JETS:2011シーズン主力プレイヤー(守備&ST編)

れが最強D#だ!
JETSを知るためには選手を知る事が不可欠。
前回の攻撃編に続いて、守備&スペシャルチーム編をお送りいたします。

ちなみに、このネタは開幕前から徐々に書き始めて、書くのに結構な時間がかかっており、紹介しきれないメンツもいます。
「”カルビン・ペイス”がいないじゃねーか」と言う人もいるかもしれませんが、その辺はご容赦をm(_ _)m

[SPONSORED LINK]

DL

 

#91:サイオン・パウア(Sione Pouha) / DT・NT

身長/体重:191cm/148Kg
生年月日:1979年02月03日
出身校:ユタ大

2005年ドラフト3巡(全体88位)で獲得したDT。
バックアップであったが、NT”クリス・ジェンキンス”が2シーズン連続でシーズンアウトした事を期に、その穴を埋める活躍を見せて先発の座を勝ち取る。
ロックアウトの際にはDLを率いてキャンプを行い、もはやDLの親分的な存在である。

 

2011年ドラフト1巡

#96:モハメド・ウィルカーソン(Muhammad Wilkerson) / DE

身長/体重:193cm/143Kg
生年月日:1989年10月22日
出身校:テンプル大

2011ドラフト1巡(全体30位)で獲得したDE。
昨年はテンプル大で9・1/2サックを記録し、JETSより1巡指名を受ける。
特徴は巨漢から繰り出す長いリーチで、QBやRBを捕らえる。

契約を不満に怨敵ペイトリオッツに移籍した”ショーン・エリス”の後釜となるが、はたしてエリスの穴を埋める事ができるのかに注目が集まる。

ちなみにドラフト時に、自宅にて電話で指名を受ける姿がTVに映ったが、かなりリッチな家の生まれだと思われる。

 

2011年ドラフト3巡

#93:ケンリック・エリス(Kenrick Ellis)
/ DT・NT

身長/体重:193cm/157Kg
生年月日:1987年12月10日
出身校:ハンプトン大

2011ドラフト3巡(全体94位)で獲得したDT。
カレッジ時代は「ビースト」と呼ばれ、類稀なる巨漢とパワーでポケットを正面から粉砕する。
しかし、2008年の1年生の時、所属していたサウスカロライナ大のチームで暴力事件により、出場停止。
そして昨年、移転先のハンプトン大学内でもめ事を起こして、今年11月の裁判の結果しだいでは懲役をかせられる可能性があるため、ドラフト3巡まで残った。

JETSとしては彼を指名することは賭けであったが、無罪となれば3巡目で彼を獲得できた価値は大きい。

 

LB

 

護神

#52:デビット・ハリス(David Harris)
/ ILB(インラインバッカー)

身長/体重:188cm/114Kg
生年月日:1984年01月21日
出身校:ミシガン大

2007年ドラフト2巡目にて獲得。セインツへトレードした守護神”ジョナサン・ビルマ”の後を継ぐものとして2008シーズンに先発に昇格する。
3-4体系に必要なパワーとスピードを兼ね備えており、ブリッツにランブロックに幅広い活躍を見せる。

2011年にFAとなるため、JETSは5年ぶりに彼にフランチャイズタグを使って引き留め、4年3600万ドルで契約。
保障は2950万ドルで、これはILBの4年契約の中では現時点で、最高額。

 

イアンの腹心

#57:バート・スコット(Bart Scot)
/ ILB(インラインバッカー)

身長/体重:188cm/110Kg
生年月日:1980年08月18日
出身校:サザンイリノイ大

2002年にドラフト外でレイブンズに入団。
入団後4シーズン目にLB”レイ・ルイス”が負傷(Maddenの呪い)のため、その代役として活躍し2006年にプロボウルに選出。
2008シーズンは全16試合に先発し、LB”レイ・ルイス”に次ぐチーム2位の82タックル、1.5サック、2ファンブルフォースの成績でリーグ2位の守備力を支えて、レイブンズをAFCチャンピオンシップに導く事に大きく貢献した。

2009年にレイブンズDC”レックス・ライアン”がJETSのHCに就任するやいなや、6年契約でJETSに彼を召集した。この事からライアンが最も信頼している選手であることがわかる。

2010シーズンのPOにてペイトリオッツ戦に勝利した後に、インタビューにて言い放った「Can’t wait (待ちきれん)」というフレーズが、一時期ブームを呼んだことは記憶に新しい。

 

CB

 

ーヴィス・アイランド

#24:ダレル・リーヴィス(Darrelle Revis)

