今週のAFC東:Week10

れぞ牛O#
シーホークスにボコボコにされながらも、プレーオフを狙うなら、なんとしてもAFC東を泥沼の混戦に持ち込みたいところ。
期待できないながらもパッツvsビルズには、ビルズ勝利を願うばかりです。

序盤は「やっぱりビルズだね」という展開なのでしたが、徐々にビルズに火がついて、思わぬ展開となります。

では、今週のAFC東はどない?

[SPONSORED LINK]

 

▼メイビンをカット!!、RB”カリル・ベル”(Kahlil Bell)と契約
ひとまずJETSのニュースから。
昨シーズンはチーム1のサック数を誇ったDE”アーロン・メイビン”がカットされました。
原因は今シーズンは8試合で1タックルのみという低調ぶりだったこと。
オフの間は筋トレにはげんでパワーアップしたつもりが、逆に良さであるスピードが死んでしまったのか?
さよならメイビン、君の事は忘れない。

 

さて、メイビンで空いた枠を使ってRB”カリル・ベル”と契約しました。
彼は元ベアーズで2年+2012年の9月まで所属しており今年2試合に出場しておりました。

火曜に元テキサンズの”Steve Slaton”とワークアウトを行い、ベルが勝利して契約したとの事です。

彼は現在25歳で、ベアーズ時代は22試合に出場しトータル589yd、平均4.5ydの成績。

ベアーズからきたRBというだけで”トーマス・ジョーンズ”を連想してしまい、彼がJETSの低迷したランO#に一石投じる事に期待です。

 

おまけでニュースでCB”アイゼイア・トゥルファント”(Isaiah Trufant)が膝の負傷でIR入りしました。
「トゥルファント」と聞くと、シーホークスの”マーカス・トゥルファント”を連想してしまいますが、なんと彼と兄弟だったんですね~。

それにしても、なんでこんなにケガ人が多いのか。。。

 

▼ペイトリオッツ 37-31 ビルズ
とにかくビルズは反則連発。せっかく進んだ分をO#反則3連発で帳消しにしたり、パスインターフェアランス連発で、パッツにチャンスを与えたり散々。

パッツはウッドヘッドの「そんなスキ間を抜けるのかい」というようなTDランで2ポゼッション差に開き、このままパッツの蹂躙コースかと思われた。

しかしビルズの”C.J・スピラー”&”フレッド・ジャクソン”のタイプの異なる2大RBが爆発。
二人とも止められたと思った瞬間に、ルートを変えたり、タックルを切ったりして、ビッグゲインにつなげてパッツD#を追い込みます。

第4Qに”フレッド・ジャクソン”がエンドゾーンまであと1ydというところで痛恨のファンブルロストをするものの、D#も奮闘してすぐにO#を取り返し、TDに結びつけて追いすがる。

残り2:06、37-31と1TDでひっくり返るビルズ最後のO#は、敵陣15ydまで進み、勢いからしてパッツに逆転勝利をするかというシーンに!!
しっかし、エンドゾーンでCB”デビン・マッコーティー”にサッとINTされて、試合終了。。ビルズがあと1歩及ばず、パッツに惜敗です。

スピラー&フレッド・ジャクソン vs リドリー&ウッドヘッド の構図で両者のRBが決めてとなった内容でした。昨シーズンはパスO#が重視されましたが、今シーズンはランが重要である事はいうまでもありません。

特にビルズのスピラーが成長著しいですね。目の前のルートが塞がっても、そこから活路を見いだしてゲインにつなげる冷静さがあります。

猪突猛進しか脳がないグリーンも見習って欲しいものです。

 

▼ドルフィンズ 3-37 タイタンズ
なんとも意外すぎる結果。先週、ベアーズにボコられたタイタンズがイルカをボコっております。

今週から復帰したタイタンズQB”ジェイク・ロッカー”はパス9/21回122yd獲得と低調ながら2TDと勝利に貢献。ステップバックで自分でずっこけながらも、逆にそこからスクランブルでビッグゲインを見せる変な活躍もみせました。

