【お前が欲しい】2017年 NFL FA(フリーエージェント)ランキングTOP10

彼が昨年の勝利者です↑

スーパーボウルも終わりシーズンオフですが、ここからがNFLの第2のお楽しみ。
知略と陰謀が渦巻く、カードゲームのような戦力増強タイムです。

[SPONSORED LINK]

2017年 FAの目玉TOP10

初心者のために説明しますと、NFLはチーム戦力の均衡を保つために、全チームで選手と契約に使える総額が同じである「サラリーキャップ制度」が敷かれています。

これにより、どこかのサッカーリーグみたいに金持ちチームだけいい選手ばかり集めて、2強以外は雑魚みたいな事にはならないのです。

限られた金額をどのように割り振って戦力を維持、または、増強するかが難しく、水面下で激しい交渉合戦が行われるわけです。
(さらにドラフトもカードゲームみたいな駆け引き重要となるルールで行われます。)

 

FA交渉の解禁は現地3月7日からですが、ここでNJ.comの記事「NFL free agents 2017 rankings: See the complete list, 1-50」より、TOP10を紹介します。

それでは、カウント~~ダウン!

10位:ジェイソン・ピエール・ポール(Jason Pierre-Paul)[ジャイアンツ/DE]

花火で遊んでいる時に事故って指を切断し、契約延長をパーにするというスゴイ試練を乗り越えて、2016年は活躍したJPPが10位にランクイン。

一体、どんな花火で遊んでいたのか気になるところはさておき、お買い得になるかもしれません。

9位:スティーブン・ギルモア(Stephon Gilmore)[ビルズ:CB]

プロボウルでもインターセプトを見せたギルモアが9位。

野性味あふれるプレーは、JETSのS”カルビン・プライア―”とマッチしそう。欲しいっす!

8位:カライス・キャンベル(Calais Campbell)[カーディナルス:DE]

8年連続で5サック以上、うち5シーズンでは7サック以上を計上しているサックリーダーもFAだ!

今シーズンはQB”キャム・ニュートン”のひざ下にタックルして制裁金を払った事もありました。

31歳という年齢を気にしなければ、全然OKっす!

7位:メルビン・イングラム(Melvin Ingram)[チャージャーズ:OLB]

チーム自体は良くなかったものの、その中で活躍は目立った元ドラ1のイングラムが7位。
ついこの間ドラフトでPICKされたと思ったら、もうFAなんですね。時の流れは速いです。

ロスへ行きたくなけば、移籍だぜ!

6位:アルション・ジェフリー(Alshon Jeffery)[ベアーズ:WR]

NFL.comでは「オルション・ジェフリー」とカナ読みをしているが、まぁどっちでもいいです。
正直、あまり知らないです。NFLは多いですからJETS以外の知識は皆無。

2016シーズン開幕前にベアーズとの長期契約交渉が上手く行かず今年はFAとなりました。かつ、不正薬物の使用により4試合出場停止

個人的にいらないですが、JETSは最近、元ベアーズのO#陣を獲得する傾向があるので取っちゃうかも。
新QBコーチとのつながりで、カトラーがJETSに来るという噂もあるくらいなので。

5位:レベオン・ベル(Le’Veon Bell)[スティーラーズ:RB]

出た!2016-2017シーズンを沸かせた異次元RBのベルまでがFA市場に出ます。

スティーラーズは引き留めに入ると思いますが、プレーオフでの足の負傷が気になりますね。

4位:チャンドラー・ジョーンズ(Chandler Jones)[カーディナルス:OLB]

あれ?パッツからトレードで獲得したばかりじゃ無かったのか?
どうやら1年契約だったらしく11サックも上げた実力は健在。

もしも、カーディナルスが長期契約に失敗したら、フランチャイズタグを貼って流出を阻止するでしょうが、FAの目玉です。

3位:カワン・ショート(Kawann Short)[パンサーズ:DE]

近年2シーズンで計17サックを記録したパンサーズのショートもFA。
ここもパンサーズが流出阻止に動くでしょうが、どうなることやら。パンサーズの戦力維持がかかっていることは確かです。

2位:エリック・ベリー(Eric Berry)[チーフス:S]

