【さらば!マンジール!】ジョニー・フットボール 暫定ラストマッチ!

これぞ、ゲスの極み

まだマッデン16でやりたい企画がありまして、ネタの賞味期限が過ぎる前に動画を作成しておきましょう。

今回は、おそらくNFL終了のお騒がせQB”ジョニー・マンジール”ネタです。

[SPONSORED LINK]

マッデンでマンジールとお別れ

史上初の大学1年でハインズマン賞を獲得し、2014年ドラフトでブラウンズに1巡で指名された「ジョニー・フットボール」こと、ジョニー・マンジール。しかし、その素行の悪さはハンパなし。

練習嫌いのパーティーピーポーで、酒飲んで騒いでる動画が流出。お金が大好きで下品なマネーポーズが得意。極めつけはアル中でリハビリ施設送りとなりました。

加えて、フットボール業界の神であるマニング兄弟の主催するキャンプを酒飲み過ぎて遅刻&早退という事件まで起こしたり、元恋人に暴力を振るったりと、まさにNFLのゲスを極めた男です。
(殺人鬼のアーロン・ヘルナンデスよりマシですが)

 

これで実力があればいいのですが、ダメ過ぎて2015シーズンは途中で降格となりました。

2016年に既にブラウンズから解雇されて、現時点では興味を持つチームは無く、このまま消えるかと思います。

せっかくの逸材(?)なので、前回のセントルイス・ラムズに続き、マッデン16でマンジールにもお別れしましょう。

 

しかし!今回の動画を撮ったのが朝5時&寝起きというヤバイ状況。脳みそと舌が働いておらず、滑舌が最悪レベルとなっております。

しかし、それでもこの動画をボツにしなかった理由は、最後に面白いことが起こるからw。本当にマッデンってよく出来てます。

【さらば!ジョニー・マンジール!】ジョニー・フットボール の暫定ラストマッチ!

  1. T.Takahashi より:

    これで結果が伴えば、名門ブラウンズということもあり寧ろ魅力的な選手なのですが…。

    1. JETS狂 より:

      T.Takahashiさん>
      結果良けりゃ全て良し的なところがあるスポーツ業界ですが、彼は肝心のパフォーマンスもダメダメでした。
      もうちょっと、ハインズマン賞も選考基準は私生活も調査したほうがよさそうです。

  2. MKT より:

    せっかく栄誉あるハイズマン賞に選ばれてるのに、なかなか大成しない受賞者が多いですね。これからはマッデンの呪い、SBの呪い、春日の呪いと並んでハイズマン賞の呪いと4大ジンクスと呼ばれる日が来るかもしれません。

    しっかしマンジールほど話題にことかかない男も久しかったです。控えに降格しながらも他の先発陣が怪我したり出来が悪かったりで何度も先発に返り咲きながらも結果を残せず、アメフト以外でおっかけられることが多いNFL界のジャスティン・ビーバー。見ていて可哀想になるくらい私生活もプレイもダメな印象です。おそらくNFLとおさらばでしょう。
    トッド・マリノビッチとかぶるところが多いですが、マリノビッチの場合CFLに行けましたが今のマンジールを獲るところなんているのかな? マンジールを獲るくらいならティーbゲフンゲフン

    1. JETS狂 より:

      MKTさん>
      まさに呪いの4天王。そしてNFL界のジャスティン・ビーバーという表現がぴったりな感じがします。
      ティーbゲフンゲフンもNFLをとりあえず諦めCFLに行くという話しも出てますが、マンジールはもはや私たちの思い出となりそうです。
      さらば、ジョニー・ふっとぼぉー!

  3. sinz より:

    カレッジ時代から悪名高いし、CLEでも、もう少し真面目にやってれば結果も違ったでしょうが・・・。
    SNSのなんちゃない動画で叩かれたのには笑いましたが。
    しかし、個人的にはなんとなく憎めないんですよね。
    別のチームで再起してくれないかなぁ。

    1. JETS狂 より:

      sinzさん>
      これだけオイタしたら他のチームも敬遠するでしょう。マスコミがわんさか寄ってきます。
      しかし、2016シーズンでわんさかQBが負傷したら奇跡が起きるかもしれません。

  4. 11. より:

    悲しいかな、ウチのKaepernickが出て行った場合、
    RGⅢを取れなければ次はJonny Football君を取り敢えず取っておかなきゃならんという現実。
    Blaine Gabbert じゃChipの戦術に合うとは言えないからなぁ。泣けてくる…。

    1. JETS狂 より:

      11.さん>
      もしかしたら、チームが変わったらジョニーは生まれ変わるかもしれませんよ。
      サンフランシスコの太陽の下、大いにはじけてくれるでしょう!もちろん酒と女のほうで。

コメントを残す