Week10:vs ペイトリオッツ

09000d5d82417c75_gallery_600-rs

待しすぎるとロクなことが無い
とうとう来た!怨敵パッツとの2度目の対戦。
1度目は敗北したものの2度目の対戦はホームであり、パッツのO#が不調気味。
そして負傷者が続出とJETSにとって有利な材料が揃いまくりです。

しかし、戦力を知略でひっくり返す事が可能なのがアメリカンフットボール。
さらに相手はベリチックとブレイディの不滅のコンビなので、油断は出来ません。

さぁ勝ってAFC東単独首位をGET出来るか!!
またも予想外の展開となりました。

[SPONSORED LINK]
▼前半
JETSのO#からスタート!
マクナイトの好リターンで33ydからスタート。よしいい感じ!!
ホームズ、バレスへとパスが通り、トムリンソンのランで敵陣へ。いいぞ!!
ホームズへの27ydのパスを一気に通して敵陣9yd。おっしゃもらった!!
しかしパス失敗でFG。まぁINTされるよりマシ。先制点GET!!
・・と、思ったらなんとK”ニック・フォーク”が24ydのFGを見事にハズす∑(゜ Д゜)
ありゃ好ドライブが無得点・・何か悪い予感が・・( ̄Д ̄;;

対するパッツO#のランは止めるものの計算外の伏兵WR”チャド・オチョシンコ”の活躍もあり、敵陣32ydまで進まれるも、FGで抑える。
0-3

しかしJETSの0#は1stドライブとうって代わってDE”アンドレ・カーター”にサックを喰らって終了。
パッツはまたもCB”アントニオ・クロマティ”のカバーを外したWR”チャド・オチョシンコ”のレシーブで一気に敵陣18yd。これもFGで凌ぐが、悪い流れ。
0-6

互いのD#が奮闘し、パントを蹴りあうガマンの時間が続くが、ここでチャンスが!
パッツ自陣8ydからのO#でスナップミスでブレイディがファンブル!なんとかカバーして事なきを得るが、自陣5ydの3-13yd。
ここでOLB”ブランドン・スパイクス”がRB”ダニー・ウッドヘッド”のブロックを簡単に抜いてブレイディをサック!寸前でボールを投げ捨てるもセーーフティーーー!!
ここから反撃開始だ!
2-6

2ミニッツから強いのがサンチェス。セーフティーパントから得たO#を繋ぎWR”パトリック・ターナー”へのパスで敵陣10yd。
ここでTE”ダスティン・ケラー”へのパスで3rdDownで残り2yd。ここはサンチェスが怒涛のスクランブルで飛び込んで
∩(・ω・)∩Touchdown!
逆転だ!この野郎!
9-6

だが前半残り1:20。ブレイディがキバを向く。
ショットガン連射で攻めてくる!TE”ロブ・グロンコウスキー”がファンブルしFS”エリク・スミス”のカバーでターンオーバーかと思いきや、レビューで覆り、さらに攻められる。
最後は敵陣18ydからまたもTE”ロブ・グロンコウスキー”に通してTD。速攻で逆転された。(TωT)
9-13

▼後半
イマイチのらぬO#。パッツも攻め手を欠いてパントとなるが、ここでアクシデント発生。
JETSのリターナーRB”ジョー・マクナイト”がパントの捕球をミスってファンブル。それをLB”ニコ・コウトウヴァイズ”にカバーされ敵陣29ydからのO#を与えてしまう。
最悪・・(屮゜Д゜)屮

D#の健闘でFGに抑えるものの無用な失点は痛すぎる。
9-16

さらーに次のO#ではRB”ショーン・グリーン”が高めのパスを弾いて、OLB”ロブ・ニンコヴィッチ”がINT!
O#が全くノラない!!

INTから得たチャンスにブレイディが怒涛のノーハドルO#を連発。
ターンオーバーから得た流れに乗って、JETSが立て直す前に突き放す気だわ!

