オフィシャルサイト
ロースター(選手一覧)
デプスチャート(ポジション別先発登録)
JETS:2013年度主力プレイヤー(攻撃編)
JETS:2013年度主力プレイヤー(守備&ST編)

▼2012シーズン総集編

▼2010シーズン総集編

▼2009シーズン総集編

基本情報:ニュージャージー州イーストルーサーフォードを本拠地としているプロフットボール (NFL) チームであるが、事務所及び練習施設はニューヨーク州ロングアイランド (w:Long Island)の ヘンプステッドに位置している。
アメリカン・フットボール・カンファレンス東地区所属。
・フランチャイズ創立:1959年8月14日 NFL加盟 :1960年
・スーパーボウル出場:1回/ 第3回(1968年) スーパーボウル優勝:1回/ 第3回(1968年)
・オーナー:ロバート・”ウッディ”・ジョンソン チームカラー:グリーン、ホワイト



本拠地:メットライフ・スタジアム(旧:メドウランズ・スタジアム)

2010年より旧ホームのジャイアンツ・スタジアム (Giants Stadium )(ニュージャージー州イーストラザフォード)の隣にニューヨーク・ジャイアンツとの共同出資で約1450億円の巨費を投じて建設されたメドウランズ・スタジアム (通称ニュー・メドウランズ)に本拠地を移す。

収容人数は82,500人で、 2014年に開催される第48回スーパーボウルの会場に決定しており、初の寒冷地屋外で行うスーパーボウルとし注目されている。

へッドコーチ

トッド・ボウルズ(Todd Bowles)[2015~]

150114_BowlesHire_700x400-rs

2008年にドルフィンズのセカンダリーコーチを務め、2012年にイーグルスのセカンダリーコーチ。そして2013年にカーディナルスのDCに就任。2014シーズンはQB受難のカーディナルスにて優れたD#でチームをプレーオフに導き、その名が知れ渡りました。

その活躍が認められ、前HC”レックス・ライアン”の後を継いでJETSのHCに就任。

特徴は恐れの知らぬブリッツ攻勢。カーディナルスDCの2年間でパッシングシュチュエーションでは46.5%の当時リーグ1位の高確率でブリッツを仕掛けていました。

ライバル

ニューイングランド・ペイトリオッツ

同地区のチームというだけでは無く、両チームには過去に因縁がある。
1999年シーズンオフ、ビル・ベリチックは当時ジェッツのHCビル・パーセルの後任としてをHCに就任。ところがベリチックはたった1日でこれを辞任し、パーセル麾下のスタッフを大量に引き連れ、同地区のライバルチーム・ペイトリオッツのHCに就任した。

しかし、2006年にベリチックの力でDCまで昇格した弟子の”エリック・マンジーニ”がベリチックが引き止めるにも関わらずジェッツのHCに就く。そして 2人の不仲説やベリチックがジェッツを盗撮していた事をマンジーニが指摘するなど、HC同士の不仲がチームの因縁となり、ジェッツ vs ペイトリオッツ は阪神vs巨人さながらの因縁対決となった。

HCが”マンジーニ”から”レックス・ライアン”に代わり、悪化し続ける関係も緩和されるかと思ったら、ライアンは就任初日の記者会見で「私はベリチックのトロフィーにキスしにきたわけではない。」とケンカを売り、やっぱり仲は険悪に。

 

“レックス・ライアン”は、2010年シーズンのディヴィジョナルプレーオフにてペイトリオッツを破る快挙を達成するが、結局はペイトリオッツには負け越して、2014シーズンにシーズン4勝という近年最悪の勝率であった責任を取って、クビとなった。


称の由来

創設当時の本拠であったシェイ・スタジアムは空港に近在、かなり低空を飛行する飛行機の往来が頻繁であったため。 創設当時NY市周辺に本拠を置く他競技チームの多くが愛称に韻を踏んでいた(METSNETS、GETS、SETS)こと、短いチーム名だと新聞等で見出しになりやすいことも影響。当時低迷していたチームが力強いパフォーマンスをみせることを願ってつけられた。なお創設当時はタイタンズという愛称であったが、チームの成績は徐々に沈んでいき「あのタイタニック号と同じ名前だから沈むんだ」と言われたため現在の名前に変更したと言われている。