HOME > NEWS > NEWS(2021-2022) > 【ジェッツ】9/2時点の暫定ロースター
2021年9月3日

【ジェッツ】9/2時点の暫定ロースター

とりえあず暫定

プレシーズンが終わり、ロースターを一気に53人まで絞らねばならない時期となりました。

一度絞った後も選手の入れ替えが発生しますが、ひとまず現時点での状況をお伝えします。

[SPONSORED LINK]

これがジェッツの開幕ロースター(暫定)だ!

QB (2): Zach Wilson, Mike White

ドラ1”ザック・ウィルソン”は当然として、なななんと!!カットされると予想した”マイク・ホワイト”は生き残って、プレシーズンで活躍した”ジョシュ・ジョンソン”と”ジェイムズ・モーガン”がカット!!

なぜだ!あのヘイルメリーは何だったんだ!キャンプを通しての評価でしょうが、これは意外でした。

 

そして最新のニュースでは”ジェイムズ・モーガン”はパンサーズと契約したとのこと。

パンサーズ、ジェッツのQBばかり狙って何を企んでいる??

 

RB (4): Tevin Coleman, Ty Johnson, Michael Carter, La’Mical Perine

→元49ersの”テビン・コールマン”を筆頭に、昨シーズンにドラフト外から活躍を見せてインパクトを残した”タイ・ジョンソン”と、ドラフトRB二人の布陣。

正直 破壊力が無いですが、”レべオン・ベル”より数倍マシと考えれば大丈夫!

 

WR (7): Corey Davis, Jamison Crowder, Elijah Moore, Keelan Cole, Denzel Mims, Jeff Smith, Braxton Berrios

RBは弱いものの、WR陣はかなり強化されました。

元タイタンズの”コーリー・デイビス”を筆頭に、昨シーズン活躍した” ジャミソン・クロウダー”、プレシーズン欠場ものの話題沸騰の2021年ドラ2小型WR”イライジャ・ムーア”。

昨シーズンは負傷したが才覚を見せた2020年ドラ2”デンゼル・ミムズ”、昨シーズンに頭角を現した”ジェフ・スミス”。

ベテランから、ドラフト上位、ドラフト外と幅広いレシーバー陣が、”ザック・ウィルソン”の良きターゲットとなるでしょう。

 

TE (2): Tyler Kroft, Trevon Wesco

→元ビルズの”タイラー・クラフト”がプレシーズンで活躍を見せて生き残る。

2018年ドラ4TE” クリストファー・ハーンドン”が2022年ドラフト6巡とセットでバイキングスにトレードされました。

見返りはバイキングスの2022年ドラフト4巡とのことで、まぁいい取引だったのではないでしょうか。

それにしても、TEは”ダスティン・ケラー”以降が定着しません。

 

OL (9): Mekhi Becton, Alijah Vera-Tucker, Connor McGovern, Greg Van Roten, Morgan Moses, George Fant, Dan Feeney, Chuma Edoga, Conor McDermott

→補強に補強を重ねた最強のOL陣が誕生。

2020年ドラ1”メカイ・ベクトン”に加えて、2021年ドラ1”アライジャ・ベラタッカー”のドラ1コンビ加えて、”ジョージ・ファント”、”コーナー・マクガバン”、”グレッグ・バン=ローテン”の昨シーズンのメンツで構成します。

プレシーズンでの調子は上々。アリを一匹も通さぬパスプロを形成してくれるでしょう。

 

DE (3): Shaq Lawson, Bryce Huff, Jabari Zuniga

→今シーズンの目玉”カール・ローソン”が練習中の負傷でシーズンエンドし、テキサンズから元ドラ1の”シャック・ローソン”を獲得

ローソンの代わりにローソン 先日、今シーズン契約したDE”カール・ローソン”が練習中の負傷でシーズンエンドしたニュースをお伝えしました。 https://jets94.com/

 

 “ブライス・ハフ”はプレシーズンでの活躍が認めれれ、見事ロースターに残りました。

2020年ドラ3”ジャバニ・ズニガ”はDTからDEへコンバートです。

 

