Divisional Playoffs2:ブロンコス vs ペイトリオッツ

神の逆鱗

ワイルドカードでAFCを牛耳る強豪の一角、スティーラーズを倒し光が見えたブロンコス。
次の相手も強豪ペイトリオッツだが、昨シーズンはレギュラーシーズンでパッツにボロ負けしたJETSがプレーオフで勝利しているという事実がチームを後押しする。

それにQB”ティム・ティーボウ”には神のご加護がついている!!この勝負!もらった!!
興奮冷めやらぬセインツvs49ersの試合終了と同時に、こちらの試合がキックオフ!!!
燃えろ小宇宙(コスモ)!!奇跡を起こせ~~!!

[SPONSORED LINK]

なんやかんやで・・・
10-45 (;´Д`)ノ

2012年01月15日 @ジレット・スタジアム

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
ブロンコスブロンコス (8-8-0) 0 7 3 0   10
ペイトリオッツペイトリオッツ (13-3-0) 14 21 7 3   45

Stats

▼総評
プレビュー記事に書いたとおり、昨シーズンより確実にパワーアップしている巨人TE”ロブ・グロンコウスキー”を止める術は無し。
ブロックに参加しつつ、ブレイディが投げあぐねるとセーフティーバルブ(QBが奥のレシーバーに投げれない時に、とりあえず近く投げる保険の人)に変化するのですが、そこからパワーで強引に1stDownを更新が可能。
レシーブした後に目の前にいるDBを、世紀末覇者ラオウの如く片手でなぎ払うシーンにはビビリました。(;´Д`)ノ

レシーバーとしても優秀で、ブレイディのどんな光速パスにも対応し全く落球しません。おそるべきコンビネーションです。
ちゅうかブレイディは何なんだ?投げるスピード早くなってないかい?はっきり言ってティーボウのパスがスローに見えます。

グロンコ以外にも巨人2匹目”アーロン・ヘルナンデス”に、対象的な小人コンビ”ウェルカー”と”ウッドヘッド”。さらにかつてブレイディとSBを制覇した”ブランチ”も活躍。
ブレイディを守るパスプロも見事で、ブロンコスD#に仕事をさせません。

D#が強いハズのブロンコスは前半で7-35と圧倒的に蹂躙され、その後も全くO#が機能せずに終わります。

ペイトリオッツD#のティーボウ封じは完璧でした。ブリッツまがいに、とりあえず外へ逃げるレーンをふさいで、ティーボウ得意の展開にさせません。
なおかつ、スティーラーズがやられたロングパスも後方をがっちり固めて、封じます。

どんなに点差が離れても、ティーボウはノーハドルショットガンで時間を節約しながらO#する事が出来ず、ランから組み立てるしかない弱点がモロに出る。
さすがの神の子も、まるでお釈迦様の手の上で転がされてるようにベリチック(この日は別名「妖怪ねずみ男」)にいいようにヤラレました。
(←妖怪ねずみ男 の図)

最後の方で3rdDownでブレイディがパントを蹴るシーンがあるのですが、ブロンコスのルーキーDE”ボン・ミラー”が何も出来ない悔しさのあまりなのか、冷静さを失いサイドラインで大乱闘が起きました。
そのぐらい両者の力に開きがあった試合でした。
うーん、こんな展開になるならパッツvsスティーラーズの方が見たかったなぁ。 ∑(゜ Д゜)

:本日のブレイディはパス26/34回363yd6TD1INT。
ポストシーズン7TDという新記録には全くこだわらず試合を終わらせました。その目にはSB制覇しか見えてないでしょう。
グロンコウスキーはレシーブ145yd3TDという、相変わらずTEらしからぬ成績。
昨シーズン、JETSが倒した時は「ドスッドスッ!」って重さがあったのですが、今シーズンは動きがシャープでダイビングレシーブTDも見せます。
動ける巨人に死角なしです。

:さすがの神の子も神には勝てない。
本日の成績はパス9/26回136yd0TD,0INT。1ファンブルロスト。
得意のランも僅か13yd。ペイトリオッツのティーボウ封じは完璧でした。
この経験を糧に来シーズンの成長に期待しましょう。

  1. YM5 より:

    まずはお帰りなさい。

    いやー……リアルタイムでは見てなかったものの凄かったですね。

    どちらが勝ってもいい試合でしたが、BALでもHOUでもいいから勝ってくれ!

    1. JETS狂 より:

      リアルタイムでNEの対戦相手は一昨年のDPの再戦となるBALになりました。これも非常に楽しみです。
      まぁ、あのO#を見る限りNEがSB行きでしょうかね。

  2. kt より:

    いや凄い試合だった。もう一回観ようとは思わないですがw
    キッチリ分解されてた感じですねブロンコスは。
    NEには、こいつらには負ける訳ない。みたいな自負のようなものも感じられました。
    恐るべきは灰色の悪魔ベリチックでしょうか。
    そしてこのまま出番なくスーパーボウルリングを手にしてしまったりした日には。
    オチョシンコは発狂してしまいそうです。色んな意味で。

    今シーズンも後僅か。最後の最後まで楽しみきりましょう。
    次の試合は49ersを応援する。本気で応援する。相手の方が詳しいけど。悔しいので。

    更新お疲れ様でした。

    1. JETS狂 より:

      もろに実力が出ちゃいましたね。ペイトリオッツもプライドに賭けて徹底的に潰しに行った感じでした。
      NEがSBを制覇したら、オチョもリングもらえるのですが、主戦力以外でもらってもやっぱ嬉しいもんですかね。(もらわないよりマシでしょうが)
      DENでは使うところが無かったオチョも次の試合では活躍することを祈っております。

  3. ダイスケ より:

    ここまでケチョンケチョンにブロンコスがやられるとは思いませんでしたね。ペイトリオッツ、容赦ないです。
    試合中、ベリチックがタイムアウトを取ろうとするのにブレイディが断ってノーハドルでガンガン試合を進めちゃうのが印象的でした。ハーフタイム中の修正力もすごいですが、その場でなんとかしてしまう現場のまとまりがハンパないですね。
    個々の能力も十分ですが、ロッカールームでいがみ合ってるどこぞのチームと違って、今のペイトリオッツは組織全体としての力がちょっと次元が違う気がします。

    1. JETS狂 より:

      オチョも他とは違うチームだと言ってましたね。
      常勝軍団のプライドを全員が維持し続け、選手が抜けても常にダークホースが現れ補ってしまう。もはや一部上場企業です。
      崩れぬ統率力はハンパないですね。
      本当にロッカールームでいがみあってばかりのライバルでNY在住で緑のどこぞのチームにツメの垢を飲ましてやりたいです。。。

コメントを残す