そして、ブレイディの思惑どうり、ノーハドルでガリガリ行かれて最後はまたもTE”ロブ・グロンコウスキー”へTDパスをヒット。
アカン!!点差が開くばかりだ( ̄Д ̄;
9-23

まだ2ポゼ差!サンチェスも負けじとペースを上げる。
TE”ダスティン・ケラー”へロングパスを通して敵陣18yd。最後は敵陣7ydからWR”プラクシコ・バレス”へパスを通して
TD━━━(∩・ω・)∩━━∩(・ω・∩)━━━!!!!
1ポゼ差で残り14分。イケる!!
16-23

だーーーがしかし、またもブレイディのノーハドルを止められない!!
ランとパスで小刻みに時間を使われながら持っていかれ、7分近く時間を使われた挙句にWR”ディオン・ブランチ”へのTDパスを許してしまう。
さすがタイムコントロールの達人だわ。。と感心してる場合じゃねぇよ(;´Д`)ノ
16-30

残り8分で2ポゼッション差!!ここからが真骨頂だ!さぁ火を噴け!サンチェスドライブ!!!
・・と思ったら、自陣10ydでRB”ラデイニアン・トムリンソン”へのショートパスを完全に読まれて、またもOLB”ロブ・ニンコヴィッチ”がINT!
そのままリターンTD。これはトドメだな。(-_-メ
16-37

この後の展開は書くまでもなく、もがくものの4thDownにも失敗してダブルスコアで、はいおしまい(TωT)

2011年11月14日 @メットライフ・スタジアム

1Q 2Q 3Q 4Q OT total
ペイトリオッツペイトリオッツ (6-3-0) 6 7 10 14 37
ジェッツジェッツ (5-4-0) 0 9 0 7 16

→Stats

▼総評
戦力がどんだけ削られようが「誰?」みたいなのがワンサカ出てきて活躍するのがパッツです。
そんな事は長いこと見てたら知ってます。しかし、こんだけ主力を抜いた状態で負けるのは相当ショックです。

試合を決めた伏兵1はパッツで今日4.5サックもマークしたDE”アンドレ・カーター”。プロボウルTのファーガソンがこれだけ抜かれるのを見た事がない。
ショーン・エリス同様にレッド・スキンズから引っ張って来たベテランですが、ここにきて爆発するとは予想外です。

そして伏兵2は2INT1リターンTDを決めたOLB”ロブ・ニンコヴィッチ”。こやつが流れを切る絶妙なタイミングでINTし、最後のINTでJETSファンの半分以上を帰宅させたでしょう。

伏兵3はオチョ。序盤に2レシーブしかしてないですが、序盤でロングゲインを見せた事に非常に意味があります。
JETSのD#はオチョを全く計算に無かったのか、オチョが活躍すると誰が誰をカバーすべきか分からなくなり、混乱を招きます。

とは言っても37失点ですけど、パスカバーは優秀でした。リーヴィスはウェルカーに張り付き仕事をさせない。
ランもグリーンエリスに8ydしか走らせず、一番走ったウッドヘッドでも38ydですランD#は完璧。だが局地戦で能力を発揮する巨人TE”ロブ・グロンコウスキー”は止められず113ydと2TDを許します。

カバーは頑張ったんですけど、パスラッシュがほとんどブレイディに届かなかったのは痛かったですね。
セーフティーは奪うものの結果0サックです。DBを6人、7人と多くしてスピードとカバー重視の守備を敷きますが、OLを抜けずプレッシャー不足。
ブレイディ相手にあんなに時間を与えたらダメでしょ。先週のフィッツとはレベルがちゃいます。

だが、敗戦の理由はなんと言ってもO#とST。
まず最初の好ドライブの挙句の24ydFG失敗で一気にモメンタムを掴み損ねます。今シーズンは50yd以下なら全部決めてきたフォークが、バクチキッカーぶりをここで発揮するとは思ってもいませんでした。
何かいつもの出だしと逆で、好ドライブを見せた1stドライブが無得点に終わった事で、リズムが崩れて後のドライブはサンチェスのボールの保持時間が長くなりサックを喰らいます。

というか、経験値の低いDB陣なので、強引にもっと奥に投げ込んでも良かったんじゃないかと思いました。
あとランが出ててる所はランでもっと執拗に攻め立てて欲しかったし、自分が思っている逆のプレーコールが多く工夫が無い。ショッテンハイマーを疑います。

