【2015(2016年):スーパーボウル50 特集0.5】君は タック牧田 を知っているか?

JETSファンは みな熱い

NHK BS1で「スーパーボウル50年「いま語ろう!伝説の名場面」という番組を録画し、それを最近見たのですが、そこで特集されていた ある日本人カメラマンの話に感動しました。

その名も 『タック牧田』さん。 この人、そんじょそこらのただのカメラマンではありません。

[SPONSORED LINK]

タック牧田 とは?

『タック牧田』さんは現在83歳のNFL公式の現役カメラマン。日本の取材陣でもなかなかもらえないフィールドに降りて写真を撮るパスを持っています。

IMAG1826-rs

 

このとおり、サイドラインでJETSファンからも声をかけられる有名人。同業者の間でも「口数は少ないが写真で表現している」と言われるほどの腕前です。

タック牧田

 

なぜそんなに特別かというと、第1回スーパーボウルから現在まで写真を撮り続けているカメラマンは、もはや4人しかいないのですが、その中の一人なのです。それが日本人って、凄くないですか?

 

元々はアメリカ生まれで、日本で大学のアメフトチームのRBをやっていたのですが、スター選手にはなれず。しかし、アメリカンフットボールにずっと関りを持ちたいという熱意から、カメラマンになるべく28歳で単身で渡米しました。 これも凄くないですか?

 

最初は自腹でチケットを買ってスタンドから撮った写真を新聞社やNFLのチームなどに持ち込みましたが、当然 門前払いで苦労をしました。

しかし、渡米から4年後にJETSの事務所に写真を持ち込んだところ「あなた、フットボールを分かってるね」と言われ、JETSのスタジアムのフィールドに降りるパスをもらうという転機が訪れます。

半世紀も前に、無名の日本人を偏見なく認めるJETSって、心が広すぎて凄くないですか?
(これが言いたかった)

 

そこからJETSで写真を撮り続け、当然、第3回大会でJETSがスーパーボウルを制覇した現場にもいました。
ネイマスの写真はもちろん、当時のHCともツーショットを撮っています。

IMAG1832-rs

 

しかし、そんな牧田さんも現在83歳と高齢で2年前に心臓発作を起こして体調を崩しました。
それでも情熱ある限り、フィールドで写真を撮り続けているのです。

 

そして取材の最後に「ジェッツに幸運をもたらしてくださいよ。スーパーボウルに出れるように」と話しかけられ、その答えが・・

「私は第3回からずっと待っているんだよ。」「だからまだ死ぬわけにはいかないんだ」
(T0T)

タック牧田

もう、泣けてくる!!ブログ8年書いたぐらいで「このまま死ぬまでJETSがSB制覇しなかったら、ヤバイよね」とか言ってる自分が恥ずかしい。。

というか、JETS!早くSB制覇しろ!!時間がないぞ、マジで!!!

 

しかしながら、タック牧田さん といい、ファイヤーマン・エド といい、JETSを取り巻く熱い人間像は素晴らしいですね。そんなJETSの不思議な魅力に私もとりつかれたのかもしれません。

そして「魂をゆさぶるようなゲームを見たい」と、スーパーボウル50にも期待しているタック牧田さん。
2年前のような事にならないように期待してるぞ!ブロンコス!!。

  1. みきのり より:

    僕も録画して見ましたよ
    このブログのお陰で、僕も牧田さん凄えなと思いつつ、JETSネタだ〜と思って見てました。
    やりますなJETS。
    シアトル出身の友人に義理立てして長らくシーホークスファンやってましたが、来季は本腰入れて緑のチームを応援しようかと思います。

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      牧田さんの才能に一発で気付き、支えたJETS。なんて素晴らしい話なんでしょう。
      牧田さんの悲願をかなえるためにも、みんなで白と緑のチームを応援しましょう!

  2. yankees25 より:

    はじめまして。いつも楽しく拝見しております。
    当方ネイマスやエマーソン・ブーザーの頃からのファンですが、牧田氏同様第3回からずーっと待っております(笑)

    牧田さんといえば、昭和天皇が訪米しJETS対PATSの観戦をした際にも同席され、写真や日本向けコラムを書いていらっしゃった事を思い出します。

    ネイマスからジェローム・バーカムへのLong Bomが決まり、TDのシーンを捕えていた1枚を思い出します。
    そのころの事ですから、当然JETSが勝利しましたが。

    また楽しい記事を期待しております。来期に期待しましょう!

    1. JETS狂 より:

      yankees25さん>
      ご拝読、ありがとうございます。かなり年季の入った大先輩からコメントをいただけるとは、嬉しいです。
      多くのファンがず~~っと待ってるわけですが、今シーズンはプレーオフにもう行ったものだと思ったら、肝心なところで負けて多くのファンがショックを受けたでしょうね。
      私ですらWeek17終了後はしばらく「ん~~、これはなんとか行けないの?」と、現実を理解するのに時間がかかりました。

      初HCでここまで行ったトッド・ボウルズ2年目にひじょ~~~に期待しています。まだ早いですが、来シーズンも頑張って行きましょう!

  3. davout より:

    いや~、ずいぶん懐かしい名前を拝見しました。タック牧田さん未だ現役でいらっしゃったのですね。感激だなぁ。アメリカンフットボールマガジンの開幕特集号、JETSのチーム分析記事はいつもタック牧田さんだった気がします。

    96年シーズン序盤、前年突然変異的にAFC決勝まで進んだ”シンデレラチーム”のコルツが、主力選手にケガ続出ししながらもQBハーボーの気迫のリーダーシップで一時リーグ首位に立ったのを評し「自身の実力が並みであることを自覚しつつ、全力を尽くす、そこにファンが金を払う価値があると思うのだ」というような趣旨のことを書かれていて、いたく同感したのを覚えています。私がコルツを応援することのきっかけになった方でもあるのですよ(笑)。

    かといってスター選手を斜めに見る方かといえばもちろんそんなことはなく、ただ高年棒のスター選手がやる気のないプレイをするのには厳しい視線を向ける方だった印象です。

    「キックオフリターンはフットボールの華だ」(byタック牧田)
    無名の選手がひたむきにプレイする姿を、今もカメラ越しに愛情の籠もった視線で見つめられているのでしょうか。

    1. JETS狂 より:

      davoutさん>
      まさにレジェンド。執筆活動も行っているようで、これほどNFLに深くかかわっている日本人は他にいないでしょうね。
      年齢が高齢だけに早くJETSにはSBを制覇して、牧田さん を喜ばせて欲しいです。

      それにしても最近のJETSはリターンが弱い!

  4. SEAが好き より:

    初めまして、コメント失礼します。
    自分は番組を通じて、初めて牧田さんを知りましたが、これだけ長く、そしてどれだけ年を重ねてもNFLの前線現場において活躍されていることに、ただただ舌を巻きました。そして、JETはチームもファンは、すごくジェントルマンですね。挑発とかでいろいろとお騒がせている同じNYのGチームとは違って・・・。
    それにしても1回SB征してから、未だ47年も優勝していないというのは、最長じゃないでしょうかね?牧田さんのためにも、SB制覇は来年にも達成してほしいです!!というよりパッツさんを撃破しないと無理か。

    1. JETS狂 より:

      SEAが好きさん>
      コメントありがとうございます。
      名門のNYGとは違い、こちらは3回大会制覇だけをプライドに、ネタチームと化してます。なぜこうなった??
      来シーズンこそは牧田さんを喜ばせるべく、制覇してほしいものです。
      今シーズンはパッツに1回勝ってますので、大丈夫!!

コメントを残す