RB”クリス・ジョンソン”も相変わらずの瞬発力にモノを言わせた無茶苦茶なランで126yd1TDの活躍。

逆にイルカはタネヒルが3INTの大乱調、かつブッシュがファンブルロストと全くO#が機能せずイルカ大敗です。

 

▼AFC東
1位:ペイトリオッツ 6勝
2位:ドルフィンズ 4勝
3位:ジェッツ 3勝
4位:ビルズ 3勝
→パッツが1勝伸ばして、いつもどうりの独走に入ろうとしています。
仮にWeek12の直接対決に勝利したとしても、厳しすぎる状況となってきました。

 

▼Week11
・ドルフィンズ vs ビルズ
木曜(日本時間・金曜)の試合はイルカと牛の直接対決。
イルカとしては連敗脱出&パッツを追いかけるためにも、なんとしても勝ちたい試合です。

 

・ジェッツ vs ラムズ
とうとう元OC”ショッテン・ハイマー”(おまけでQBクレメンス)のラムズと対決。
JETSがボコられた49ersと引き分けた相手ですので、今の戦力なよなよのJETSにとっては苦戦するでしょう。
うーん、開幕前の計算ではこんなハズじゃ無かったのに、なんでNFC西が急に強くなるのよ?

 

・ペイトリオッツ vs コルツ
これは注目の大試合。神vs天才 の注目のQB対決です。
好調コルツのラック君には、ぜひともブレイディにギャフンと言わせて欲しいものですな。

  1. Yuki Matsuda より:

    早速登録させていただきました……って、コメントするだけならブログと同じですね。

    僕もどうしようか手探りですが、取り敢えずご挨拶だけさせていただきました。

    松田雄喜 a.k.a YM5

  2. ありがとうございます。さっそく、こちらにコメントもらったらどうしようかという、弱点が発覚しました。ブログとFacebookの二刀流は、もしかして自滅かもしれませんねw。

  3. ブーマー より:

    こんにちは。
    ビルズってオフェンス、ディフェンス役者が揃っているのに
    中々浮上できない理由は、多分、いや、間違いなく、
    QBフィッツパッツでしょう。って、いうか、大体どこのチームも
    浮沈の鍵はQBが担っているのだが。
    明らかに彼はサンチェズより総じて能力が高いと
    思うのだが、クラッチシチュエーションでヘタレに変わる。
    これはロモにもリバースにも、そしてスタッフォードにも
    同様なことが言えるとおもう。
    イーライは前半ダメでも要所でモメンタムを奪い返す
    プレーができる。だからは俺はエリートQBだとおもうのだが。

    サンチェズも恥ずかしながらwクラッチパフォーマーだと信じていたのだが
    最近はその幻想すら崩壊している。

    NFLの先発QBに能力の低い者は存在せず、
    みんな当然必要な能力は擁しているが、
    NFLレベルにおいてクラッチQBは決して多くない。

    最後にSFファンの多くは否定的だが、
    アスミスは俺の中ではクラッチQBだわ。
    そしてティーボウにここからシーズン後半にかけて
    昨年のようなクラッチぶりを発揮して欲しい。

    1. JETS狂 より:

      イーライが4年目でSB制覇するまでは、サンチェスと同じような成績。で、サンチェスが4年目なのでイーライと同じ軌跡をたどるかと思いきや、この有様です。
      チーム状態が悪すぎるのも一因なのですが、やはり判断の遅さが目に付きますね。
      デビューと2年目の彼は、要所でヒートアップして、難しいパスを連続して通す爆発力がありましたが、今シーズンはそれも無く、何が彼の良さだったか分からなくなりました。

      もはやPO進出は夢だとしても、せめて最後まで見せるシーズンにするべく、ここから立ち直って欲しいです。
      (GAME PASS買ってるんだし。。)

  4. ぱたぱたぱた より:

    お、おお~…やっぱり試合観た直後にココに来て正解^^;
    猛牛さんのスピ&ジャクコンビは侮れなかった…
    A東をオモロくする要素としては充分。
    今日あったTNFでどう活躍したのかは未チェックですが^^;