あと最近思ったのが、RB”ショーン・グリーン”はカットが上手くなり器用になった分だけ、体を丸めて強引に突き抜けるシーンがなくなりました。
弾丸となって足腰のパワーで強引に2,3yd稼ぐスタイルが好きだったのに、器用になった分だけ退化したように見えます。

かつてのRB”トーマス・ジョーンズ”は強引な突進が武器で、エンドゾーン手前で彼にゴリゴリやられたら誰も止めれない決め手がありました。
何度突進しても直ぐに立ち上がりセットするタフぶりは、まさに人間削岩機。しかし、今のランにはそれがありません。
グリーンにはジョーンズの代わりを期待していたはずなのに、何か中途半端なRBになってしまったのが残念です。

で、マクナイトのパント処理ミス。サンチェスの2INTターンオーバーから全て失点してます。
そりゃターンオーバーして予想外にD#の出番が早まった挙句にノーハドルで攻められたら、D#もリズム崩れますし疲労します。
毎度ながらパッツに肩を並べたと思った瞬間に、その底の深さを思い知らされます。

まだ1勝差とはいえ、これでパッツに勝率で並んでも下になるので首位を取るには単独首位を取らなくてはならない非常に厳しい事態になりました。
しかも今シーズンのワイルドカード争いは非常に厳しそうです。残り6試合、全勝するつもりで行かねばPOには届かないでしょう。

:本日のサンチェスはパス20/39回306yd獲得1TD2INT、1TDラン。
最初のドライブで3点でも取ってりゃ流れは違ってたのでしょうが、フォークの簡単なFG失敗で、モメンタム低下。
キングボンビーに匹敵する恐怖を持つ、「バクチキッカー」が帰ってきましたよ。


今日はコントロールがいまひとつで、ボールの保持時間も長くサックを喰らいます。
そして、背後を守るハズのファーガソンが珍しくあれだけ抜かれたのはショックでした。


対するブレイディはパス26/39回329yd獲得3TD。
前半は抑えるもののターンオーバーから得たチャンスを逃さず、JETSを攻め立てます。
コントロールのみならず、勝負どころを見抜く経験値と洞察力も強さの1つです。

パッツは未だ沈まぬ太陽だということを思い知らされました。

  1. ヨンチェス より:

    残念です。
    まだランで行けるだろうと言うシーンが何度も有りましたね。少しプレーコールにも問題あったように僕も感じました。
    ファーガソンの所からあんだけ来られるのも、確かにあんまり見ないですよね…。
    残り全勝しなけりゃマズイ!!

    1. JETS狂 より:

      ん~、なんなんですかね。あの消化不良のO#わ。終始ずっと違和感がありました。
      下馬評で不利だと言われると開き直って力を発揮し、有利だと言われると逆に浮き足立つんでしょうか。
      D#はパッツO#相手によく頑張ったんですが、O#が乗らないどころか、ターンオーバー繰り返すとさすがに崩れます。

      負けちゃイカンところで負けて、POが一気に遠のいた気分です。
      まぁライアンも言ってますが近年、「絶望的だ」と言っといた方がPOに行けるので、今はいっぱい絶望しておきましょうw。

  2. Pats好き より:

    試合の分析,興味深く読ませていただきました.試合前,現在のポジション別戦力を分析すると,明らかにJetsに分があるポジションが多いと思っていました.ところが試合内容を見ると,さらにけがのために,(こいつ誰だ?)というD#選手ばかりになったにもかかわらず,最近にはみられなかった安定した戦いになりました.逆に特徴の分からないD#となり,Jestとしては攻めあぐねたのかなと感じました.
    Jetsサイドを見ると,プレキシコバーレスの勝負強さは健在だし,DBはきっちり仕事するし,タレントが多くてうらやましいなと思うくらいなんですが,昨日はサンチェスおよび周辺が肝だったでしょうか.
    それにしても今年はpats含め,各チームでTEの活躍が目立っている気がします.
    豊富なタレントをいかに生かす戦略を作れるか,今後もライバルJetsの戦いぶりを楽しく見たいと思います.

