【JETS】ファーストデプス発表

depth01-20160809-rs
QB多いよね

今朝は、『ティーボウが野球に挑戦する』 とか意味不明なニュースが飛び交っており、ティーボウマニアとしては  ほっておけないのですが、そこはいったん置いておき JETSのニュースを。

プレシーズン1戦目に向けて、1発目のデプスチャートが発表されました。

[SPONSORED LINK]

Depth とは?

初心者に優しいJETS狂の宴 として、まず『デプスチャート』の説明をいたします。

簡単な話、スターティングメンバ―表みたいな ものです。しかしながら、野球やサッカーと違い NFL は 第3QBの特殊ルール以外は 何回でも選手交代可能なので、各ポジションでの選手の優先順位を表しており、各チームの選手の番付表的な意味も含めています。

では、JETSの2016年初のデプスチャートを見てみましょう。

 

Offense

POS FIRST SECOND THIRD OTHER
WR Brandon Marshall Kenbrell Thompkins Kyle Williams Jalin Marshall
        Robby Anderson
        Devin Smith
LT Ryan Clady Brandon Shell    
LG James Carpenter Dakota Dozier Jesse Davis  
C Nick Mangold Wesley Johnson Kyle Friend  
RG Brian Winters Craig Watts Mike Liedtke  
RT Ben Ijalana Brent Qvale Jarvis Harrison Breno Giacomini
TE Kellen Davis Jace Amaro Zach Sudfeld Brandon Bostick
        Wes Saxton
        Jason Vander Laan
WR Eric Decker Quincy Enunwa Chandler Worthy Jeremy Ross
        Charone Peake
        Anthony Kelly
QB Ryan Fitzpatrick Geno Smith Bryce Petty Christian Hackenberg
FB Tommy Bohanon Julian Howsare    
RB Matt Forté Bilal Powell Bernard Pierce Dominique Williams
        Romar Morris
        Matthew Tucker
        Khiry Robinson

→キャンプ中で選手がレギュラーシーズンより多いため、4名以上にあぶれたポジションは複数の行になります。

・左右のWRの先発は昨シーズンと同じなのは当然として、”ジェレミー・カーリー”が抜けた事もあり、”ケレル・トンプキンス”と”クインシー・エヌンワ”の昨シーズンに頭角を現した2人が2番手に昇格しました。

 

・OLの大きな変化と言えば、不動のLT”ド・ブリカショー・ファーガソン”が引退したことでしょう。その穴を埋めるのが、急きょブロンコスから仕入れた”ライアン・クレディ”。

クレディは、2008年ドラフト全体12位かつ4度のプロボウルを誇る大ベテランで、ファーガソ の穴を埋めるには十分のキャリアなのですが、ファーガソン はJETSに所属した10年間のうち、1スナップしか休んでいないというタフぶりでした。

LTなのでCの”ニック・マンゴールド”と離れているとはいえ連携面が気になるところですし、これまで二人の重鎮でバランスをとってきたOLは、マンゴールドのリーダーシップだけが頼りになります。

 

・TEは、”ジェフ・カバーランド”をカットし、あとは昨シーズンと同じ顔触れ。昨シーズンのOC”チャン・ゲイリー”の状況からしてJETSはTEにレシーブを望んでいません。ブロックさえ出来ればいいみたいなので、補強に力はいれてません。 あとは”ジェイス・アマロ”の成長に期待するのみです。

 

・QBは”ライアン・フィッツパトリック”が復帰し、2番手に”ジーノ・スミス”、3番手に”ブライス・ペティ”、4番手に2016年ドラフト2巡の”クリスチャン・ハッケンバーグ”となります。

QBは4人も要らないので、開幕までに誰かがカットされるかと思いますが、カット候補は2番手の”ジーノ・スミス”が濃厚であるというカオスな事になっています。

万が一、1回も使ってない ペティ を切ってジーノが生き残った日には ファンが黙っていないでしょう。元GM”ジョン・イジク”を解雇に追い込んだ時のように、またファンが基金を募って、彼のアゴを割る刺客をキャンプに送り込むでしょうね。

 

・RBは、ベアーズから獲得した”マット・フォーテ”と、私が大好きな”ビラル・パウエル”のコンビ。3番手に元レイブンズで活躍した”バナード・ピアース”が続きます。

1番手にパワーバックを据えてゴリ押し戦法が伝統芸のJETSにおいて、この布陣は革命的。

 

[次のページに続く]

コメントを残す