ドラフト近いし、一応確認

今年はマジでノーチェック

現地時間4/30開始のNFLドラフト、約2週間前です。

そして毎年恒例のちゅるさんのモックドラフト目前と迫りました。

かつて、私はJETSの担当として参加をしてたんですけど、近年は時間どうりの参加の難しさとドラフト勉強不足のためにスルーさせてもらって、結果だけのぞき見しています。

しかしながら、ドラフトデイのポスター画像の加工技術が高すぎて、度胆を抜かれました。

 

さて、ドラフト本番も近づいてまいりましたので、ここらで最新のモックを確認し、予習をしておきます。

[SPONSORED LINK]

初心者さんいらっしゃい:NFLドラフトとはなんぞや?

初心者に優しいJETS狂の宴として、まずNFL ドラフトに関して簡単に説明します。
説明不要の方はここは飛ばしてOKです。

 

ドラフトの目的自体は日本のプロ野球と同じ。初プロ入りする強力な戦力を、リーグの各チームが公平に獲得できるようにルールを統制したリクルート合戦です。

 

しかし!!プロ野球のように欲しい選手が重複したらクジで決めるという単純なものではありません。

ウェーバー制と呼ばれるNFLのドラフトは、有望な選手が強いチームに行かないように、昨シーズンの成績の悪いチーム順に選手を選ぶ権利が与えられるのです。

つまり、昨シーズン最弱のチームが、最強(と思われる)のルーキーを獲得できるスゴイ制度なのです。

全32チームのPICK(選手選択)が終われば、また1番目の最弱チームのPICKに戻り、これを3日間に渡り7回繰り返し、新戦力を確保します。

 

だがしかし、このドラフトのさらにスゴイところが、他のチームとの交渉しだいでPICKの順番を交換できるのです。

例えば、どうしても欲しい選手がいるが自分のチームがPICKする順番までに他のチームに獲得される可能性が高い。そこで、さらに上でPICKする権利を持つチームに交渉をしかけて、複数の下位PICKや選手とトレードして、上位のPICKをもらう事ができるという物々交換が可能です。

 

この交渉とトレードがカードゲームのような駆け引きとドラマを生み、ファンが夢中となる裏のビッグイベントとなるのです。

NFL ドラフトの人気ぶりは、NBAのプレーオフの視聴率を超え、さらにドラフトだけの映画が製作させるほどです。

他に補償PICKなど細かいルールはありますが、とりあえず基本はこんなところです。

 

あとよく聞く、モックドラフトというのは、文字通り模擬ドラフトです。

どのチームがどの選手を獲得するのか予想しあう。ただそれだけなのですが、これも人気があり様々なところで行われている風物詩となっております。

 

JETSのねらい目は?

さてさて、そんなことで各モックドラフトでJETSのねらい目を分析してみましょう。

 2015/4/17時点:

Shane Ray(DE):4
Marcus Mariota(QB):2
Randy Gregory(OLB):2
Bud Dupree(OLB):1
Vic Beasley(OLB):1
Amari Cooper(WR):1
 
適当に更新日が新しい複数のモックドラフトから、6番目のJETSがPICKする予想を集計してみました。
注目のマリオタ君は影を潜め、ほぼパスラッシャー狙いと予想されています。
 
その中で1番人気はミズリー大のDE”シェーン・レイ”(Shane Ray)。
shane-ray-hot-nfl-2015-draft-pick-images-rs

パスカバーに難があるものの、それを補うほどの爆発的なパスラッシュが武器の選手。
では、映像を見てみましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=Xf6HVqZBu_s

→おお!OLをものともせず、正面や後ろからもQBを逃さぬこのパワーとスピード、そしてこの体格!!

