HC”レックス・ライアン”自伝を執筆

NFLイメージ
イエット本ではないようだ

順調にダイエットが進んでいるレックス・ライアン。写真でも痩せて来たことがわかります。

この度、レックス・ライアンの自伝が出版される事が決定しました。
HC2年目で自伝を出すって早くないか?

[SPONSORED LINK]

カリスマHC”レックス・ライアン”のアメリカンフットボールの戦略に関する内容も含んだ自叙伝は、米スポーツ専門誌『スポーツ・イラストレーテッド』の元編集者でベストセラー作家の”ドン・イエーガー”やNFL殿堂入り選手”ウォーレン・ムーン”、”ウォルター・ペイトン”も執筆に参加します。
イエーガー氏は「彼の話や人生のエピソードは興味深い部分は山ほどある」とコメントしています。

ところでこの自伝の発売予定日は2011年の春。つまり、JETSのスーパーボウル制覇がこの本の売り上げに大きく影響するのです。それほど今シーズンのSB制覇に自信があるのか?それとも自らにプレッシャーをかけるためなのか?とにもかくにも印税が欲しけりゃ勝つしかない!!

▼2番手QBの行方は?
JETSのバックアップQBに関して、いろんな記事が出てます。
まず元ドラフト1位指名ながらレイダースの期待を180%裏切った近年最大のBUSTとも言われるQB”ジャマーカス・ラッセル”のエージェントにJETSが接触したという話が出ております。
しかしながら興味本位で体調など聞いた程度で、獲得はほぼないでしょう。(というか確実にイラン)

JETSのQBは先発”マーク・サンチェス”以下の”ケレン・クレメンス”、”エリック・エインジ”、”ケビン・オコネル”の3名でバックアップ争いをしております。しかしながら経験が豊富なベテランQBが必要であるため、だいぶ前から”マーク・ブルネル”と交渉しております。
ブルネルは昨年までセインツ所属しており現在40歳。バックアップよりも指導役としての欲しいので、JETSのバックアップは昨年同様にクレメンスが濃厚だとの事です。

クレメンスは昨シーズンはサンチェスの負傷ために3試合に登場。うち1試合は先発で一試合をまるまる投げきり勝利しました。
3試合とも勝利しているのですが、クレメンスが出ている間はほとんどランです。先発をつとめたバッカニアーズ戦もパス12/23、111yd獲得0TD,0INTと微妙なパフォーマンス。この試合は3INTを奪い3失点でおさえた守備陣と、OLゆるゆるでパスをボロボロとこぼすバッカニアーズのおかげで勝利したようなものです。[参考:Week14:vs
バッカニアーズ

]

正直クレメンスは契約が切れるので今シーズンはJETSから出されるかと睨んでいたのですが、他に代役がおらずこのまま行くと今年も続投。ペニントンが帰ってきてくれれば、指南役+バックアップの一石二鳥で一番いいのですが、彼は今年もドルフィンズと1年契約。
昨年、負傷しまくったサンチェスなのでバックアップの出番は今シーズンもまわってくるでしょう。誰か他におらぬのか (屮゜Д゜)屮!!

▼おまけ:
ラッセルがブリッツのえじきとなり途中交代。38-0の圧勝でサンチェスが余裕過ぎてホットドッグを食っちゃう試合(しかしワシントンを破壊される・・)

http://www.nfl.com/videos/new-york-jets/09000d5d813b4404/NFL-GameDay-Jets-vs-Raiders-highlights

コメントを残す