JETS:2011シーズン主力プレイヤー(攻撃編)

心者は皆、JETSファンから始めなさい
「初心者に優しいNFLブログ」というコンセプトを忘れずに、今シーズンもやります独断と偏見の主力メンバーの紹介。

普通に勝つよりミラクルで勝つ方が多い気がする変態チーム、「ニューヨーク・ジェッツ」の楽しい仲間達をおさらいして、今シーズンを一層楽しみましょう。

まずは、サプライズが てんこ盛りのオフェンスからです。

[SPONSORED LINK]

QB

然系ミラクルQB

#6:マーク・サンチェス(Mark Sanchez)

身長/体重:188cm/102Kg
生年月日:1986年11月11日
出身校:USC(南カルフォニア大)

USCでの実績は1年間16試合先発しかないもののパス3,207yd、34TDという成績。うち13試合で2回以上TDパスを決める安定した実力があり、 USCをローズボウル優勝に導きMVPを獲得。

2009ドラフトではライオンズが全体1位で獲得したQB”マシュー・スタッフォード”に並ぶ目玉であり、ペニントンとファーブを失ったJETSにとってはノドから手が出るほど欲しい逸材であったため、ブラウンズの全体5位指名権を1巡目(17)、2巡目(52)、と3選手を交換に奇襲ともいえるトレードアップで獲得した。

特徴はダメな時は本当にダメだが、窮地に立ったり大舞台に上がると力を発揮する心臓の強さ。エンジンがかかると難しいパスも連続で通して逆転勝利に結びつける爆発力がある。
デビュー年以来、リーグで最もプレイアクションを多用するQBであり、ロールアウトして走りながら投げるロングパスは、高い精度を持つ必殺技である。

性格はTDを決めると飛び跳ねてはしゃぐ、ブレイディやマニングには無いメキシコ系ならではの陽気さと、ロックアウトでコーチと接触できない状況になると自らチームを率いてキャンプを行うというリーダーシップをあわせ持ち、天性ならぬ天然のQBとも言える。

待のニューカマー

#14:グレッグ・マッケルロイ(Greg McElroy)

身長/体重:188cm/102Kg
生年月日:1988年05月10日
出身校:アラバマ大

2011ドラフト7巡目(全体208位)で獲得した次世代を担うQB。
フィルムスタディに余念が無い知性派QBで、ポケットの中でのフットワークとクイックリリースが武器だが、肩が弱いというQBとして致命的な弱点を持っているため、ドラフト7巡目まで残った。

バックアップQBの”マーク・ブルネル”は完全に指南役に徹するため、プレシーズンの2rdチームはすべて任されるという異例のチャンスを与えられる。そのチャンスを逃さず高いパフォーマンスを見せ、高評価を得る。今後に期待できる逸材である。
しかし、プレシーズンの最終戦にて右手親指を脱臼し手術が必要となり、今シーズン中に復帰できるかは定かではない。

RB

色の弾丸

#23:ショーン・グリーン(Shonn Greene)

身長/体重:180cm/103Kg
生年月日:1985年08月21日
出身校:アイオワ大

2009ドラフト3巡目で獲得。 足を捕まれても倒れないどころか、相手を引きずって前進する強靭な足腰と、DBのタックルを逆に弾き飛ばす強靭なボディが武器のRB。
“カーティス・マーティン”、”トーマス・ジョーンズ”の流れを組む、JETSのゴリ押しランを担うキープレイヤーである。
2010シーズンから先発に昇格し、今シーズンも破壊的ランに期待がかかる。

説のアイシールド21

#21:ラダニアン・トムリンソン(LaDainian Tomlinson)

身長/体重:178cm/98Kg
生年月日:1979年06月23日
出身校:テキサスクリスチャン大(TCU)

NFLシーズン最多31TDやシーズン最多186得点など多くの記録を持つNFL史に確実に残るRB。
2001年ドラフト1巡(全体5位)でチャージャーズが獲得し、記録ずくめの活躍を見せるもチャージャーズはプレーオフで敗退を繰り返し、スーパーボウルに出場すらした事がない。

