【2016-2017:ワイルドカードプレーオフ03】ドルフィンズ vs スティーラーズ

ドルフィンズ スティーラーズ ワイルドカードプレーオフ
鉄の三銃士、そろい踏み

いよいよ我らがAFC東から2008年シーズンぶりにプレーオフに進出したドルフィンズの出番がやってきた!
しかし、QB”ライアン・タネヒル”の負傷が長引き、タネヒルよりもドルフィンズ歴が長いQB”マット・ムーア”が先発に立ちます。

 対戦相手は最多SB制覇数を誇る、憎っくき強豪スティーラーズ。

行け!ドルフィンズ!!ロリコン野郎なんざミンチになるぐらい粉砕して、イルカの餌にしてしまえ!

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

  勝-敗-分 1Q 2Q 3Q 4Q OT total
ドルフィンズ 3 3 0 6 0 12
スティーラーズ 14 6 10 0 0 30

リンク:NFL JAPAN

総評

ドルフィンズD#は、プレーオフ初登場のスティーラーズRB”レベオン・ベル”のランを止められず、3シリーズ連続でTDを喰らい、第1Qだけで200yd以上損失するスタートの失敗が致命的でした。

ベルのチェンジ・オブ・ペースが凄まじく、エンドゾーン手前の攻防だろうが1回止まってから空いている穴を見つけて突っ込むという、別次元の落ち着きを見せます。

 

加えて、WR”アントニオ・ブラウン”は、1度加速するとドルフィンズD#は全くついていけず、ロングゲインとTDを許します。

意外にもWR”アントニオ・ブラウン”は、今試合がプレーオフ初のTDとの事で、スティーラーズのスター達の活躍にハインツフィールドのファンは一層盛り上がります。

 

ドルフィンズQB”マット・ムーア”も希望をつなぐべく奮闘しますが、チャンスになるとスティーラーズ伝統の固いD#、通称『鉄のカーテン』に阻まれターンオーバーを喫します。

 Week6では、204ydを走ってスティーラーズを倒したRB”ジェイ・アジャイー”のランもきっちりと対応されて 、わずか33ydに封じ込まれ、アジャイーは最後に左肩を負傷し戦線離脱。

 結果、プレーオフでは別次元の強さを見せたスティーラーズが次のラウンドに駒を進めました。

ロスリスバーガー レベオン・ベル アントニオ・ブラウン ワイルドカードプレーオフ

スティーラーズQB”ベン・ロスリスバーガー”のスタッツは、パス13/18回197yd2TD、2INT。
DE”キャメロン・ウェイク”のタックルでINTを誘発させられるミスをするものの、D#が取り返しモメンタムを渡しませんでした。

 驚異のO#を見せた、QB”ベン・ロスリスバーガー”・WR”アントニオ・ブラウン”・RB”レベオン・ベル”の3人は、カウボーイズが『トリプレッツ(三つ子)』を名乗るならば、さしずめ『鉄の三銃士』、いや、『鉄の桃園義兄弟』、いや、『鉄のだんご3兄弟』・・・・、冗談はせておき、この強力すぎるO#スキルポジションの3人をどうやって止めるのか、今後の対戦相手は頭を悩ませることでしょう。

 

一方、QB”マット・ムーア”はパス29/36回289yd、1TD、1INT と、このスタッツだけ見るならば負けたQBとは思えないぐらい稼いでいます。
しかし、スティーラーズD#から4サックを受けて、ファンブルロスト2回。INTと合わせて3ターンオーバーを計上したのが痛すぎました。

この試合に関しても、レイダース戦と同じくタネヒルが先発していたら結果が変わっていたのか、考えさせられます。

保存

保存

保存

  1.   より:

    イルカは肉食では?

    1. JETS狂 より:

      そのとおり!さすが朝の4時に書くと頭が混乱して、変なことを書いてしまいました。
      削除いたしました。
      このブログは皆様に支えられて生きております。

  2. :ちなNE より:

    かこつです!
    ドルフィンズ、久々のプレーオフで結果残せず残念です。今回PITが強かったというのもありますが注目したいのはマイアミとピッツバーグの気候の違い。MIAの選手たちが普段慣れている気候は熱帯気候。一年中暖かい気候に対してピッツバーグは雪景色。さらに体感気温は氷点下と完全にイルカさん凍ってしまってました。
    スティーラーズの次の相手はチーフス。なんとなくDivRでチーフスが勝つイメージがないのですがアローヘッド補正でどれだけ強くなるかって感じですね

    1. JETS狂 より:

      :ちなNEさん>
      たしかに気候の違いも大きいですね。
      Week06のマイアミで対戦した同カードの試合では、逆に気温を30度を超える暑さで、スティーラーズの選手がゲロを吐くほど苦しみました。
      寒冷地の強豪がスタジアムをドームにしない限り、プレーオフのホームアドバンテージは想像以上に大きいです。

  3. みきのり より:

    このカードもお互いエースQBで見たかったですね。
    とは言え、タネヒルが出ていても今回は鉄が順当に勝ち上がったかなと。
    ロスリスバーガーとブラウンだけならそろそろ見飽きた感じでしたが、ベルがハンパない!
    シーホークスのSB進出が叶わないなら、今年はカウボーイズ対スティーラーズのトリプレッツ対決を観たいと思っているくらいです。
    チーフスも応援したいですが、もう少しベルのランを見たいです〜。

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      おそらくタネヒルでも結果は同じだったでしょう。戦力以外にも気候によるアドバンテージやプレーオフの経験など全てが鉄の方が上でした。
      今回の攻撃がチーフスに通用するか楽しみですね。
      2回戦は好カードばかりで楽しみです。

コメントを残す

CAPTCHA