【2016:今週のAFC東】Week02

ジミー・ガロポロがキコ・アロンソにヒットされる afceast-pats-20160919
パッツ受難の年

今週は同地区対決2本だったので、書くのが楽々な「今週のAFC東」。

しかし、このドルフィンズvsペイトリオッツが予想をナナメ上に行きまくる、アメージングな試合となりました。

今週のAFC東はどない?

[SPONSORED LINK]

ドルフィンズ 24-31 ペイトリオッツ

2016年09月19日 @ジレット・スタジアム

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
ドルフィンズドルフィンズ (0-2-0) 0 3 7 14   24
ペイトリオッツペイトリオッツ (2-0-0) 14 10 7 0   31

→今日は1試合だけなので、動画も貼っちゃいます。

ペイトリオッツのホーム開幕戦はドルフィンズとの同地区対決。 ブレイディやグロンコウスキーの主力を欠くものの、ブレイディの代役QB”ジミー・ガロポロ”がドルフィンズの相次ぐミスを突いて、第2Qの最初には3度目のTDパスを決めて 0-21 と圧倒的な点差をつける。

 

が、しかし!春日の呪いで不幸なジャーニーマンとなってしまい、いつのまにかドルフィンズに移籍していたLB”キコ・アロンソ”がガロポロがパスを放った後に強烈なヒットを見舞って、ガロポロは右肩を負傷。そのままロッカールームに下がりOUTとなる大大大被害を受ける事に。

当然、ブレイディは出場停止中なので、ポケモンで例えるとカイリュウ並に出現率が低い「3rdQB」のルーキーQB”ジャコビー・ブリセット”が登場。 既に3TDパスを決められてるイルカD#相手に、パイセン達の力を借りて1TDドライブは演出するが、やはり司令塔を失ったペイトリオッツO#は停滞。

 

すると、練習中に仲間に悪態をつける腹黒QB”ライアン・タネヒル”が、ペイトリオッツの弱味を見るやいなやパフォーマンスが急上昇! それまでダメダメだったパスが急に通り出して、ドルフィンズは第4Q終盤にはとうとう1ポゼッション差に詰める!!

追い込まれたペイトリオッツに反撃する力は無く、もはや逃亡戦。 しかし、なんとか耐えきりペイトリオッツが辛くも勝利しました。

 

問題はガロポロの容態。運悪くペイトリオッツのWEEK03は、最も試合間隔の短い現地木曜日のサースデイナイトゲームでのテキサンズ戦。

最新のニュースで、テキサンズ戦にガロポロを出場させるかは現地月曜日中(日本時間で火曜日)に決定するとしており、軽症でないのは確かです。

もしもガロポロが欠場し、さらにテキサンズ戦で3rdQBの”ジャコビー・ブリセット”まで、”J.J・ワット”に強烈にヒットされOUTでもしたら、元QBのエデルマンが投げるしかありませんな。。。

  1. :ちなNE より:

    かこつです!
    やべえよ…… やべえよ……
    とりあえず1頭目の牛はあきらめるとして2頭目はどうにか狩りたい。

    FAしたQBって誰がいたっけ?ティーボウ呼ぶか?

    せめてならばれないように……

    1. JETS狂 より:

      :ちなNEさん>
      ガロポロがシーズンOUTならば、QBを緊急招集する手がありますね。
      ダラスのサンチェスが勿体ないので引き取ってくれれば面白いのですが、それは無いとして・・・。
      あ、うちのジーノ、空いてますよ~。

      1. :ちなNE より:

        グロンコウスキも万全な状態ならジーノでもいける気はしないでもない
        ジェッツじゃなくてパッツなら?とも思ってしまうw

        とりあえずキコ・アロンソは氏んで、どうぞ

        1. JETS狂 より:

          :ちなNEさん>
          ルール上OKで不可抗力とはいえQB潰されたら、恨みますよね。キコも可哀そうな奴なので、ご容赦を。
          しかしながら、ジーノ・スミスがパッツに移籍した途端、ガンガン活躍したら、それはジェッツが無能であったという事になりますね。
          それはツライです。

          1. :ちなNE より:

            vsMIAのスタッツ見てきたんですがガロポロRTG130って
            ブリセットもRTG100のパスAVL10ydsとなかなかの成績

            レシーバーが有能ならQBも成績は上がるわけで

  2. ろけっつ より:

    ブラウンズはマキャウンが肩を痛めているとのことなので初勝利はイルカさんのものになると思います。
    オズワイラー&ホプキンスのホットラインでパッツをズタズタにしてもらいたいところてすね

    1. JETS狂 より:

      ろけっつさん>
      ブラウンズも最悪な状況ですね。QBセメタリーは伊達じゃありません。
      テキサンズにはO#爆発もありますが、どうせならパスラッシュでズッタズタの方が希望です。
      ワットがサックしまくって、ジレットのフィールドが陥没するぐらいに激しくお願いします。

  3. ツヨシK より:

    ジーノ
    もしかするとの展開ですね〜
    どっか引き取って貰えるかも?

