HOME > 検証「アイシールド21」 > 光速の世界とは?
2008年1月18日

光速の世界とは?

40ヤード走4.2秒の謎

主人公「小早川セナ」は40ヤード走4.2秒で走り、これは触れもしない光速のスピードだと、マンガの中では主張しています。では、40ヤード走4.2秒とはどれほどの速さなのか?

[SPONSORED LINK]


まず、40ヤードとはどのくらいの距離なのかですが、1ヤードは0.91440183メートルなので、40ヤードとは約36.6メートルになります。

これを分かりやすく50m走のタイムに直すと5.73秒、100mならば単純に倍の11.46秒ですが、スピードに乗るまでが一番時間がかかりますので、40ヤード4.2秒というのは相当早いタイムだということが分かります。
(参考としてイチローは全盛期で50m=5.7 ~ 5.9だそうです。)
これをNFLで比較すると、どのレベルのスピードなのか英語版wikipedia「40-yard dash」をかなり要約すると・・

報告されている最速記録では
・ダリル・グレーンが4.12秒で最も早いと言われている。(非公式で4.09)
・ディオン・サンダース(元ファルコンズのCBでNFLとMLBの両方に出場し、スーパーボールとワールドシリーズ両方に出場した唯一の人物)は4.17秒という記録を残しているそうです。

現役の最速はファルコンズのCB、D・ホールが4.15秒。
続いて、ペイトリオッツのWR、ランディ・モスが4.25秒。
セインツのレジー・ブッシュが4.33秒。
QBならマイケル・ヴィック(闘犬問題で今シーズンは不在)は4.3秒だそうです。

以上の事から、40ヤード4.2秒というタイムはプロの最速です。まさにフィールド上では誰も追いつけません。
しかし、wikipediaの記述にこうもあります。

[多くのアナリストは40ヤード走のタイムは実際の実力と関連性が無いとあります。
なぜなら、ほとんどのプレーヤーがこの距離をゲームで全速力で走る事がめったにない。むしろ相手に早いスピードに見せるかの方が(俊敏性の事でしょうかね。)重要。
例えば、数々の記録を打ち立てた名WR「ジェリー・ライス」も4.7秒(平凡なWRレベル)だった。
その他の例を挙げても40ヤード走自慢の選手はあまり、活躍していない。]

なにわともあれ4.2秒はフィールド上では光速です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. hiro より:

    いや、セナの場合は話が違います。彼は曲がるときの減速はほぼゼロです。40ヤード4.2とか4.3だとかのスピードで敵を抜けます。驚異的な敏捷性の持ち主です。さらにトップスピードにも一瞬で達してしまう程の加速力の持ち主です。
    さらにそれに加え彼には通れそうなルートが見えるようです。しかもそれを即決できる判断力もあります。
    これらの点から考えても、彼はスピード自慢の他の選手たちからは一線を画すような類稀なる才能の持ち主だと思うのですが、どうでしょうか。

  2. JETS狂 より:

    今回はあくまで40ヤード走に関してだけの調査ですが、実際に40ヤード走が4.2秒で、曲がる時に減速が無く、一瞬でトップスピードに乗れる選手がスカウトコンバインに参加したら、スカウトが殺到しそうですね(^_^;)。
    セナの20ヤードシャトルや3コーンドリルの成績も気になります。

  3. eye より:

    answer is it’s manga!!

  4. ちいさいおおかみ より:

    初次見面。
    セナがアイシールドを着けた最大の理由が、「その俊足だ(あし)と他の部からも引く手数多だからな。」とでも云っておきましょうか?こんな理由をヒル魔がつけていた記憶があります。ですから、アイシールド21にセナがなった理由は部存続の為の他部からのスカウト逃れが一つの理由だった筈です。…でも実際はアイシールドの正体暴露した後のセナは、部活の助っ人、他部は悉く断られたんですよね。恐らくアメフトに特化してしまったからでしょう。陸上の走法とアメフトの走法が違うから陸上部短距離走では使えなかった(陸上部の俊足スプリンターが例えば野球で使えるかと云うとそうではないのと同じです。)のでしょうね。勿論長距離走は論外ですね。持久力の使い方が違い過ぎますから。

コメントを残す

CAPTCHA


Top