Pro Bowl 2014-2015:チーム・アービン vs チーム・カーター

35-MVUmT.AuSt.55-rs
熱すぎアービン

もはやスーパーボウル前に定着してしまったプロボウル。今年は久々にスーパーボウルと同会場のユニバーシティ・オブ・フェニックス・スタジアムで開催されました。

かつてはあまりに手を抜いたプレーに廃止論も出ましたが、昨年からAFC vs NFCの構図をやめて、代表者を立ててドラフトでチーム分けにしたところ、これが当たりプレーに活気が戻りました。

昨年はチーム”ジェリー・ライス”vsチーム”ディオン・サンダース”で、誰でも名前を聞いたことがあるレジェンドが代表者でしたが、今年の代表はチーム”マイケル・アービン”と”クリス・カーター”という渋いWRが代表となりチームを作ります。

さらに実験的な試みとして、プレシーズンで実施したエクストラポイントを15yd地点(実質33ydFG)から蹴る事に加えて、ゴールポストの幅が18.6フィート(5.7メートル)から14フィート(4.3メートル)に狭めて行います。

 さてさて、今年のプロボウルは如何に!?

[SPONSORED LINK]

簡単な内容

[引用:NFL JAPAN]※個人的な感想は「総評」で。

現地25日、NFLのオールスターゲームであるプロボウルがアリゾナ州で行われ、試合残り約3分に逆転TDを決めたチーム・アービンが32対28でチーム・カーターを下した。

 チーム・アービンは第1Q残り約9分半にキッカー(K)アダム・ビナティエリ(コルツ)の32ヤードFGで先制。逆転TDを決められた直後の残り約4分 には、クォーターバック(QB)マシュー・スタッフォード(ライオンズ)からワイドレシーバー(WR)エマニュエル・サンダース(ブロンコス)への10 ヤードTDパスが決まる。しかし試合は一進一退の攻防となり、前半を終えた時点では19対20とチーム・アービンはリードを許していた。

 後半の先手を取ったのはチーム・カーター。第3Q最初のオフェンスでQBドリュー・ブリーズ(セインツ)がタイトエンド(TE)グレッグ・オルセン(パ ンサーズ)へ10ヤードTDパスを通し、28対19とリードを広げる。しかしチーム・アービンはQBマット・ライアン(ファルコンズ)からWRサンダース への1ヤードTDパスで3点差とすると、第4Q残り約3分でQBライアンがTEジミー・グラハム(セインツ)へ逆転の1ヤードTDパス。残り時間をディ フェンス陣がしのいで逃げ切った。

 チーム・アービンはQBスタッフォードがパス25回中15回成功、316ヤード、2TD、1INTをマーク。QBライアンもパス15回中10回成功、 97ヤード、2TDと活躍した。そのほかでは、レシーブ5回89ヤードだったWRオデル・ベッカム(ジャイアンツ)、1INTを奪ったコーナーバック (CB)ブレント・グライムス(ドルフィンズ)らが目立っていた。一方、通常よりもゴールポストの幅が狭く設定された影響か、KビナティエリはFGを1 本、エクストラポイントキックを2本も外していた。

 チーム・カーターは、QBブリーズとQBアンドリュー・ラック(コルツ)が2TDずつ。特にラックはパス10本中9本成功で、同僚WRのT.Y.・ヒル トンへTDパスを通した。注目のディフェンスエンド(DE)J.J.・ワット(テキサンズ)は1INT、1ファンブルフォースと大暴れだったが、オフェン スでレシーブを決めるシーンはなかった。

スコア&ダイジェスト

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
チーム・アービンチーム・アービン (0-0-0) 9 10 6 7   32
チーム・カーターチーム・カーター (0-0-0) 13 7 8 0   28

次ページへ続く

コメントを残す