HOME > NEWS > NEWS(2019-2020) > 【NFL 2019-2020:Week05】ニューヨーク・ジェッツ vs フィアデルフィア・イーグルス
2019年10月8日

【NFL 2019-2020:Week05】ニューヨーク・ジェッツ vs フィアデルフィア・イーグルス

ジェッツ、イーグルス
鬼門

BYE WEEKがあけて心機一転のWeek05。

開幕3連敗の最悪の状況を脱出したいところですが、対戦相手はこれまでレギュラーシーズン過去10戦で勝利したことのない苦手なイーグルス。

かつ、QB”サム・ダーノルド”の復帰は見送られ、先発QBはまたも”ルーク・フォーク”となりました。

果たして、ジェッツはこの試練を乗り越える事ができるのか?

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト&データ[GAME CENTER(NFL.com)]

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

ジェッツ

0

0

0

6

6

イーグルス

14

7

3

7

31

オフェンス

本日も全く進まぬO#。脆弱なOLが10サックも許しました。

特に”ブライアン・ウェインタース”とドラ3”チュマ・エドガ”が悪い事に加えて、ボールの保持時間が長いQB”ルーク・フォーク”も悪いです。

RB”レベオン・ベル”にひたすらボールを渡すも、安易に頼りすぎるので読まれる始末。

QB”ルーク・フォーク”のスタッツは、パス15/26回120yd獲得、0TD、2INT。さらに2ファンブル1ロストで、ロストではボールを拾われた後そのままエンドゾーンまで走られてリカバーTDを喰らいました。

 

パスO#は復帰したWR”デマリアス・トーマス”がトップですが4レシーブ47yd獲得と奮わず。WR”ロビー・アンダーソン”に関しても16ydのパスを1回レシーブしたのみとなりました。

 

昨シーズンの開幕前に手放してセインツ移籍したQB”テディ・ブリッジウォーター”がブリーズ不在の中で先発を手に入れ勝利する姿を見ていると、本当にもったいないことをしたと思います。

 

唯一  素晴らしいシーンが、第4Qのイーグルスがパント処理のミスから得た敵陣19ydからのO#でリバースプレーが決まりTDを奪ったところ。これで完封負けを阻止し、最悪な結果を逃れました。

 

気になるのが最後のO#シリーズで契約したばかりのQB”デビット・フォールズ”が登場したこと。理由はその前のO#でQB”ルーク・フォーク”がサックを喰らった際に負傷したからです。

もはやQB受難が止まりません。そろそろお祓いが必要でしょう。

ディフェンス

またもLB”C.J・モズリー”は欠場。これほどケガが長引くとは思っていませんでいた。

ジェッツD#は第1Qに14点を取られるもイーグルスO#を苦しめ、イーグルスが常に良いフィールドポジションからO#を開始するわりによく止めました。31失点のうち半分ぐらいはO#の責任ですから、仕方ありません。

 

プロボウルS”ジャマール・アダムス”のパスカバーは目を見張りましたが、逆にCB”トラメイン・ジョンソン”が簡単にWRに置いて行かれるシーンに年齢を感じました。。

パスラッシュはそこそこかかるも、わずか1サック。

 

ドラ1DL”クイネン・ウィリアムズ”がやっと復帰したので、彼の成長に期待しましょう。

スペシャルチーム

第4QのパントでイーグルスのRB”コーリー・クレメント”がバウンドしたボールにわざわざ触りに行ってマフり、そのボールをジェッツのRB”トレント・キャノン”がカバーして敵陣19ydからのO#を得るラッキーが発生しました。

そのO#からリバースプレーで1発TDが決まり、完封負けを阻止しましたが、これはジェッツSTの功績というよりもイーグルスSTのミスです。

 

K”サム・フィッケン”が55ydのFGを外すも、これは距離的に仕方なし。

総評

QB”サム・ダーノルド”がまたも欠場でO#死亡。QB”ルーク・フォーク”はもうちょっと頑張れるかと思ったのですが、変えた方がいいでしょう。OLが弱いとしても判断が遅く、直ぐに捕まります。

ダーノルドの早急な復帰に期待するしかありません。しかし、ダーノルドが復帰したとしても開幕4連敗からプレーオフ出場するために残り12戦を全勝すればギリギリ届くかもしれませんが、それは奇跡なので詰みました。

ダーノルドの病気やモズリーの負傷は不幸ですが、セインツやパンサーズは先発QBが不在でも勝利する力があるので、そこはHCやチーム力の差なのでしょう。

このまま16連敗して、新たな歴史を刻みそうなジェッツ。

果たして「これが俺たちのスーパーボウルだぁー(byブラウンズ)」と言える日が来るのか、見守るしかありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ふて猫 より:

    本当に完敗ですね(^.^;もう何も言う事はありませんね(@_@)

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      最初から勝ち目は無かったです。さよならシーズン

  2. T.Takahashi より:

    かつてのトップクラスだったOLもいまは昔ですね…。(;´д`)
    HCを人身御供にできそうなら、いっそ全敗で来シーズンに再起をかけるというのも本気で視野に入ってくるかもしれません。

    1. JETS狂 より:

      T.Takahashiさん>
      GM交代がドラフト後というタイミングでチーム作りが十分でした。もう来年にかけた方がいいかもしれません。

  3. ツツッタッタ より:

    またもやQB受難モードとは。トホホ。
    今ヒマしてるQBってえと、サム・ブラッドフォードなんかダメなんですかねえ。
    名前も聞いたことも無いような選手よか、随分マシな気がするんですけど。
    あとは、ウィッテンやカトラーみたいに、解説者からの電撃復帰とか。
    でもトニー・ロモはホルダーくらいでしか使いようが無いし、難しいところです。

    マジメな話をすると、QBに3秒以上持たせないようなコールをするしかないような。
    Youtubeでのダイジェストのラスト30秒くらいは見てられませんでした。

    1. JETS狂 より:

      ツツッタッタさん>
      サムはいらないですね。マンジールはネタとして面白いです。
      こんなことになるなんて、まったく予想つきませんでした。現実は厳しいです。

  4. PB29 より:

    プレシーズンを見るかぎり、私もシーミアンよりもフォークの方が良いと思っていました。
    もちろんQBだけでなく、OLもOCのコールもすべてがダメダメなのですが…

    同じワシントン州立大学出身で同じ6巡指名の後輩ガードナー・ミンシューがアメリカン・ドリームを掴みそうな勢いです。
    ニック・フォールズがIR入りし、1勝を計算していたジャガーズ戦もこのままではまったく勝てる気がしません。
    以前に、6連敗あり得ますね(じゅんいちダビッドソン風に)と書きましたが、こりゃ〜7連敗も十分にあり得そうです。

    もう、レオナルド・ウィリアムズ、ロビー・アンダーソンをトレードして指名権を増やしましょう。

    1. JETS狂 より:

      PB29さん>
      同感です。だからこそ、シーミアンが速攻で去ってシーミアンに出番が回って来たときはある程度期待はしていました。
      もしかしたら16連敗もありえる空気に戦々恐々としております。
      今シーズンはガチでドラフトを有利にするために来年に投資した方が賢明な気がしますね。

コメントを残す

CAPTCHA


Top