【2016:Week03】vs チーフス

week03_chiefs_20160926 チーフス ジェッツ
地獄の8ターンオーバー

同地区ビルズに勝利し、次はチーフスと対戦。

しかも チーフスQB#11″アレックス・スミス(通称:アスミス)” は2005年ドラフトの全体1位。対して、ジェッツのQB#14″ライアン・フィッツパトリック”は同年のドラフト全体250位 という、2005年ドラフト格差対決でもありました。

フィッツパトリックがアスミスを倒し、下剋上を成すのか注目でしたが、これまたジェッツらしい内容となりました。

 

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
ジェッツジェッツ (1-2-0) 0 3 0 0   3
チーフスチーフス (2-1-0) 7 10 0 7   24

オフェンス

さぁ、何から語ろうか。いや、本当は語りたくもない。

O#が近年最大の、8ターンオーバーを犯しました。ちなみに最高記録は1976年のパッツ戦での10ターンオーバーらしいです。どんな試合やねん。。

 

そのうちの6回がQB#14″ライアン・フィッツパトリック”の6INT(球団最高記録タイ)。このうち3回がエンドゾーン内ですから、ファンのガッカリは倍増。

今日のフィッツパトリックは周りが見えてませんでした。カバーが空いてるレシーバーがいる中で、カバーが集中してるレシーバーに投げるシーンが数回見られました。

INTの大体がチップされ浮いたボールを取られるというもの。他にもOLの後頭部に向かって投げるなど、明らかに精彩を欠いておりました。

 

と、言っても3回もエンドゾーンでINTされるという事は、レッドゾーンには何度も入っており、O#自体は全く進んでいないワケではありません。それだけにINTされず着実に点数を重ねておけば、勝てる芽があった試合を潰したフィッツパトリックはA級戦犯者です。

 

あと、エンプティのショットガンからフィッツパトリック自らボールを持って、頭から突撃するようなプレーは辞めるべきですね。10ydぐらい稼いでピンチを脱しましたが、スライディングしないQBにこのプレーコールは自殺行為でしょう。OC”チャン・ゲイリー”も途中ヤケクソになってた感があります。

 

しかしながら、QB#14″ライアン・フィッツパトリック”が100%悪いという事でなく、チーフスのDBの優秀さもありました。

特に、SS#29″エリック・ベリー”と CB#22″マーカス・ピーターズ”のドラ1組が際立っており、元からコンディションが良くないWR#15″ブランドン・マーシャル”が3レシーブ 27ydに抑え込まれました。

WR”エリック・デッカー”に関しては、後半に1レシーブのみ。その1回が31ydのロングゲインで、「これが反撃のノロシか!」と思ったら、当然このノロシもフィッツパトリックがもみ消します。

ドラフトでPICKしたDBはBUSTばっかりのJETSにとったら、羨ましいったらありゃしない。

 

レシーバーで輝いたのが、今回もWR#81″クインシー・エヌンワ”。要所で素晴らしいキャッチを見せ、ギャンブル成功の光速ショートパスもガッチリ捕球します。マーシャルの契約が切れたら、彼がエースWRでしょうね

 

RB#22″マット・フォーテ”は15キャリー65yd。平均すると約4.3ydで前回よりも上でした。隙間をすり抜けるカットのテクニックが絶妙で、フォーテの獲得は正解だったと改めて思います。

 

OLは今回はなんと0被サック。ホールディングも無かったと思います。相変わらず優秀ですがポケットが小さくなるスピードが速く、フィッツパトリックがサックを避けるために投げ急いで、0被サックの代わりに6INTという見方もできます。
とはいえ、このスタッツは素晴らしいです。

  1. おーすてぃんろじゃーすクロマティ より:

    JetsはTEレシーブが1度も無いそうですがセフェリアンジェンキンスをTBから獲得したとの事ですね。
    マーシャルのコンディションが上がらない今少しでもフィッツパトリックの助けになれば良いですね…

    1. JETS狂 より:

      おーすてぃんろじゃーすクロマティさん>
      試合終了後に速攻で獲得しましたね。レシービングTEってブロックだけの時でも一応、D#の注意を引くので、やはり居るといないとでは大きく違いますね。
      彼がJETS O#のテコ入れとなるのに期待です。

  2. T.Takahashi より:

    フィッツパトリックって、あまり知らないのですが確かシーズン前に契約で散々ゴネていたような気が…。(;´д`)

    1. JETS狂 より:

      T.Takahashiさん>
      はい。ゴネにゴネてゴネまくって、最終的にはJETS側の粘り勝ちで1年契約に渋々とサインしました。
      ゴネすぎてバチが当たったんですよ。いや、JETSも被害者だ。。

  3. ぐんぐん より:

    DAZNで観ていましたけど、途中で諦めてしまいました。何回インターセプトされるのかと思って(・・;)次に期待します

    1. JETS狂 より:

      ぐんぐんさん>
      DAZNで放送されたんですね。お試し期間で解約したので、もはやDAZNのスケジュールが分かりません。
      ラスト5分ぐらいまで2ポゼッション差で追いつくことを信じたのですが、INTリターンTDで気持ちはキレました。
      1シーズンに1試合はこのような事はあるので、あとは連勝あるのみです。

  4. koume より:

    後期型サンチェス > 髭のおじさん > 通常型ジーノ・・・

    かつての1巡ギャバードはどの辺に入るのでしょうか?

