【2015 PLAYOFF:Divisional Playoffs1】チーフス vs ペイトリオッツ

2015_playoff_patoriots ペイトリオッツ チーフス
進撃の王者

ワイルドカードプレーオフが終わり、2回戦のディヴィジョナルプレーオフがスタート。

ワイルカードでは、勝率が低いのに地区優勝でプレーオフに出てるパチもんのチームもいますが、2回戦からシード権を得たガチの4強、いわゆる四天王が登場です。

その第1試合は王者ペイトリオッツが、破竹の11連勝で絶好調のチーフス迎え撃つ好カードとなりました。

Week16でジェッツ、Week17でドルフィンズに敗れるという不安をのぞかせたペイトリオッツは果たして、嵐を呼ぶ赤ヘル軍団チーフスの勢いにどう対抗するのか?

[SPONSORED LINK]

簡単な内容

[引用:NFL JAPAN]※個人的な感想は「総評」で。

現地16日、AFCディビジョナル・プレイオフのカンザスシティ・チーフス対ニューイングランド・ペイトリオッツ戦が行われ、巧みな試合運びが光ったペイトリオッツが27対20で勝利。5年連続となるAFCチャンピオンシップ進出を決めた。

 第1Q早々、ペイトリオッツはクォーターバック(QB)トム・ブレイディからタイトエンド(TE)ロブ・グロンコウスキーへの8ヤードTDパスで先制。 そして第2Q中盤にはブレイディが自らエンドゾーンへの飛び込む1ヤードTDランを挙げ、前半を14対6とリードして折り返す。

 後半に入ってもペイトリオッツの流れで試合は進み、第3Q中盤には再びグロンコウスキーが16ヤードTDレシーブを挙げて突き放す。その後TDを返されてしまうが、第4Qに入って連続FGで加点。そしてチーフスの反撃を終了間際の1TDに抑えて競り勝った。

 ペイトリオッツは、QBブレイディがパス42回中28回成功、302ヤード、2TD。第10週以来の復帰となったワイドレシーバー(WR)ジュリアン・ エデルマンがレシーブ10回100ヤード、TEグロンコウスキーがレシーブ7回83ヤード、2TDと中心選手たちが役割を果たし勝利に貢献。また、守備陣 も要所でしっかり踏ん張ったのが光った。

 チーフスは、QBアレックス・スミスがパス50回中29回成功、246ヤード、1TD、ラン9回44ヤードを記録。獲得ヤードでは378対340、そし てボール保持時間では37分51秒対22分9秒と大きく上回ったが、攻撃陣がここ一番での決定力に欠け、なかなかTDにつなげられなかったのが痛かった。

スコア&ダイジェスト

2016年01月17日 @ジレット・スタジアム

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
チーフスチーフス (11-5-0) 3 3 7 7   20
ペイトリオッツペイトリオッツ (12-4-0) 7 7 7 6   27

次ページへ続く

  1. MKT より:

    アンディ・リードはタイムマネジメントが下手なんですかね?
    レギュラーシーズンでもタイムアウトの使い方やプレーコールでのに疑問を持つことがややあります(OCの方に原因があるのかもしれませんが)。

    この試合ではチーフス自慢のD#も沈黙してしまいましたね。1TD差だっただけでもよくやったと誉めるべきでしょうか。
    そしてやっぱりペイトリオッツは勝ち上がりましたね。てか5年連続カンファレンス決勝て・・・なんぼ強いねん。他のチームが不甲斐ないのか、彼らが強いのか(両方でしょうが)。
    AFCは第1・2シードをペイトリオッツとブロンコスに譲り、ペイトリオッツには必ずカンファレンス決勝に進出させなくてはいけない絶対規則があるのかと疑ってしまいます。。。

    1. JETS狂 より:

      MKTさん>
      素人目に見ても急ぐべきところやタイムアウトを取るべく状況って、なんとなく分かるのですがKCに関しては予想を裏切って、そして自滅するところを見ます。
      チーフスをここまで引き上げた手腕だけに、このタイムマネジメントに疑問が残ります。

      それにしてもパッツ、強い。またスーパーボウルに行っても不思議ではない試合運びでした。
      絶対の規則ではなくそうなってしまうのは、ジェッツを含めAFC東のメンツが情けないからです。来シーズンこそ頑張れ。

  2. みきのり より:

    開始数プレイはブレイディにもエデルマンにもいつものキレが無く、やっぱり休み明けでいきなり連携しろって言われても無理あるわなーと思ってましたが、さすがは王者、すぐにアジャストしてきましたね。
    それにしてもTEがTDレシーブしまくったり、WRが走りまくったり、RBがロングキャッチしたり、一番強いチームが実は一番王道から外れた戦いをしているのはいつもながら見ていて面白いです。
    とは言え、さすがにここまでパス偏重なのは王道と言うより定石から外れているような気が。
    ブロンコスのD♯にさっくりやられるような気もするんですがどうなるでしょうね。

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      正直、私もパッツはパスD#が強いブロンコスに捕まって苦戦すると思います。ロードですし。
      マニングの状況から言って、このチャンピオンシップが2人の最後の決戦になるかもしれませんね。
      とにもかくにも、名試合に期待しましょう。

  3. にわかNEファン より:

    いつも更新楽しみにしています.
    正直OLやばいよなあと思いつつビクビクしながら見てましたが
    終わってみれば被サック0となんだかびっくりでした

    エデルマンが帰ってきてターゲットが空いてる状況が増えてパスが早くなったのかな?
    なんて思っています(思ってるだけ)

    次はRSで負けた@DENですが
    エデルマンもアメンドーラも戻ってきたしリベンジを果たしてもらわねば!

    ちなみにjets狂さんはどちら応援ですか?w

    1. JETS狂 より:

      にわかNEファンさん>
      私にどちらの応援かと?それは愚問ですねぇ。
      もちろんNEじゃない方です!!
      マニングのキャリアの最後に一華を!!

コメントを残す