    「神vs天才 の注目のQB対決」とWeek11のIND@NEを飾っておられますが、
    少し前のトップの画像ネタでの「SB3回制覇してるのになぜ天才と呼ばれない!!」とつぶやくブレイディを思い出しました^^;
    ネズミ男ネタのやつは、背景に鬼○郎・目○親父が欲しくなりますね^^;

    1. JETS狂 より:

      リンチが去っても、やはり猛牛2匹が出現です。スピラーはファンブルしなくなったし、成長っぷりが羨ましいですよ。
      過去のトップ画像ネタで、ブレイディの「SB3回制覇してるのになぜ天才と呼ばれない!!」ってありましたねw。ブレイディの場合ドラ6の苦労人のにおいがしますから天才って印象は受けないです。
      そして、今、TOPに使っているベリチックのT画像を始めて見たとき衝撃を受けました。カッコよくしたいのかイジられたいのか、製作者の意図が謎ですよw。

  5. こんにちは。
    ビルズってオフェンス、ディフェンス役者が揃っているのに
    中々浮上できない理由は、多分、いや、間違いなく、
    QBフィッツパッツでしょう。って、いうか、大体どこのチームも
    浮沈の鍵はQBが担っているのだが。
    明らかに彼はサンチェズより総じて能力が高いと
    思うのだが、クラッチシチュエーションでヘタレに変わる。
    これはロモにもリバースにも、そしてスタッフォードにも
    同様なことが言えるとおもう。
    イーライは前半ダメでも要所でモメンタムを奪い返す
    プレーができる。だからは俺はエリートQBだとおもうのだが。

    サンチェズも恥ずかしながらwクラッチパフォーマーだと信じていたのだが
    最近はその幻想すら崩壊している。

    NFLの先発QBに能力の低い者は存在せず、
    みんな当然必要な能力は擁しているが、
    NFLレベルにおいてクラッチQBは決して多くない。

    最後にSFファンの多くは否定的だが、
    アスミスは俺の中ではクラッチQBだわ。
    そしてティーボウにここからシーズン後半にかけて
    昨年のようなクラッチぶりを発揮して欲しい。

  6. イーライが4年目でSB制覇するまでは、サンチェスと同じような成績。で、サンチェスが4年目なのでイーライと同じ軌跡をたどるかと思いきや、この有様です。
    チーム状態が悪すぎるのも一因なのですが、やはり判断の遅さが目に付きますね。
    デビューと2年目の彼は、要所でヒートアップして、難しいパスを連続して通す爆発力がありましたが、今シーズンはそれも無く、何が彼の良さだったか分からなくなりました。

    もはやPO進出は夢だとしても、せめて最後まで見せるシーズンにするべく、ここから立ち直って欲しいです。
    (GAME PASS買ってるんだし。。)

  7. お、おお~…やっぱり試合観た直後にココに来て正解^^;
    猛牛さんのスピ&ジャクコンビは侮れなかった…
    A東をオモロくする要素としては充分。
    今日あったTNFでどう活躍したのかは未チェックですが^^;

    「神vs天才 の注目のQB対決」とWeek11のIND@NEを飾っておられますが、
    少し前のトップの画像ネタでの「SB3回制覇してるのになぜ天才と呼ばれない!!」とつぶやくブレイディを思い出しました^^;
    ネズミ男ネタのやつは、背景に鬼○郎・目○親父が欲しくなりますね^^;

  8. リンチが去っても、やはり猛牛2匹が出現です。スピラーはファンブルしなくなったし、成長っぷりが羨ましいですよ。
    過去のトップ画像ネタで、ブレイディの「SB3回制覇してるのになぜ天才と呼ばれない!!」ってありましたねw。ブレイディの場合ドラ6の苦労人のにおいがしますから天才って印象は受けないです。
    そして、今、TOPに使っているベリチックのT画像を始めて見たとき衝撃を受けました。カッコよくしたいのかイジられたいのか、製作者の意図が謎ですよw。

コメントを残す