【ジェッツ・ドラフト】2日目はWRとOLBをGET

2015draft2_3-rs
新GMを信じるのみ

早くも2日目に突入したドラフト。初日はDL獲得で根本的な問題の解決に至りませんでしたので、2日目に期待が集まります。

さて、JETSのPICKはどない?

[SPONSORED LINK]

2巡目(全体37位)WR”デビン・スミス”(Devin Smith)

Devin Smith-rs

2巡目は既に”ブランドン・マーシャル”をGETし、さらに昨年からの”エリック・デッカー”がいるにも関わらずWRをGET。

“デビン・スミス”はオハイオ大出身のWR。40yd走4.4秒の快速を誇り、昨年は15試合出場で931yd、12TD。平均レシーブ獲得ydが28.2ydというディープに強いWR。

しかし、弱点として直線は強いが、横や戻るルートなど動きのパターンが少なく、スピードに依存しているためディープを警戒されると使い物にならないかもしれない。さらに細マッチョのいわゆるLean body体型で、ブロックには心細いか。

3巡目(全体82位)OLB”ロレンゾ・モールディン”(Lorenzo Mauldin)

Lorenzo Mauldin-rs

本来の3巡目(全体70位)をテキサンズにトレードし、3巡目(全体82位)と5巡目(全体152位)と7巡目(全体229位)を得て、3巡目(全体82位)にてPICKしたのは、待望のパスラッシャー。

“ロレンゾ・モールディン”はルイビル大出身のOLB。6インチ4フィート(193cm)、259ポンド(117キロ)と体格に恵まれており、大学3年生まではDE。4年の時にOLBに転向。スピードはそれほど無いもののパワーとリーチとタフネスがあり、パスラッシュのみならずランストップも優れています。

若い頃の”カルビン・ペイス”と同じタイプで、まさにペイスの後継者なのです。
(ちなみにペイスはカーディナルス時代にDEからOLBにコンバートしてブレイクした)

 

さらに、モールディンには不幸な背景がありまして、モールディンが2歳の時に両親が刑務所に投獄されたため、彼と4兄弟が路頭に迷い、アトランタで16もの里親を経て苦難に負けずに成長。奨学金を得て大学に進学しました。

この度は長年の努力が報われ、ドラフトでJETSに獲得されるという「幸せの隠れ場所」にも匹敵する経緯があるのです。電話でのスピーチでは感情が溢れ、泣きが入りました。

そのハングリー精神でサックを量産し、人生を一気に変えてほしいものです。

本来、JETSには5巡目がなかったのですが、テキサンズから2つもPICKを増やし5巡目を確保する事ができました。

元テキサンズ人事のGM”マイク・マッカグナン”のおかげなんでしょうね。今シーズンはテキサンズから色々もらっている事を考えると、人脈と人柄って重要です。

  1. YM5 より:

    デビン・スミスのハイライトを見たらオハイオステイトだからゴルストンの後輩ですね

    今年のチャンピオンシップでも出ていたかなとTwilogを探したらビンス・ヤングの記録したチャンピオンシップで200ヤードのラッシング記録を3Qで更新したエゼキエル・エリオットとカーデイル・ジョーンズしか書いてありませんでした。

    ちなみにデビン・スミスは1キャッチ45ヤードだったそうです、道理で記憶にない訳だ。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      この穴だらけの気持ち悪いヘルメットを見る度に●ル●ストンを思い出します。何かあるたびに●ルスト●の事を書いてるので、一生彼から逃れられないんでしょうねぇ。。
      動画はハイライトなので活躍したシーンばかり流れますが、実際に1レシーブの稼ぐ距離で成績を伸ばしてるだけで、D#を縦に伸ばすぐらいの役目でしょう。
      こやつをオトリにデッカーとマーシャルのパイセンに頑張ってもらいます。

  2. ぷんじん より:

    ヒル君の面影がちらつくのですが…。
    思い出してはいけないかな。

    1. JETS狂 より:

      ぷんじんさん>
      私も正直、スティーブン・ヒルを思い出しました。
      身体能力で獲得したら、レシーブがおっかなびっくりで技術の無さにガッカリしましたね。
      新GMの眼力を信じて、ヒルの二の舞にならない事を祈りましょう。
      しっかし、彼は今、何をしてるんでしょう??

  3. 名もなきウォーターボーイ より:

    いつも更新を楽しみにさせていただいております。
    今年のドラフト4巡目 Bryce Petty 選手
    即戦力とはいかないまでも、強肩だし、かなり良い選手じゃないですか?

    2~3年鍛えて、オフェンスの組立て方をきちんと学んだら、オールプロに
    なれるかも?

    1. JETS狂 より:

      名もなきウォーターボーイさん>
      まさに先を見据えたPICKでした。
      がしかし、ジーノの出来次第ではいきなり出番があるという可能性も大いにありますね。
      つまり、ジーノのケツに火をつける役目も担っており、ついでにファンの不満も緩和します。彼の獲得は良い判断だと思います。

コメントを残す