか。本当に大便・・・いやビッグベンことベン・ロスリスバーガーは足を負傷しようが、女子大生に手を出そうが、チームを引張る優れたQBです。
      繰り返しますが、個人的にはベンガルズには勝つと思っています。
      でも、ベンさんがSBを3度制覇するって、何か嫌だなぁ。

  6. ガストン より:

    第6シードのジェッツにブロンコスを倒して頂いて、ジレットスタジアムでのAFCチャンピオンシップでの再戦を夢に描いておりました。

    パッツの勝ち上がりを期待しますが、チーフスの調子が良さそうなので、そのまま勝ちあがる気もします。

    1. JETS狂 より:

      ガストンさん>
      本当に2010シーズンプレーオフの再戦を臨んでいましたが、今となっては幻となりました。
      パッツは本当に厳しい状況に立たされましたが、逆境も何とかするのもパッツの強いところ。
      今シーズンはボールの空気を抜けないので、どんな手を使うか楽しみであります。

  7. 山猫 より:

    いつも楽しく拝見させております。
    私はベンガルズファンなのですが、今年のような戦力が充実したシーズンにプレーオフで勝てなかったら私が生きている間は無理だろう、と思っていたところにダルトンが負傷してしまい、
    代わりに出てきたマキャロンは基礎能力はそこまで低くないものの、プレッシャーが掛かる場面での判断能力の低さが目につき、
    ああ、結局また1回もプレーオフで勝てずに今シーズンを終えるのだな、と悲嘆に暮れております。

    1. JETS狂 より:

      山猫さん>
      別にベンガルズが嫌いなわけでなく、K”マイク・ニュージェント”もいまだにいますし、ダルトンの血の通ってないぐらい白い顔面や、トラ柄に愛着があり好きな方のチームなのですが、プレーオフの弱さは鉄壁なので。

      それだけに私は今シーズンは第1,2シードを取って魔のワイルドカードをスルーして欲しかったのですが、ギリギリ捕まるのもベンガルズらしいです。

      何にしろプレーオフ慣れしてるベン&トムりん の鉄科団にとって、初の大舞台に立つマキャロンは格好の獲物でしょうね。
      しかし、そんな鉄たちもティーボウのブロンコスにプレーオフ1回戦で敗北した事もあるので、信じましょう。
      (と、言いつつ記事内ではボコボコに書いちゃいまして、すみません。)

コメントを残す