【2016-2017:プロボウル(PRO BOWL)】AFC vs NFC

企画が不安定ボウル

スーパーボウル直前の敗戦者の宴、プロボウルが今年もやってまいりました。スーパーボウルの後から前に移動した以降、実験的に毎年いろいろな事をやっております。

昨年は、殿堂入り選手をチームの代表に据え、ドラフトしてチームメンバーを決め「チーム・アービン vs チーム・ライス」という、カンファレンス関係なしのチーム構成だったのですが、今年は伝統の「AFC vs NFC」に戻しました。

そして、会場はハワイでなくスーパーボウルの会場でもなく、フロリダのシトラスボウル改め、キャンピング・ワールド・スタジアム。
ここは、今年の4月に行われるプロレス業界のスーパーボウル的イベントである「レッスルマニア33」の会場にもなります。

いつになったら安定するのか、プロボウル!

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

  勝-敗-分 1Q 2Q 3Q 4Q OT total
AFC 0 14 3 3 0 20
NFC 0 7 0 6 0 13

総評

ルールは恒例の4-3 D# のみで、ブリッツなし。キック・オフ・リターンなしの自陣25yd地点からスタートなどなどO#有利です。
しかし、カンファレンス対抗戦という形に戻り、温暖な昼間のハワイから内地の大観衆が見守るナイトゲームへと環境が変わったせいなのか、戦略より選手個人の力量が求められるルール上でガチの戦いとなり、スコアも予想外に普通。

 

やはりO#が普段と違うQBとレシーバーでは噛み合うのが難しく、ベッカムの背後をパスが通り抜けるシーンなんてありました。

 前半はNFCがエンドゾーン付近まで攻めても、インターセプトなどターンオーバでなかなか得点できず、AFCがリードします。

 

しかし、後半からはNFCもQB”カーク・カズンズ(レッドスキンズ)”がWR”オデル・ベッカム(ジャイアンツ)”やWR”デズ・ブライアント(カウボーイズ)”へパスを通し、異色の宿敵ホットラインで追撃。

 JETSから唯一選出(繰り上がり)のDE”レナード・ウィリアムズ(ジェッツ)”はDE”ボン・ミラー(ブロンコス)”とサックを決め、こちらも普段では見られないシーンを見せます。

 

ラストはAFCが7点リードで、NFCがレッドゾーン付近まで攻め上がりTDで同点というシーン。
QB”カーク・カズンズ(レッドスキンズ)”のパスをTE”ジミー・グラハム(シーホークス)”が弾き、それをOLB”ロレンツォ・アレキサンダー(ビルズ)”にINTされた上にラテラルパスを受けたCB”アキーム・タリブ(ブロンコス)”がビッグリターンを見せて、AFCの勝利!。

やったぜ!AFC!!

トラヴィス・ケルシー アレキサンダーO#のMVPはTDレシーブを決めたTE”トラヴィス・ケルシー(チーフス)”。 D#は最後にINTしたOLB”ロレンツォ・アレキサンダー(ビルズ)”。

 

大味なプレー&やる気のないD#でハイスコアのイメージがつきまとうプロボウルが一転して締まった内容となりました。

こうなったのは、AFCvsNFCの対抗意識からなのか?
それとも勝者と敗者で賞金が倍ぐらい違うせいなのか?
それとも内地のナイトゲームという公式戦に近い環境が、選手を本気モードに駆り立てのか?
いやはや、AFCのD#キャプテンに”レイ・ルイス(元レイブンズ)”大先輩がいたんじゃ、みっともないD#ができないのか?

 その辺が良くわかりませんが、このような締まったスコアで、制限ルールの上で「選手個人同士の純粋なぶつかり合い」として見ると、アンチプロボウル(スーパーボウル前開催)だった私も悪くないと思った次第でした。

 

あと、バイキングスはD#に選出されていたのが、シーホークスと同じく5人というのに驚きました。しかも、ほぼ知らない選手ばかり。バイキングスは来シーズン、QB”テディ・ブリッジウォーター”が復帰したら、かなり期待できそうですね。
(ほんの噂程度でブリッジウォーターは次のシーズンも全休 、とか流れてましたが・・)

  1. 緑の飛行機 より:

    宿敵ホットラインって本当にプロボウルならではで、とてもいいですよね。

    やっぱりカンファレンス同士の方が僕は好きですね。

    それより、ユニフォーム……やはりNIKEのカラーラッシュの影響なんですかねぇ

    1. JETS狂 より:

      緑の飛行機さん>
      明確な対立関係って試合において大事ですね。それでこそ燃えるものがあります。
      ジャージは、たしかにカラーラッシュっぽいです。年に1回ですし、これはこれでいいのかと。

  2. Liger より:

    21世紀に入って殆どプロボウルとは無縁だったウチは、「ヘン、プロボウルなんて所詮人気投票のお遊びじゃん」と、ウチの御屋形様はじめファンも「プロボウルは観ない派」が多かったのですが、CJやスーの登場で我々も一時は言うことが一変(笑)したものの、彼等が去り、今季はKのプレイターのみとまたもや冬の時代に逆戻りです。ヴァイクスはクリス・スピールマンの兄貴であるリックがGMでして、GMが優秀なのか、フロント全体のレベルが高いのか、今世紀に入ってからは毎年プロボウルに多くの選手を送り込んでおり、ウチとは全く対照的で、特にD♯は次々と優秀なタレントが現れ、羨ましい限りです。今季はライン(特にOL)の選手が怪我で離脱という事態が相次ぎ、後半は息切れしてしまいましたが、実際ズットGBに独占されて、ウチやCHIが出来ていない地区優勝を、昨季は成し遂げたのですから、地力や組織力は凄いものがあると思います。
    ただテディ君はネェ・・・あちらの記事読んだら、ACL再建手術後、回復まで最低でも19カ月はかかるというのが医者の診立てらしく、そうすると2018年3月になっちゃうそうで、当然来季は全休の見込みとか。敵のエースではありますが、一日も早い復活を祈ります。

    1. JETS狂 より:

      Ligerさん>
      プロボウル、ギリギリ一人選出の心境をお察します。
      アンチ派としても、何かツライ。
      テディ君の噂はガチに近いんですね。どこかのツィートで読んだだけで「そんなアホな」と思ってましたが、これはヤバイ。
      サム・ブラッドフォード、彼は強運の星の元にありますね。

コメントを残す