    1. JETS狂 より:

      パッツは主力が抜けると、突如ダークホースが現れるぐらい分かってました。ブレイディさえいなくなっも、キャッセルが出てきましたから。
      コルツとは違い、組織力と育成能力の高さにはまいります。
      D#はブレイディ相手に健闘したんですけど、O#と自慢のSTがダメダメでした。

      まぁ過去にパッツが絶対有利と言われた試合もJETSが勝ちましたし、こういうのはお互い様なんでしょう。
      これだからアメリカンフットボールは面白いんでしょうね。

  3. ぷんじん より:

    アレ?負けちゃいましたね、きっと○×の並びがちょっとずれただけですから、今年はPOで勝つんですよ。きっとCCで。
    残り全焼すれば12勝4敗ですもん。(…虚しく響くな…)。

    1. JETS狂 より:

      そうです。またもプレーオフでリベンジフラグが立ったと考えましょう。
      プレーオフに出場できたらの話ですが・・・・
      コルツ低迷もあり、首位が独走している地区が無いので、星が割れてプレーオフ出場ラインが高くなりそうですね。

      残り全部勝っても12勝・・・・。むぅ・・・・(-。-;)

  4. tikushima より:

    いつも予想外の試合をするジェッツなので予想通りだった…と言えなくもないですが、悔しいですね。
    敗因はたくさんあると思いますが、キャッチミス、キックミスなど大一番でやってはいけないプレーも出てしまいましたし。連敗して主力が欠けても立て直して来るパッツも予想通りでしたが、ジェッツの自滅な部分も多かった気もしました。
    プレーコールも?でしたが、前半終了間際1:24でのタイムアウトも逆転を許した原因の一つですね。1:20でTD獲ってくるパッツもさすがですが。地力地区優勝がなくなったのはもちろん、パッツは残り全勝でもおかしくない対戦相手ですね。ジェッツも予想外の残り全勝を期待しましょう。

    1. JETS狂 より:

      自慢のSTは時々、崩壊するのですがこの試合で崩壊しなくても・・・・。
      唯一の希望はD#です。ターンオーバー連発とノーハドル連射で崩れましたが、今回もよくやりました。
      この安定感さえあれば、立て直しは十分に期待できます。

      さらにパッツも格下に不覚を取るケースはあるので、それにも期待です。
      (それにしても、開幕前はパッツに土をつける期待をしていたコルツがこんな状態とは・・・)

  5. ダイスケ より:

    スタジアムで生観戦してまいりました。さすが宿敵ニューイングランド相手だけあって異常な盛り上がりでした。とにかくガラが悪い。ブレイディをジャージを着た勇気あるパッツファンも少数来場してましたが、周囲のジェッツファンから容赦ない罵声(F●ck yo●!の類)を浴びせられてましたね。アメリカ人は品位がなさ過ぎます。周囲のジェッツファンと口論(場合によってはつかみ合い)になって係員に無理やり席を移動させられる可哀想なパッツファンもそこらじゅうにおり(少なくとも5件以上そういった騒動を目撃)、アメフト観戦は危険が一杯です。
    が、試合進行とともにジェッツファンの罵声はサンチェスに向けられるように・・・。「下手くそ!」「てめぇはクビだ!」といったヤジが後半から激しくなり、第四クォーターにパッツが30点をとったあたりにはなんと観客が半数以上も帰ってしまいました。アメリカ人のファンはシビアですな。まあ、あまりにガラガラとなったおかげで3階席(フォーメーションがとても見やすいのですがやはり選手から遠い)→グランドから数メートル程度のVIP席に移動しても係員は見て見ぬふり。残り者には福があるものです。フライトクルー、間近でみると可愛かったぁ~。
    試合が盛り上がっているときは、ファーストダウン更新時には場内アナウンスに合せてスタジアム全員で腕を前方に振りながらFirst Down!と掛け声をかけたり、ファイヤーマン・エドの音頭でJ-e-t-s, Jets! Jets! Jet!と叫んだりするのですが、あまりに客が減ってしまったためにそれもなくなってしまい、場内アナウンスが粛々とプレーコールするのみ。お通夜のような雰囲気でしたね。
    しかし、パッツのノーハドルには恐れ入りましたよ。ジェッツのD#の準備が整う前にガンガン試合を進めてあれよあれよとエンドゾーン目の前まで進軍してしまいます。完全に組織として力負け。
    試合前の入場で如実に現れてましたが、一番ファンから愛されてるのは圧倒的にリービス。彼の入場時はスタジアムが揺れます。マクナイトも売り出し中ってことで結構な歓声を浴びてましたが、今回のポカですべてパーになった気がしなくもありません。

