【ラムズ:ドラフト】ラムズがタイタンズとのトレードUP成立。全体1位へ。

rams trade up
派手な引っ越し祝い

あと2週間ほどでドラフトなのですが、これまでのモックドラフトを覆すような事件が発生しました。

全体15位のラムズが、なんと全体1位を持つタイタンズとのトレードUPを成立させ、ラムズが2016年ドラフト全体1位のPICKを獲得しました。

[SPONSORED LINK]

LA移転一発目の衝撃、ラムズの全体1位

↑このようなニュースが報じられ、ラムズとタイタンズとのトレードが成立し、ラムズが2016年ドラフト全体1位となりました。

そのトレード内容は・・・

ラムズ GET:2016年全体1位 + 2016年4巡 + 2016年6巡

タイタンズ GET:2016年1巡15位 + 2016年2巡43位&45位 + 2016年3巡76位 + 2017年1巡 + 2017年3巡

と、いう内容です。かつてレッドスキンズがRG3欲しさに ラムズの全体2位と交換した時は、当分のレッドスキンズの未来を奪うようなエゲツナイ内容だったと思うのですが、それに比べてまだマシな気がします。

とはいえ、タイタンズのボロ儲けに間違いはなく、マリオタの周りを埋めるタレントをそろえるのに十分なPICKを得たでしょう。

 

一方、ラムズが全体1位を狙う理由がよくわからない。LAで心機一転ということで、QBウェンツやゴフを獲得してニック・フォールズをバックアップやトレード要員にするのでしょうか?

 

あるモックドラフトを見ていると、たしかにラムズの予想はQB。49ersが確実にQBを選択するだろうと思われるので、本来の全体15位では1番手のQBは取れず、さらにRG3はバックアップ扱いにするかもしれないブラウンズがQBを獲れば、もはや3番手のQB。ドルフィンズがQBに手を出す可能性も捨てきれないですね。

 

ラムズといえば絶対的な全体1位QB”サム・ブラッドフォード”を獲得するも、プレーオフすらいけず、最終的に2015シーズン開幕前にブラッドフォードをイーグルスへトレードするという痛い過去があります。

ラムズの明日はどっちだ!?

 

 

  1. みきのり より:

    あれま、フォールズじゃダメなんだ?てのが率直な感想です。
    マリオタ好きな自分としては彼の脇が固まっていくならウェルカムなんですが。
    それにしても、モックドラフト終わった皆さんはめっちゃやり直ししたいでしょうね。

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      本当にプロボウルMVPのフォールズだって、環境が変わっていきなり活躍するのはムリな話ですよ。
      フィッツパトリックだってビルズ時代から元から原石の片りんを見せるも、ここまで契約こじれるQBになるまでに時間がかかりました。

      ぶっちゃけ、フィッツパトリックがダメならフォールズが欲しいです。ラムズがフォールズ出した日には争奪戦が起こると思いますよ。

      そして、私の読みどおりモックドラフトのチェックはギリギリまでやらないのが正解。どんな選手がいるかチェックする分にはいいんですけど、獲得してほしい選手に期待すればするほど現実は「ソレじゃない」感がハンパないですから。特にJETSは。

  2. 江戸川橋博士 より:

    恐らく、CLEもQBを指名する可能性が高いでしょうから、LARとしては、
    多少の犠牲を払っても1位指名権を獲得するしか無かったのかもしれないですね。
    果たして、ウェンツとゴフ、どちらのQBを指名するか?

    1. JETS狂 より:

      江戸川橋博士さん>
      RG3はバックアップ程度と考えてQBをドラフトで入れるでしょうね。ラムズが取らなかった方をブラウンズが取るということになるでしょう。
      絶対的なQBが欲しい49ersにとってはやっかいな展開です。

      1. 江戸川橋博士 より:

        今度はイーグルスがCLEの1巡2位を獲得しましたね。
        これで、ドラフトでQB狙ってる他チームは苦しくなりまsづね。

        1. JETS狂 より:

          江戸川橋博士さん>
          あら、旅行に行っている間にそんな事件が!
          ブラッドフォード、涙目。

コメントを残す