DT (6): Quinnen Williams, Sheldon Rankins, Foley Fatukasi, John Franklin-Myers, Jonathan Marshall, Nathan Shepherd

元セインツのドラ1”シェルドン・ランキンス”を獲得し、今ドラフト6巡で”ジョナサン・マーシャル”を獲得。

あとは2019年ドラ1”クイネン・ウィリアムス”を筆頭にほぼ昨シーズンの布陣。

 

ちなみに長年DTを務めた“スティーブン・マクレンドン”は昨シーズン中にバッカニアーズにトレードされました。SBリング獲れて良かったね。

 

LB (5): C.J. Mosley, Jarrad Davis, Blake Cashman, Hamsah Nasirildeen, Jamien Sherwood

注目は2年間ほぼ何もしてない”C.J・モズリー”でしょう。

今シーズンこそ2年分活躍してもらいましょう。それ以外がインパクトが薄いです。

プレシーズンで見せたランD#の弱さが心配ですね。

 

CB (7): Bless Austin, Bryce Hall, Michael Carter II, Javelin Guidry, Brandin Echols, Jason Pinnock, Isaiah Dunn

→ジェッツの急所ともいえるCB陣。

今ドラフト5巡の“マイケル・カーターⅡ”と” ブランディン・エコールス”、2020年ドラ5”ブライス・ホール”、ドラ6”ブレシュワン・オースティン”、 2020年ドラフト外” Javelin Guidry”と、近年のドラフト下位の若手だけでCBを担います。

これは心配でしかない。

 

S (3): Marcus Maye, Lamarcus Joyner, Ashtyn Davis

2017年ドラ2”マーカス・メイ”を筆頭に、オフに獲得した元レイダースの”ラマーカス・ジョイナー”、2020年ドラ3”アシュテイン・デービス”で最後尾をカバー。

頼んだぞ。

 

ST (4): P Braden Mann, K Matt Ammendola, LS Thomas Hennessy, Justin Hardee

パンターは昨シーズンに続き2020年ドラ6”ブランデン・マン”。

迷走が続いていたキッカーはプレシーズン結果を見せた”マット・アメンドーラ”に決まりました。

特にアメンドーラには期待しています。

しかし、ロースターは動く!!

最新のニュースでは大きく変化がありました。

DB陣に離脱が多いですね。

LB”クインシー・ウィリアムズ”(Quincy Williams)は、元ドラ1DE”クイネン・ウィリアムズ”の兄貴です。ジャガーズでカットされウェーバーで流れてきたところをクレーム(獲得)しました。

 

とりあえず現時点でこのような状況。

まだまだロースターが動きそうなので、固まり次第またお伝えします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. クーンズ より:

    QBのモーガン パンサーズ行きは向こうの思う壺みたいな感じですね week1に影響が無いとは言えない!

    1. JETS狂 より:

      クーンズさん>
      あ!パッツの得意技!!プレーブック狙いかぁぁぁ

  2. PB29 より:

    カロパンには、アンダーソン・ダーさん・ルブ・C BではダメでSにチェンジしたバリスなど…元Jetsがそこそこ居てますね〜

    ザコ師匠は、OLを強化してくれるのは良いのですが、CB・S・LBはどうするのでしょうね…
    今のjetsのCB陣の中では、No.1だと思われたオースティンもカットしていますし…
    やっぱり今年もダメだこりゃ〜
    ですかねぇ…

    1. JETS狂 より:

      PB29さん>
      ルブもパンサーズでしたか。アンダーソンしかりなぜ無名から育った有力な選手をキープできないか不思議です。
      ザック・ウィルソンは期待できるとしても、DB陣の頼りなさが気になります。
      そこは都合よくケミストリー発生に期待するしかありません。

  3. つよし より:

    モーガンのバンサーズ行きは
    スターターになれる可能性で決めたんじゃないか?って有りましたよ?

コメントを残す

CAPTCHA


Top