2013年12月31日放談:今年最後の珍プレーTD

おはようございます。
今年最後の放談の時間です。

シーズン最終戦は非常に見ごたえのある内容でした。JETSも勝利しましたし、満足です。

その最終戦で発生した珍プレーが面白いので、POSTします。

[SPONSORED LINK]

 


みなさんご存知かと思いますが、このプレー。
(デイリーモーションの広告がうざいですが)

→ロジャースが”ジュリアス・ペパーズ”に後ろからボールに手をかけられファンブル。
しかし、それがパスを投げようとした方向に飛んだので、フィールド上の全員がただのパス失敗と思い込んだわけです。

何気なく拾ったパッカーズWR”ジャレット・ボイキン”。ホイホイとボールに近づき最初にボールを落とすノンキな1シーンを見せます。

誰しもプレーは終了してると思い込んでしまってる空気に、ボイキンにこっそり近づくロジャース。
何やら話をしたあと、ぐるっと周りを見渡してから、ダッシュしてTD。その後のロジャースの両手をあげて喜ぶ姿がまたw。

この動画ではいろんな角度からリプレーされますが、2人以外は完全にオフっており、ファンブルを誘発したペパーズもTDに「なんでやねん!」って突っ込んでおります。

 

「疑わしきはボールを持って走れ」という格言がありますが、全員が完全に油断していましたし、ボイキンが初めから必至にカバーしてたらTDまでは行かなかったでしょう。

プレーオフを賭けた決戦のさなかの非常にシュールな光景。これも他のスポーツには無いNFLの魅力です。

  1. Megumi Ikoma より:

    いつも解説をありがとうございます。
    来年もよろしくお願い致します∩(・ω・)∩

  2. こちらこそ、ご拝読いただいてありがとうございます。
    これまでどうり適当ですが、来年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す