身長/体重:180cm/90Kg
生年月日:1985年07月14日
出身校:ピッツバーグ大

2007年ドラフト1巡目(全体14位)で獲得。先に地元のスティーラーズが獲得するハズだったのだが、トレードアップして横取りした。高校時代はアメフトとバスケの両方で活躍し、バスケではチームを優勝に導くという類稀な運動能力の持ち主。

3年連続でプ ロボウル、2年連続でオールプロに選出され、2011シーズン開幕前のESPNのパワーランキングでCB部門1位。文字どうりリーグ最強のCBである。

特徴はリーグ屈指のWR達に影のように張り付き、ホットラインを無力化する恐るべき力を持つ。
島なみに守備範囲が広く(大げさ)、そこはパス不毛地帯という意味でリーヴィスの守備範囲は「リーヴィス・アイランド」と呼ばれており、リーグ屈指のQB”ペイトン・マニング”に「あれじゃあ、ウェインに投げる気なんて起こらないよ~」と言わせるぐらい、恐れられている。

2010シーズンは契約がこじれて、キャンプとプレシーズンをHOLD OUTした。ギリギリ開幕前に4年4600万ドル(保障3200万ドル)で契約する。
今シーズンも リーヴィス・アイランド への侵入者をことごとく狩ってしまうであろう。

 

ロちゃんです

#31:アントニオ・クロマティ(Antonio Cromartie)

身長/体重:188cm/95Kg
生年月日:1984年04月15日
出身校:フロリダ州立大

2006年ドラフトで1巡目(全体19位)でチャージャーズが獲得。
2007シーズンはリーグ最強のQB””ペイトン・マニング””から1試合に3インターセプトを奪い、そのシーズンは計10INTでプロボウルに選出される。
しかし、その後2年は計5INTでミスも多く衰退し、2010シーズン前にジェッツへ2011年ドラフト3巡(活躍しだいで2巡)と交換でトレード。

2010シーズンはWeek02のペイトリオッツ戦で負傷したリーヴィスの代わりに、”ランディ・モス” をカバーしJETSを勝利に導く活躍を見せる。
またPOのコルツ戦では、最後の逆転を賭けた反撃にビッグリターンを見せて、JETSの大逆転勝利に大きく貢献する。

しかし、熱くなりやすいタイプなのか3rdDownで無用な反則を犯し、致命的な1stDownを与えてしまうシーンも多々ある。

2011シーズンにFAとなったのだが、JETSはレイダースが放出したCB”ナムディ・アソムーハ”との契約に失敗するやいなや、クロマティと4年3200万ドルで契約し引止める。
リーヴィスと共にしばらくはJETSのCBを担う事となる。

 

2010年ドラフト1巡

#20:カイル・ウィルソン(Kyle Wilson)

身長/体重:178cm/86Kg
生年月日:1987年05月30日
出身校:ボイジー州立大

2010年ドラフト1巡目(全体28位)で獲得。
5年1300万ドル(約700万ドル保障)で契約したが、契約完了後にツィッターで、 「I’m a millionaire!!!!!! And headed to camp,」(オレは億万長者だ!!!さぁキャンプに行くぞ)とつぶやいた事から、問題児系かと思われていた。
しかしながらフィールドではその逆で、堅実なプレーを見せて1試合ごとに成長し、スロットレシーバーのカバーに貢献している。

特徴は爆発的な加速力と、視野の広さ。
目立たないということはCBにとって優秀な証なのだが、今シーズンはインターセプトに期待したい。

 

S

 

ィフェンス・オブ・コマンダー

#36:ジム・レナード(Jim Leonhard)

身長/体重:173cm/85Kg
生年月日:1982年10月27日
出身校:ウィスコンシン大

2005年にドラフト外でビルズに入団し、3年活躍した後に2008シーズンにレイブンズと1年契約。
1年間レイブンズ守備の最後の砦を勤め、レイブンズのチャンピオンシップ進出に貢献。2009年にFAとなり複数のチームが関心を寄せるが、HC”レックス・ライアン”がJETSへ呼び寄せる。

身長の低い白人が瞬発力と運動神経がモノを言うセーフティーというポジションにいるのが珍しいが、頭の良さと読みのスルドさでJETSの最後尾を預かる。

テレビにはあまり映らないが、実は彼がD#を最後尾からチェックして大声をだし、細かい指示を与えている。
その証拠に2010シーズンWeek13のペイトリオッツ戦直前の練習中に負傷しシーズンアウトすると、ペイトリオッツ戦ではリーグ屈指の守備力を誇っていたD#がバラバラになってしまい、3-45という歴史的大敗を喫してしまった。
この事からD#の最重要パーツである事が伺える。

指揮するだけではなく運動能力も優れており、突然、ラインのすき間やQBの背後からなど出所不明の奇襲ブリッツを仕掛けて、相手QBを捕らえる事も特徴である。
今宵も出るか、必殺セーフティーブリッツ!