年齢とチャージャーズのパス重視のオフェンス傾向とマッチせず2010シーズンに解雇され、JETSに移籍。
キャリア最高時のパフォーマンスは見られないものの、試合の流れを変えるランは健在。チームの士気を上げる事にも大きく貢献している。

デビュー時期、ナンバーである21とトレードマークである素顔の見えぬアイシールドを着用する事から、漫画「アイシールド21」のモデルとも言われている。

WR

ーパーボウルMVP

#10:サントニオ・ホームズ(Santonio Holmes)

身長/体重:180cm/87Kg
生年月日:1984年03月03日
出身校:オハイオ州立大

2006年ドラフトにてスティーラーズが1巡目(全体25位)で獲得。
2008シーズンのスーパーボウルにて、試合終了残り35秒でロスリスバーガーのサイドラインギリギリのパスを見事にキャッチして、スティーラーズを土壇場の逆転優勝に導き、スーパーボウルMVPを獲得。

その一方で、フィールド外で事件を起こす問題児であり、2006年ドラフトから開幕の間に2度の暴行事件で逮捕される。2010シーズン前にはにオーランドのナ イトクラブで女性にグラスを投げつけてケガを追わせたとして告発され、さらに不正薬物使用の疑いで4試合出場停止がほぼ確定。

スティーラーズは2010シーズン開幕前に、2011ドラフト5巡のみという価格破壊的な超割引でジェッツにトレード。
そのシーズンにWeek05から登場するや否や、数々の逆転勝利に貢献し、スーパーボウルMVPの肩書きに偽りが無い事を証明する。

2011シーズンに5年5000万ドル(2400万ドル保障)の大型契約を結び、長期にわたりJETSのエースレシーバーとして活躍する。

務所帰りの元王者

#17:プラクシコ・バレス(Plaxico Burress)

身長/体重:196cm/105Kg
生年月日:1977年08月12日
出身校:ミシガン州立大

身長196cmのリーグ屈指の長身WR。
2000年ドラフト1巡目(全体8位)でスティーラーズが獲得。2005年にジャイアンツと6年2500万ドルの契約を結び、イーライ・マニングとのホットラインで3年連続でジャイアンツをプレーオフに導く。
2007シーズンのスーパーボウルにて、全勝で勝ち上がってきた最強ペイトリオッツを相手にラスト35秒で逆転のTDパスをレシーブし、スーパーボウルを制覇する。

しかし、2008年オフにナイトクラブで持っていた拳銃を暴発させ、右足を負傷し、拳銃不法所持で2年間の刑務所で服役する事となる。

出所した2011シーズンにJETSと1年300万ドルで契約し、NFLにめでたく復帰する。

ラフォーレシーバー

#85:デリック・メイソン(Derrick Mason)

身長/体重:178cm/89Kg
生年月日:1974年01月17日
出身校:ミシガン州立大

身長178cmと小柄なWRだが、現在37歳で15年間もNFLで生き残る実力者。
オイラーズ(現タイタンズ)が1997年ドラフト4巡で獲得し、1999年に第34回スーパーボウルに出場するも、23-16でQB”カート・ワーナー”率いるラムズに敗北し、SBリング獲得を惜しくも逃す。
その後も活躍を続け、2000年と2003年にプロボウルに選出され、2000年はオールプロにも選ばれる。

2005年にレイブンズに移籍し、その後チームリーダーとなりチームを率いる。2009年に一度は引退を発表するも、開幕前にそれを撤回して再びチームと合流。
2011年に新労使協定が結ばれるや否や、レイブンズはキャップを確保するためにメイソンをカットするが、本当のところ直ぐに再契約しチームに戻すプランだった。
だがしかし、JETSが先に彼と交渉をまとめて1年契約にこぎつける。

特徴は落球しない類稀なるレシーブ能力。この年齢で昨シーズンは73レシーブ1028ヤード獲得7TDという、成績を残す。
スロットレシーバーとして、3rdDonwやエンドゾーン手前での攻防で活躍に期待。

・・・が、しかしWeek05終了後にテキサンズにトレード。特に活躍する事もなくJETSでのキャリアを閉じる。

ワイルドキャット

#11:ジェレミー・カーリー(Jeremy Kerley)

