【NFL:2016】2016シーズン前半戦終了

NFL1-rs
もう地区優勝は諦めた

まだByeWeekが無いJETSは8試合を消化し、2016年度レギュラーシーズンの前半戦を終えました。

さて、ここで各地区の状況をチェックしておきましょう。

(※前回は「TOPICS」として書きましたが、内容からNEWS扱いにしました。)

[SPONSORED LINK]

2016シーズンAFC:WEEK08終了時点

2016afc-w9-20161103

リニューアルしたてのNFL JAPAN さんから一覧をパクらせてもらいました。

 

まず、我らがAFC東。

パッツがブレイディ不在の間に1敗しただけで、手のつけられない状態です。

試合内容も危ういシーンなどない完全なる横綱相撲。このパッツが連敗するイメージが出来ませんので、もう地区優勝は決定でしょう。(そこは認める)

しかし、JETSと2試合残してますので、そこは一矢報いてやります。

 

次にAFC北

単独首位のスティーラーズが勝ち越してるとはいえ、わずか4勝。そう、毎年ワイルドカード枠をかっさらう激戦区が今シーズンは大苦戦しています。この地区全体の低調ぶりはありがたし。

そしてブラウンズはご存知のとおり、未だ0勝。ライオンズに続いて16試合制2度目の逆パーフェクトシーズンに注目が集まります。

 

毎年、他の地区に勝ち星をばらまくAFC南

は、首位に5勝のテキサンズ。それを1勝差で追いかけるのは、コルツでなくタイタンズという異色の展開。

ラック様が大型契約したコルツは、3勝と大不振。そして近年は、『木曜う●こジャージ問題』という余計なトラブルをかかえるジャガーズがいつもどうり最下位に定着です。

ボートルス、期待してたんですけどねぇ。。

 

そして台風の目、AFC西

レイダースが毎年調子を上げ、ブロンコスは”ペイトン・マニング”の引退で、荒れる地区と予想はしていましたが、チーフスを交えて3チームがまだ2敗という、激戦区と化しています。

シーズンの最終局面は同地区で星を取り合うライバル対決ばかりになるので、早い段階で各チームが連敗してもらわないと、ワイルドカードの2枠がAFC西で埋まりそうで恐ろしいです。

みんなで呪いをかけましょう。

 

2016シーズンNFC:WEEK08終了時点

2016 NFC Week09

相変わらず激戦区、NFC東

ロモがプレシーズンで負傷するが、代役のルーキーQB“ダグ・プレスコット”がブレイク!

Week08ではイーグルスに大逆転勝ちをおさめ、2位と2勝差を引き離し独走中。残り3チームも4勝で、各地区の首位を除いたトップの勝率で、ワイルドカード枠を独占しそうな勢いです。

 

最近、勢力図が変わってきたNFC北

こちらもバイキングが本来の先発QB”テディ・ブリッジウォーター”がシーズンエンドしたため、急きょ仕入れた”サム・ブラッドフォード”が当たり、単独首位に鎮座。

“エイドリアン・ピーターソン”までシーズンエンドしたのに、なぜか強いです。

その後を1勝差で追うのは当然パッカーズなのですが、なんとライオンズがパッカーズと同じく4勝で首位を追うという展開。

熊さんは、バイキングスに勝利したのですが2勝。ここから巻き返せば間に合うか!?

 

あれあれあれ?のNFC南

昨シーズン、無敵の強さでスーパーボウルまで進んだパンサーズが、なんと2勝で単独最下位!!?

スーパーボウルでかけられた春日の呪い が継続中なのでしょうか。

そして、レギュラーシーズンが強い(プレーオフは踏み台)ファルコンズが不死鳥のごとく復活!!

めちゃくちゃ失点しようが、それ以上に得点するという、「肉を切らせて骨を断つ」攻撃力で2位に2勝差をつけて独走しております。

 
強豪集うNFC西

・・・でしたが、今シーズンは苦戦気味。

シーホークスとカーディナルスが壮絶なドロー(泥)試合で痛み分けた事は、記憶に新しいです。

首位のシーホークスがまだ4勝でラムズに1勝差で追われるとは不思議な展開です。

しかもラムズは1回シーホークスに勝利しているというアドバンテージがあり、ロサンゼルスに移籍したばかりの羊さんがプレーオフに進出する可能性は大いにあります。

49ersは、、復権の道はまだ遠くに見えます。キャパニック頑張れ!

 

総評

JETSのひどい負け方ばかり見てきたので「あ~短いシーズンだったなぁ。」と思ってたのですが、こう見ると同率の3勝チームって多い!!

AFC西が勝ち星を集めてますが、ここが崩れてくれたら、まだ希望はありそうです。

 

とにかくJETSは3勝といえど、シーズン後半は同地区対決5試合 + ラムズ + 49ers + コルツ と、パッツ以外は、なんとかなりそうな相手。昨シーズンは5連勝したし、またも後半から快進撃が始まるか!?

 

でも、問題はそのパッツなんですよね。。なんで、こんなのと同地区になったのか。

昨シーズンは、『コイントスで間違えた事件』 のどさくさに紛れて1勝もぎとりましたが、今シーズンの鬼神の如き強さに、JETSが勝利するイメージが全く湧きません。

まぁ、ほぼ諦めかけてたシーズンでしたが、まだ楽しめそうです。

参照:2015年12月29日放談:ペイトリオッツがオーバータイムでキックを選択した真相

保存

  1. 赤い靴下 より:

    最近Revis-islandはリゾート化してる映像をよく見ます。衰えですかねぇ。

    1. JETS狂 より:

      赤い靴下さん>
      昔は「パス不毛地帯」とか言われてましたが、今は開拓が進んだようで、ガンガン上陸されてますね。
      全部のパスを止めるというのはさすがに不可能なのですが、昔はリーグ屈指のレシーバー達を無力化してきた事を考えると、衰えでしょうね。
      特に昨シーズンから、スピードがあるレシーバーに対しては、ロングを許してしまうところが目立ちます。
      とはいえ、リーヴィスの後釜として、ドラフト上位で獲ったCBはみんな期待ハズレだったので、今しばらくリーヴィス島をあてにするしかありません。

  2. ブロンコサー より:

    AFC西への呪いは是非うちを避ける形でお願いします。。。

    1. JETS狂 より:

      ブロンコサーさん>
      私の呪いなんてかわいいものですよ。むしろ、逆の結果になりますから。
      でも、、まぁ、、ブロンコスのプレーオフはいっぱい見たので、たまには暗黒チームのプレーオフを見てみたいなぁ~。

コメントを残す