 

K

 

クチキッカー

#02:ニック・フォーク(Nick Folk)

身長/体重:185cm/101Kg
生年月日:1984年11月05日
出身校:アリゾナ大

2007年ドラフトでカウボーイズが6巡目に獲得し、その年はプロボウルに出場する活躍を見せる。
しかし翌年から成績が落ち、2009シーズンのFGの成功率が18/28の64.3%と最悪すぎて、カウボーイズをカットされる。
2009シーズン終了後にJETSではFA権を得たK””ジェイ・フィーリー””が抜けた穴を埋めるべく獲得する。

特徴は50yd級のFGを連続で決める事もあれば、30yd級の簡単なFGを外すという恐るべき安定感のなさ。
そんな彼でもプレシーズンに対抗馬として当てられたキッカー”ニック・ノヴァク”に競り勝ち、今シーズンもJETSのキックを担う事になる。

2011シーズン開幕戦では、試合終了ギリギリに50ydのFGを決めて勝利に大きく貢献したのだが、JETSファンは今シーズンも心臓に悪いFGを何度も見ることになるので、心臓の弱いお年よりは気をつけよう。

 

P

 

のパンター

#04:T.J・コンリー(T. J. Conley)

身長/体重:191cm/100Kg
生年月日:1985年08月29日
出身校:アイダホ大

ジャイアンツに移籍したP”スティーブン・ウェザーフォード”の後釜となるパンター。
2009年にドラフト外でJETSと契約するがその後カット。そしてこの度、ロースター争いに勝ってJETSの正パンターとなった。

プレシーズンでは60ydのパントを蹴るなど、安定した飛距離のあるパントを見せた。
もうちょっとタッチバックの回数を減らすコントロールを身に着ければ文句なし。

  1. ヨンチェス より:

    カルビン・ペースがぁ!エリック・スミスがぁ!
    一応言うときました笑

    ウィルソンてドラ1やったんすね。。
    この人もいい選手ですね

    1. JETS狂 より:

      本当はメイビンの原稿があったんですけど、ボツとなりました。
      この2人も書こうと思ったんですけど、何か気力が・・・・。次回に持ち越しという事でm(_ _)m

  2. kt より:

    前にレナードが気になってると書きましたが他もいいですね。
    隣の芝生は~てことだけでなく。特に若手が光って見える。
    個人的には#20:カイル・ウィルソンが気になってます。
    背の高いCBが好きなので今はクロちゃんのが好きですがw

    あとは150kg級のDT。これは観てて楽しい。マッデンでもついつい獲得してしまう。
    エリスはどうなりますかね。ドキドキ。

    最後にイーグルスファンも負けじとなんか書いてみます。
    両ディフェンスエンドの獣みたいなクラウチングスタートからのラッシュは一見の価値有り、です。
    Week2ではテレビがアップで何回も映してたのでとても分かり良いです。
    御時間に余裕がありましたら是非。特に左サイド。

    しかしこういった話題は楽しい。いつも感謝です。
    更新お疲れ様でした。

    1. JETS狂 より:

      イーグルスも今シーズンは当然、注目してます。DBがJETSを上回る鬼チームですから。
      しかしマット・ライアンにあんだけプレッシャーかけたのに、ヴィック負傷&ターナーのランで惜敗して残念です。
      次戦にヴィックが出るのか気になるところですが、ライバルのジャイアンツに勝利してアドバンテージは欲しいところですね。

  3. mmx より:

    いつも楽しく拝見させてもらっています。
    各ブログの更新情報が非常に使いやすく、NFL関連のブログは貴ページを起点に回らせていただいてます。

    3人目のケンリック・エリスの英語表記が(Muhammad Wilkerson)となっていましたので、おせっかいながらご報告です。

    1. JETS狂 より:

      ブログ自体が自分自身の情報収集の起点になるように作られています。
      なので、イキのいいNFLブログがあればすぐにサイドバーに登録してます。

      ご指摘、ありがとうございます。コピペで量産しているため、アラが出てしまいました。
      JETS狂は皆様に支えられて生きております。m(_ _)m

コメントを残す