2016-2017シーズンも凄まじい活躍を見せたエリック・ベリーもFA。JETSもやられました。

昨シーズンはフランチャイズタグを使って流出を阻止しましたが、今シーズンは長期契約に待ったなしです。

彼がチーフスと決裂した日には壮絶な獲得合戦となるでしょう。

1位:カーク・カズンズ(Kirk Cousins)[レッドスキンズ・QB]

やっとのことでレッドスキンズの先発に定着し、活躍してプロボウルに出場したら直ぐにFA。
このタイミングで痛いのはレッドスキンズ!彼との高額契約は避けられないでしょう。

もしも決裂したら、争奪戦となりQB価格の高騰の引き金となるのは間違いなし。どうなるカズンズ?

 

・・・ということで、だいたい5位から上は確実に引き止めに入ると思うので、他のチームの獲得は無いと思います。

しかし、前年はブロンコスが ペイトン・マニングの後釜として育てた “ブロック・オズワイラー”を、テキサンズが大金を積んであっさり引きぬいたので、何が起こるか分かりません。

全てはお金とエージェントしだい。
JETSには誰が来るのか期待して見守りましょう。

  1. カート小判 より:

    チャンドラー・ジョーンズは、NEを旅立った後も成功した数少ないプレイヤーになりましたね。ARIは引き留めると思います。

    エリック・ベリーは毎年FAになってますが、いい加減に長期契約をゲットすべきだと考えます。既往歴の影響なのか、金額の問題なのか。

    カーク・カズンズはSFに狙われてるようですが、そうなるとキャパニックがFA市場に流出し余計に大混乱ですね。

    確かFAのフィッツパトリックの名前は、、、ありませんね…。

    1. JETS狂 より:

      カート小判さん>
      たしかにNEから出て活躍するケースは珍しいですね。優勝するシーズン中にブラウンズに譲渡された人の方は可哀そうで可哀そうで・・。
      カズンズがSFに行くとなると、レッドスキンズはまたQB探しで振り出しに戻るので、引き留めたいところですがどうなるのか。
      フィッツパトリックは実力うんぬんより、先発殺しのジョーカーだと判明したので、もう貰い手がないのかも。パフォーマンスが不安定すぎですしね。

  2. GENO より:

    FAではないですけど、NFL仲間のパッツファンの予想でグロンク抜きでSB制覇したからグロンク放出の可能性はあるという予想をしていました。ですから、ライオンズはGMはベリチックの手下でやキャップも余裕があるのでうちに来る可能性は0ではないという予想になりました。
    あくまでも仲間うちの予想で根拠は少ないですけど、グロンク放出はあり得るということで彼の動向に注目しても面白いかもしれませんね。キャップを見るにAFC東の同地区移籍はないでしょうけど。

    1. JETS狂 より:

      GENOさん>
      グロンコウスキーがJETSにキター!!とかあるかも!?
      ここからが本当のマッデンの呪いですか。
      しっかし確実に高級品なので、まぁ債務を抱えるJETSには縁のない話ですね。
      移籍するならNFCの西海岸あたりに行ってほしい所です。

  3. テキサスのガラガラヘビ より:

    JPPもベルもショートもタグ貼られましたね
    フォルテがかなり歳食ってるので早めに2人めのRB欲しいですね

    1. JETS狂 より:

      テキサスのガラガラヘビさん>
      JPPは瀬戸際で頑張りましたが、花火さえなければ長期契約だったのに残念。
      RBはビラル・パウエルを中心に安定したラO#を構築したいですね。ゴリ押せるFBトルバートが欲しいところです。

  4. テキサスのガラガラヘビ より:

    なんとMINのピーターソンがFA!オフの目玉になりそうですね。しかし、膝の状態+年齢が重なっているので手の出ない程の高額にはならないのではと思ってます。

    1. JETS狂 より:

      テキサスのガラガラヘビさん>
      私も気になりましたが、かつてトムリンソンを取った時と同じような感じになるのではないでしょうか。
      安ければいいのですけど、JETSは埋めなくてはならないポジションが多すぎです。

コメントを残す

CAPTCHA