・・・・これって2008年ドラフトの悪夢、ゴ●ス●ンの時と一緒やん!!(;´Д`)ノ 

・参考資料:●ル●トンのカレッジ時代の映像

当時、JETSファンはサック量産に期待を膨らませてワクワクしてたのに、いざ開幕したら相手OLに簡単にあしらわれ、さらにタックルミス連発でコンバートしても役に立たないポンコツ野郎でした。

しかも、●ル●トンをPICKしたのも今年と同じ全体6位。いや予感しかしませんな。。

 

ちなみにマリオタ君に関しては、全体2位のタイタンズが獲得する見方が強くなっています。

あと、今年はWRが豊作らしく、一部の予想では1巡目で8人も獲得されると言われております。
贅沢を言えばトレードアップで1巡にもう1つPICKを増やしてWRを獲得しておきたいのですが、トレードアップを仕掛ける材料が乏しいのでムリでしょうね。

  1. エドのファン より:

    パスラッシャーも欲しいですが、やっぱりQBを何とかして欲しいですよね…!
    どんなに回りを固めても、ゲーム壊すQBでは(*_*)

    私はNBAの方が詳しいんですが、NBAってチームロスターが12名(+予備3名)かつ5人制のゲームなので、中長期に立ったチーム作りをするチームが大多数です。
    一方NFLは多数のプレイヤーを抱えるスポーツだからか、選手の入れ替わりが激しく、場当たり的な玉突き人事が目立ちますよね。
    そういう意味では、パッツやパッカーズあたりは長年ドアマットーム化せず、上手く選手をやりくりしてるなーと羨ましくなりますが、結局は安定したQBがいれば他面子はどうにでもなるってことなのでしょうかね。
    とりとめない話になっていますが…。
    来オフ、再来年のオフになれば、ジェッツの現メンバーも歳をとり、優秀な選手はFA市場でキープするのが厳しくなる。せっかくいい面子が揃いつつあるに、ジーノもしくは代わりのフィッツで1シーズン浪費するとが惜しく惜しくて。

    1. JETS狂 より:

      エドのファンさん>
      おっしゃるとおり、パッツがいい見本ですね。中心がブレなければあとはどうとにもなります。
      コルツも1シーズンだけQBがいない時以外はずっとプレーオフの常連ですし、フランチャイズQBがどれだけ重要か知らされます。
      ジーノ獲得で本当に貴重な時間を無駄にした気がします。今シーズンは同じ失敗を繰り返さないように祈るばかりです。
      (パッツは当然としてビルズも強そうで、厳しい状況でありますが。)

  2. ガストン より:

    もうすぐ、ドラフトですね。

    アメフトのドラフトって本当に面白いですよね。
    ドラフト順のトレードもあって。

    アメフトに興味がない人に説明するときには
    「ドラフトの順番を自体もトレードできる」
    「江川投手が入団した時のような、ドラフト指名してすぐトレードしてもOK」
    (主に同世代以上の方向けですが)

    パッツの1巡目はたぶん2巡目高位へのトレードダウン(1巡目+5巡目当たりでしょうか?)だと思います。
    どちらにしろ32番目では指名しないような気がします。

    JETSには2巡目指名したジーノ・スミスをもうしばらく育成していただきたいです(邪笑)

    1. JETS狂 より:

      ガストンさん>
      チーム数が多いから成り立つ方式で日本のプロ野球では難しいでしょうね。
      意図が分からない動きや、ギャンブル的に動く事もあり、まさに頭脳戦です。
      ジーノに関しては、使うのはいいのですが、どんだけヘマしても交代しない優遇はやめてほしいです。
      マット・シムズとは公平に競争してほしいところです。

  3. Miz より:

    まいど~

    いっそのことリバース獲れませんか?
    今年のドラフトQBは無理っぽいので。
    実際、今シーズンはチーム建て直しと思ってあきらめかけてたんですが、
    D#厚くなってなんだか期待・・・しちゃってます

    1. JETS狂 より:

      Mizさん>
      まさにJETSファンに衝撃が走るでしょう。JETSがもっと面白ろチームになります。
      もしかしたら、全体6位にマリオタが残っていたら、SDがJETSにトレード交渉を持ちかけるやもしれませんね。
      今シーズンこそパッツにギャフンと言わせたいところです。

コメントを残す