身長/体重:177cm/85Kg
生年月日:1988年11月08日
出身校:テキサスクリスチャン大(TCU)

2011年ドラフト5巡(全体153位)で獲得。
WRとして身長は低めだが、ルートランニングと瞬発力に優れているWRで、スロットレシーバーに最適。
弱点としてトップスピードがもの足りない事と押し負けるフィジカルの弱さが指摘されている。

カレッジ時代からリターナーとしても活躍しており、JETSでもリターナーとしての起用される。さらにプレシーズンではワイルドキャット要因として使われ、パスでもランでも大きなゲインを見せ活躍する。
ビルズに移籍した”ブラッド・スミス”に変わる伏兵として、あらゆるシーンでの活躍に期待できる。

TE

った時にたよりがち

#81:ダスティン・ケラー(Dustin Keller)

身長/体重:188cm/114Kg
生年月日:1984年09月25日
出身校:パデュー大

2008年ドラフトで予想外のトレードアップで1巡30番目に獲得。
高い運動能力とパスキャッチ能力に秀でており、3rdDownの窮地にショートパスを確実に捕球し、1stDownを更新してくれるありがたい存在。本当にそこらのWRよりも頼りになる男。
ブロック能力に難があるが、そんなの関係ねぇ。

OL

ーグ最強のセンター

#74:ニック・マンゴールド(Nick Mangold) / C

身長/体重:193cm/139Kg
生年月日:1984年01月13日
出身校:オハイオ州立大

2006年ドラフト1巡(全体26位)で獲得。
ランオフェンス、パスプロテクションともに高いパフォーマンスを見せて、2009年、2010年、2011年と近年連続でプロボウルに選出されるリーグ屈指のセンター。
2010年に7年5500万という大型契約を結び、長年にわたりJETSのO#の要を担うことなる。

サイドラインでサンチェスとふざけてる姿を見れる事から、性格はかなり陽気だと思われる。
ちなみに姉はオリンピック重量挙げの選手で、マッスルな血筋が伺える。

・ブラインドサイド

#60:ドブリカショー・ファーガソン(D’Brickashaw Ferguson) / LT

身長/体重:198cm/141Kg
生年月日:1983年12月10日
出身校:バージニア大

2006年のドラフト1巡(全体4位)で獲得したOT。
サンチェスの背後を守るLTとして、リーグ屈指のパスラッシャーたちと対等にわたりあい、2010シーズンのプロボウルに選出。
2010年に6年6000万ドルという大型契約を結び、マンゴールドと共に長期にわたりJETSのOLを支える事になる。

  1. kt より:

    マンゴールド格好イイよマンゴールド。
    まぁOLは一人二人良くてもダメな、五人でワンセットなポジションなんですが。難しい。

    それはそれとしてペイトリオッツ。いやブレイディ。
    ひどいなオイ。あまりにも強すぎるでしょう?
    ロックアウトの影響もあるのか知らないがドルフィンズが止めれる気が最後まで全くしなかった。
    O#は悪くなかったのに、ゴール前で巨人二人に潰されてしまうわ。
    オチョシンコもこれから調子を伸ばしてチームにフィットしそうな感じ。そしてベリチック。

    今年も磐石ですか。出てくるんだろうなぁプレーオフ。
    やはりJETしかいませんか。ストップザニューイングランド。

    NFCファン達もそれを期待しております。
    更新お疲れ様でした。

    1. JETS狂 より:

      パッツはやはり開幕すると鬼と化しました。ヘニー決死のTDも速攻で同点にされちゃいましたし、ドルフィンズD#にも問題があった気がしますね。
      しかしながら、ブレイディは巨人にはハイボール、オチビ達には低めのショートパスと、レシーバーの特性に合わせて投げ分ける本当に恐ろしい男です。

      しかもパッツと当たるのが地獄のアウェイ3連戦の最終戦であるのが、これまた不運。
      しかし、なんとしても勝ってAFC東の頂点から引きずりおろさねばなりませんね。

コメントを残す

CAPTCHA