    1. JETS狂 より:

      生観戦お疲れ様です。貴重な現地リポートありがとうございます!
      NFL倶楽部のオードリー春日のようにスタジオから「ダイスケさ~~ん」と呼びたい気分です。
      (日本にいないと分からないネタ)
      やっぱ因縁対決のスタジアムは危険地帯ですね。巨人のユニフォーム着て甲子園の一塁側に座る以上の勇気がいりそう。
      テレビで見てても終盤のスタジアムの寂しさは伝わってまいりました。まぁ負け試合でも、直ぐ近くの席に移動できるメリットがあるということで。

      こっからは前半に比べりゃ楽そうなスケジュールなので、全勝に期待しましょう。
      それにしても、うらやましすぎる。ああ、死ぬまでに行ってみたいメットライフ・・・・・

  6. ダイスケ より:

    早速に有難うございます。
    実は12月のカンザスシティーとの試合もスタジアム観戦という幸運に恵まれてしまいました。NFLで1シーズンに2試合も生観戦なんて野球のメジャーリーグでいえばホーム20試合以上見に行っている「こいつちょっとヤバくない?」と周囲から白い目で見られる熱狂的なファン並みですが(家内からも白い目でみられます)、おそらくめちゃくちゃ盛り上がってる時期でしょうし、まあ、寒い中頑張って応援してきたいと思います。寒さ対策にUGGのブーツを購入しましたが、当地ではブレイディが広告モデルってのが皮肉です。

    1. JETS狂 より:

      む~~チーフス戦まで。順調にいけばワイルドカード争いでめっちゃ盛り上がってる時期でしょう。
      こんだけブログを書いてる私にNFL JAPANは現地リポートに行かせてくれんかな。(ムリ)

      寒いし、盛り上がっているので、お体には気をつけて。
      ブーツがブレイディだろうが、保険はメットライフに入っておけば大丈夫です!!

  7. グリブリ より:

    かなりキビシくなりましたね。オープニングドライブはラン、パス、バランス良く攻めれたので今日はイケるかなと思ったんですが、フォークのFG失敗も痛いですけど、あそこでTDとらなきゃダメだと思います。
    最近のジェッツはロングドライブできる力はあると思うんですよ。結果論になってしまいますが、プレイコールにはかなり疑問を感じてます。ハア? 何でここでまたパス? ラッシュ出てるのに? 3回パス投げて終わり? てな感じで観てました。サンチェスもよく解らないQBですが、ショッテンハイマーも理解し難いです。

    なんだかグチばかりになってしまいました… ただこの試合だけは勝ってほしかったです。

    1. JETS狂 より:

      やはり皆さん思うことは同じで、違和感のある内容でしたね。
      弱っていると思っていたパッツのD#が予想以上に堅かったのもありますが、普段の力を出せず自滅に近い内容でした。
      近年、ホームではパッツに勝利してPOに進出しているだけにパッツに2敗は厳しい。
      悔やむまもなくブロンコス戦は目の前。この敗戦を引きずらず2連敗だけは阻止してほしいところです。

  8. カゲ より:

    今回は勝てると思ったのですが、、、
    パッツはやはり違いますね~
    べリチック恐るべしです。

    1. JETS狂 より:

      「勝てる!」と騒ぐと負けちゃいますね。
      事前に不安材料が出るほど、そこから策を立てやすく相手もハマりやすいのでしょうか。
      一応、私も「でも、油断するな!」と記事に付けくわえているのですが、やっぱり事前に有利な情報が多いと浮かれちゃいます。
      次回からポーカーフェイスを気取ることにしましょ。(-_-メ(

コメントを残す