    1. JETS狂 より:

      koumeさん>
      チャンピオンシップ版サンチェス>髭を剃った髭のおじさん>初期型サンチェス>髭のある髭のおじさん>後期型サンチェス> ギャバート >JETS版マイケル・ヴィック>通常型ジーノ・スミス>ティム・ティーボウ>アゴ割れ型ジーノ・スミス
      ですね。
      すんごい適当なので、これに関する議論はご勘弁を。

  5. 茄子 より:

    残念です。今シーズンは勝てないとキャップや主力の年齢を考えて厳しいと思っていますが黒星先行とは。
    流石にケルシーはすごいですね。偽グロンコとか言われていますがグロンコに例えられる選手なんていませんよ。

    1. JETS狂 より:

      茄子さん>
      かなり期待したシーズンでしたが、まさかの負け越し中。昨シーズンも終盤に5連勝しましたし、今後の巻き返しに期待しましょう。
      ケルシーのみならず、チーフスのスキルポジションの面々は素晴らしいです。なんでテキサンズに負けたのか、不思議ですよ。

  6. モーモーパラダイス より:

    いやー残念極まりない試合でしたね。なんとなく、去年もショートパスをやられるとランアフターキャッチでやられていた印象があるのは当方だけでしょうか。この調子だと、ペイトリオッツの空気抜きレジェンドと本物グロンコにボコボコにやられそうで不安大です。
    まだまだジェッツファン暦は浅いのですが、A級のフランチャイズQBをみんなが所望する理由が改めて分かった試合でした。。。
    (イーグルスは絶好調ですし・・・)

    しかし、まだまだシーズンは長いのでまずは、海鷹さんをなんとかメットライフで叩きましょう!

    1. JETS狂 より:

      モーモーパラダイスさん>
      1流のO#は、QBに安定感がある上に立て直す手段をいくつも準備しています。フィッツパトリックおよびJETSのO#もまだまだ1流には程遠い事を感じました。
      ビルズD#を圧倒したジェッツのO#がチーフスD#に通用せず、一方でビルズD#が今週は強豪カーディナルスO#を地獄に突き落としましたから、情報と準備の差でチームは見違えるほど変貌します。
      言ってもまだ2敗。ここから全勝すればいいのです!!

  7. 海鷹ファン より:

    幸いまだ対NEは2試合残ってますから、14勝2敗で並んで同地区の成績で上回るJetsが優勝ですね。
    NFC西は大荒れ模様ですから、5敗6敗しても優勝できるかもしれません。

    1. JETS狂 より:

      海鷹ファンさん>
      そう、イルカと牛はパッツに1回負けてますが、JETSはまだ負けてないのです!
      ブレイディのパッツに2回勝利して、ギャッフン言わせますよ。たぶん・・

  8. GENO より:

    あれほどINTされても、最後まで出場し続けたのは評価にしてもいいのかなと思いますね。去年うちのマシューが三回INTされた後、これ以上INTしたらベンチに下げてくれといい、実際にINTしてベンチに下がっていきましたからね。QBとしてそんな弱気かよ思うかもしれませんが翌週からは調子を取り戻し、連敗からのプレイオフの可能性まで導きましたから結果良かったと思ってます。
    そして、ジェッツは4人もQBいるんだから、数プレーだけでも彼らに交代してもよかったのじゃないかとは思いましたね。

    1. JETS狂 より:

      GENOさん>
      落ち着かせる手段として1回下げるという手もありますが、バックアップがジーノ・スミスですから、何も変わらなかったでしょう。
      ペティはプレシーズンでやられた肩が回復しておらず、ハッケンバーグを出すには時期が早すぎるので、実質QBは一人と同じです。
      とにかくペティは肩を早く治して、ジーノ・スミスを追い出してほしい所です。

  9. kt より:

    あのヒゲQBはハーバード大卒だったと思いますが。確認はしない。
    何人にカバーされていても。捕れ、とばかりに投げ込む。
    スライディングはせずに常に頭から突っ込む。
    JETSでの彼は観てないのですが、変わっていないようですね。
    高学歴なのに、クソ度胸の根性型なクオーターバッキングをする、フィッツパトリックが実は結構好きです。

    いつも更新お疲れ様です。

    1. JETS狂 より:

      ktさん>
      WRも全員万全ではないとはいえ、ムリ投げしてINTはダメですね。
      初期型フィッツパトリックに戻りました。
      ハーバード大の頭脳でここから学び取って、次戦に生かしてくれることを期待です。

コメントを残す