【JETS】ルーキーミニキャンプでジャージNo決定⇒ハッケンバーグにNo14を与えず

no5_2016_Christian Hackenberg クリスチャン・ハッケンバーグ
その番号はとっておけ

現地の金曜日に行われたルーキーミニキャンプにて、ドラフトで獲得したルーキー達のNoが決定しました。

注目は、未だ契約できてない フィッツパトリックと ドラフト2巡で獲得したQB”クリスチャン・ハッケンバーグ”がカレッジ時代のNo14が重複することです。

[SPONSORED LINK]

ハッケンバーグのNoは『5』

以下がドラフトでPICKしたルーキー達のNoになります。

• ILB Darron Lee (first round): No. 50
• QB Christian Hackenberg (second round): No. 5
• OLB Jordan Jenkins (third round): No. 48
• CB Juston Burris (fourth round): No. 38
• OT Brandon Shell (fifth round): No. 72
• P Lachlan Edwards (seventh round): No. 4
• WR Charone Peake (seventh round): No. 17

 

⇒QB”クリスチャン・ハッケンバーグ”はペンシルベニア州立大では、ずっとNoが『14』でしたが、これは未だFA状態で契約が進まない”ライアン・フィッツパトリック”の昨シーズンまでと同じNoです。

ここでハッケンバーグが『14』を背負ったら、JETSはフィッツパトリックへの興味がかなり薄れている事になりますが、ハッケンバーグ のNoは『5』ということで、JETSはフィッツパトリックとの再契約にまだ意欲的である事がうかがえます。

 

しかし、ドラフト後も全くフィッツパトリック関連のニュースは無く、一体どのような話になっているのかが分かりません。

フィッツパトリック的にも長いキャリアの中で始めてプレーオフ出場一歩手前まで来た昨シーズンに、JETSで手ごたえを感じているはず。

彼も再契約を望んでいるのに違いないのですが、エージェントが足元を見て値段を吊り上げようと邪魔しています。

ドラフトが終わり、他のチームがフィッツパトリックと接触したニュースも無いので、彼の市場価値もかなり下がっていると思います。そろそろ決着してほしいものです。

  1. MKT より:

    フィッツパトリックの契約はまだまとまらないんですね。
    フィッツパトリックとマーク・サンチェスの代理人が同じようで、サンチェスがブロンコスとうまいこと契約できてしまったため、代理人としてのプライドかフィッツパトリックの契約もうまく結びたい・結ばせたい意向のようですね。
    でもこれ以上長引かせても互いに利益があるわけでもないし、ジェッツの財布事情にも上限があるわけだから早いこと折れた方がファン心理としてはありがたいんですけどね。無駄にこじれると印象も悪くなりますし、シーズン終わってダメだった時の叩かれ具合が半端じゃなさそうですし。

    1. JETS狂 より:

      MKTさん>
      フィッツパトリック、サンチェス、サム・ブラッドフォード。みんな同じ代理人なんですね。これはさらにやっかい。
      今シーズン、QBの価格が高い気がします。特にサム・ブラッドフォードの価値なんてファンからみたらゴミみたいなもんですよ。
      フィッツパトリックもJETSでしか自分の価値が無い事を理解すべきですね。
      早く折り合いがついてほしいものです。

  2. ぼぴちゃん より:

    初コメントです。よろしくお願いします。
    ダロン・リーのNo.50って、たしかゴル●トンと同じでは?逆にJETSの悪夢払拭への期待なんでしょうかね。
    ロースター確定までにナンバー変更になることもあるようですが…。

    1. JETS狂 より:

      ぼぴちゃんさん>

      ああ!!!!私とした事が気づかなかった!!!何考えてんだJETS!!?
      いや、むしろトラウマをNoごと払拭しようというチャレンジなんでしょうか!
      むしろNoはこのままでバリバリに活躍して欲しいです!

コメントを残す