Week16:vsブラウンズ

Browns Jets Football.JPEG-0bbf8

内弁慶

シーズンエンドしたものの、せめてホーム最終戦はファンに「勝利」という名のクリスマスプレゼントをあげたいJETS。
相手はドラフトでQB獲ったのにも関わらず迷走のシーズンだったブラウンズです。

セインツやパッツに勝つのに、格下に大敗するJETSにとったら相手の戦績なんて関係ありません。

さてさて、今日のジーノはどない?
[SPONSORED LINK]

 

▼スコア&ダイジェスト

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
ブラウンズブラウンズ (4-11-0) 3 7 0 3   13
ジェッツジェッツ (7-8-0) 0 10 0 14   24

 

▼O#
序盤はいつもどおり全く進まないO#。3rd&OUTの数はリーグ1位らしく、ずっとブラウンズがO#しているような状態。
しかしながら徐々にレシーバー陣が活躍しだし、WR#11″ジェレミー・カーリー”が5レシーブ70yd、WR#86″デビッド・ネルソン”が4レシーブ33ydに2TDと活躍。
TE陣も要所でレシーブし、ジーノはそこそこレシーバーの投げ分けが出来たのが収穫でしょう。

 

それに加え最後のスクランブル17ydTDは見事でした。クロスパターンのデビット・ネルソンにカバーが釣られ前方が開いたスキを狙いダッシュし、D#が追いつけない快足を見せました。
あと、INT0で試合を壊さなかったのも評価。ジーノは、やはりロードとホームではパフォーマンスがかなり違う内弁慶です。

 

ランではRB#33″クリス・アイヴォリー”も109ydと爆発。シーズン序盤は直ぐに倒されてましたが、最近では掴まれてもゲインする粘りを見せて成長しております。
RB#29″ビラル・パウエル”もラン7回ながら54ydで平均8ydと活躍。

パスプロも完璧でジーノは0被サックです。というか、ブラウンズはINTを量産するジーノ相手なのに、あまりブリッツを入れてきませんでした。
相手のD#プランにも助けられた感がありますね。

 

しかしながら、ロングゲインしたと思ったらホールディングで取り消されるシーンが非常に目立ちました。
これほどテンションが急降下する事はないでしょ。
(´д`lll)

コメントを残す

CAPTCHA