    1. JETS狂 より:

      ツヨシKさん>
      ジーノは居てもロースター枠が勿体ないだけで、もし出番があったとしても確実に破滅に導くので早くトレードしてほしいですね。
      本人のためにもそれが一番だと思います。

  4. 海鷹ファン より:

    かなり気が早い話しですけど、ガロポロがFAになった時にブレディが健在だったらどうするんですかね。
    ブレディもいつ引退してもおかしくない年ですけど、プレーぶりを見る限り今のところその気配が感じられません。(足が遅いのは今に始まった話しじゃありませんし…)

    1. JETS狂 より:

      海鷹ファンさん>
      マット・キャッセルの時と違ってブレイディも歳ですから、かつてはJETSを裏切ったベリチックがブレイディを裏切る事もあるかも・・・
      そして、ブレイディはJETSに移籍してスーパーボウルを制覇するとか。。
      そんなアリエナイ話はさておき、ガロポロが良すぎると、逆に扱いに困りますね。
      元々からブレイディの後釜とし獲得したのですが、こんなに早く出番があるとは思って無かったでしょう。
      ヨソからしたら、贅沢な悩みです。

  5. NIKI NIKI より:

    同地区対決で勝ったJETSとPATS。おめでとうございます。
    しかし・・・PATSはガロポロがグニャポロになってしまいました。
    予想してました・・・。感じてました・・・グッテルの呪い・・・。

    やっぱり、ポケット内で我慢できるQBじゃないとダメですねぇ。
    1Q残り10分の、潰れたポケットの中からのパス、あれを見たときは、もしかしていけるかもと期待してしまいました。
    走るのなら、ニュートンぐらい丈夫でフィッツパトリックぐらい根性がないと。
    第1週で、D#が手をあげたら投げられず、右に流れて走る癖をみぬかれて、狙い撃ち。
    キコのやつ、足速いじゃないか。なんで追いつくの?もう。
    グニャポロも見えてたはずなのに、早く投げ捨てろって、もう。
    最悪のシナリオです。肩のねんざ?脱臼?右?最悪。
    とにかく、QBは1人しかいないのです。リザーブにもプラクティススクワットにもいない。
    過去のQBは、夢見るキャセル?乗り遅れマレット?がっかりホイヤー?おっ?ホイヤーあまってない?引退したコルツQB誰でしたっけ?
    QBクライシスです。たすけてー。

    1. JETS狂 より:

      NIKI NIKIさん>
      最新のニュースだと、3rdQBを先発に据えて、ガロポロをバックアップで行くらしいですね。
      さすがにこれだけ短時間だと、いきなり獲得したQBで勝つのはムリでしょう。もう捨て試合のつもりではないでしょうか。
      しかし、ベリチックがどのような策を立てるのかも楽しみです。

  6. kt より:

    この大事な時にやらかすとことか。怪我の耐性だとか。
    ガロポロはさすがロモの後輩だと言わざるをえない。

    アメリカでは、選手のフットボール観。プレイスタイルよりも根っこの部分は大学時代の教育で8割決まってしまうそうなので。

    やはりブレイディが帰ってきたらガロポロはお役御免ですかね。
    来期はNEにいないまである。覆せるか。

    更新お疲れ様です。

    1. JETS狂 より:

      ktさん>
      優秀なQBでもケガに泣かされている人もいれば、ケガをしないQBは本当にせず、その辺は訓練もあるでしょうが才能でしょうね。
      ペイトン・マニングはダメだと思ったら、とっさに丸まってボールと自分を守るのが上手かった気がします。
      ブレイディも歳ですし、ガロポロはマット・キャッセルみたいにはならないと思います。
      ベリチックにとって第2のブレイディが必要な時期である事は確実でしょう。

コメントを残す