今週のクレメンス:Week10

Robert Mathis, Kellen Clemens

Robert Mathis, Kellen Clemens

天才をプチッとすり潰す

今週はプレビュー記事もレビュー記事も書かなくていいBYE WEEK。
そんな時こそ期待したい今週のクレメンスです。

 

いったいクレメンスは、AFC南の首位を走る天才”アンドリュー・ラック”様が率いるコルツ相手に、どう戦うのでしょうか?
「Week09は無かったじゃねーか」というツッコミはさておき、今週のクレメンスはどない?
[SPONSORED LINK]

 

▼ラムズ 38-8 コルツ

来たぜ!クレメンス!!(°∀°)b

あのコルツを相手に前半で圧倒的大差をつけて、コルツファンだらけのルーカス・オイルスタジアムでラック様を蹂躙してやりました。

 

・・と、いうか序盤からラックが明らかにおかしい。
顔色が何か悪いし口が半開き。オーバースローばっかりだし、エンドゾーンでINTされるし、最後のINTなんてLBに向かって、どストライクな直球を投げました。
体調でも悪かったのでしょうかね。

 

それより奮起したラムズD#陣。コルツ最初のドライブにて、ラックの背後から襲い掛かりファンブルロスト&”クリス・ロング”が拾ってTD!と、思わぬ形で先制。
後半にエンドゾーン付近に攻め込まれるも、エンドゾーンで鮮やかなINTを見せたり、ラックのスクランブルをエンドゾーンまで、あと1インチぐらいのギリギリのところで阻止してターンオーバーを奪う大活躍。

スクリーンへの反応も早く、とにかくD#がキレておりました。

 

そして、何よりも前半で圧倒的大差をつけた、我らがクレメンス率いるO#陣。
序盤はマシスにサックされまくり、エンドゾーン手前まで攻めたにも関わらず、エクスチェンジミスからファンブルロストするなど「哀れ!(T0T)!!」なクレメンスフットボールを見せるも、WR”タボン・オースティン”というルーキーが大爆発。

 

この、WR”タボン・オースティン”という選手は身長が173cmしかない上に細く、ハドルでも子供がいるかと思うぐらい小さいです。
しかし、その走法が素晴らしい。

まずパント・リターン・TDを決めるのですが、カットが小さいというか足をほとんど開かず、エンドゾーン際のギリギリの所をトップスピードでクイックイっと曲がり、一気に走り抜けます。

ラン・アフター・キャッチから一気にエンドゾーンまで行くシーンでも、大きなアクション無くブレーキかけずに、トップスピードでクイッと曲がるのでDBが反応できないシーンがありました。
軽い分、トップスピードに乗るのが異常に早いんでしょうね。そしてムダが無いカットでハイスピードで曲がられると捕まえるのは難しいでしょう。

 

クレメンスのロングパスをあわせて、彼は3TDと爆発したわけです。
JETSが拾った恩をアダで返しやがったコルツS”ラロン・ランドリー”にも一泡ふかせて、超気持ちいい。
(°∀°)b

 

そして、クレメンスは1ファンブルロストするものの、後は試合を壊さず勝利に貢献いたしました。
なんかクレメンスのおかげじゃなく、D#とオースティンの活躍で快勝したみたいですが、やはり中心はQB。偉大なるクレメンスの統率のおかげでしょう。

 

天才は凡人をプチっとすり潰しますが、その天才をプチっとすり潰すせるのはクレメンスのみ。
(未だにアイシールドネタ(´・ω・`))
NFLの不沈艦、狂犬クレメンスに次週も期待してしまいますなぁ!

 

Kellen Clemens:今週のクレメンスはパス9/16回、247yd、2TD、0INT。(1FUM-LOST)

「おいおい全然投げてないし、成功率半分じゃん!!」っというところはさて置き、コルツのホームで見事すぎる快勝を見せました。
相変わらず、何かスローが力が入ってギコちないし、コントロール悪いし、褒めるところは・・・ボール片手持ちの状態でマシスに背後からサックされても、ボールを離さない握力でしょうか。。

まぁロングパスTDも決めたし、とにかく大勝利に違いはなし。

現在ラムズは4勝ですが残り6戦を全勝すりゃあ、プレーオフも見えてくるか!?

 

Vontae Davis, Tavon Austin:真のMVPはこちらドラ1WR”タボン・オースティン”
マジで「子供?」と思うぐらい、か細い。

同じスモールサイズのWRウェルカーとは異なるタイプで、レシーブ能力よりボールを持った後の方が脅威でしょう。

彼がラムズのドラフト1巡選手とは、本当に人は見た目によりません。

  1. YM5 より:

    TwitterであのJETSファンがブログで派手にやってくれると話題にしてしまいましたが、ノリとはいえやるかどうか不透明だった今週のクレメンスを書いてくれと要求するような形になってしまってごめんなさい。(今更ながら謝罪)

    IND相手に爆勝したらクレメンスの週間MVPもあるかと思いましたが、まあこの数字ならないですね。

    しかし、大事なのは余計なミスをして試合を壊さない事なのでクレメンスは仕事をしたと評価すべきでしょう。

    そして、ショッテンハイマーがOCとしてNFLにいる限りクレメンスもセットでいられる、ある意味今後の保険を手に入れましたね。

    長くなりそうなので残りはFacebookで書きますね。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      JETSがBYE WEEkなのも手伝って試合を全部見て、マッハで書きました。
      しかしながら、モメンタムがずっとラムズに行きっぱなしな不思議な試合でしたね。
      ラックは次はがんばってね。

  2. Yuki Matsuda より:

    はっきり言ってNFLで大した実績を残していないクレメンスがまだ生き残っているのは、実績がないからこそマクナブみたいに変なプライドでチームを混乱させる事がないからでしょうね。

    曲がりなりにもベテランで長くやってるからショッテンハイマーの戦術は理解してるし、ブラッドフォードにベンチからもアドバイスが出来る。

    引退しても結構いいコーチになりそうな気がします、頑張れクレメンス!

  3. カゲ より:

    先走ってしまい 申し訳御座いません。
    クレメンスが先発で勝つなんて、うれしくなってしまったもので、、、、

    1. JETS狂 より:

      カゲさん>
      まさに全国推定1000万人のクレメンスファンが待ち望んでいた大勝でした!
      まぁ、ほぼクレメンスのおかげじゃない気がしますが、それでも先発QBとしてこの勝利はでかい。
      残り試合を全勝してブラッドフォードをトレードに追いやるのだ!行け!クレメンス!!
      (正直、次戦に期待してないですけど。)

  4. 正直、もはや運だけで業界にいる気がしますね。
    ショッテン・ハイマーとのコネあり、そしてケガしやすいブラッドフォードのおかげで先発経験が詰めるし、浮かず沈まずいい人生。
    もしもラムズが来年、ブラッドフォードを見限ってサンチェスと契約したら、もう笑いが止まりませんなw

コメントを残す