HOME > NEWS > NEWS(2021-2022) > 【NFL 2021-2022:ワイルドカードプレーオフ4】サンフランシスコ・49ers vs ダラス・カウボーイズ
2022年1月19日

【NFL 2021-2022:ワイルドカードプレーオフ4】サンフランシスコ・49ers vs ダラス・カウボーイズ

名門激突!それにしても西日が邪魔ねぇ・・

ワイルドカード・プレーオフの4戦目は1990年代に一代ブームを築いた名門チームが激突!

49ersとカウボーイズ 、果たしてどちらが名門復興に1歩前進するのか?

ファンが多い両チームの対戦であり、これはワイルドカードで一番注目度の高い試合でしょう!

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト&データ[GAME CENTER(NFL.com)]

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
49ナース 10 6 7 0 23
カウボーイズ 0 7 0 10 17

総評

プレーオフのチーム紹介記事で書いたとおり、49ersは強みであるランオフェンスが序盤から好調。

エースWR” ディーボ・サミュエル”と、エースRB”ラヒーム・モスタート”の穴を埋めたドラ6RB” イライジャ・ミッチェル”のランでTDを奪い、さらに前半は全ドライブで得点し、49ersは16-7で前半を折り返します。

 

49ersのDE”ニック・ボサ”が第3Q序盤に脳震とうでOUTになり、カウボーイズの形成がよくなるかと思いきやカウボーイズは反則を連発し攻守ともに足を引っ張ります。

そのトータルはなんと14回。

奇をてらったラテラルパスがダブルパスになっちゃうシーンはかなり不要でした。

さらにカウボーイズD#はサック0回とパスラッシュも不発で、オフェンスとディフェンスともに精彩を欠きます。

 

極めつけが23-17で、カウボーイズが6点差を追うラストドライブの出来事。

[※Youtubeへリンクします]

カウボーイズはもし1TD決めれば同点となり、エクストラポイントで逆転勝利可能の状況でQB”ダグ・プレスコット”がスクランブルで敵陣24ydに進みます。

残り時間はわずか。すかさずスパイクしたいところでしたが、審判が遅れてやってきた上にプレスコットにぶつかって、さらにボールを位置を置きなおしたためスパイクする時間が無くなりタイムアップ!!

そのままカウボーイズが敗北しました。
Σ(・ω・ノ)ノ!

最後にワンチャンあればカウボーイズが勝っていたのか?。それは誰にも分りませんが、せめてカウボーイズファンは最後に1回パスを投げてスッキリ終わりたかったでしょう。

 

ついでにリーグ最強のルーキーLB”マイカ・パーソンズ”はどうしたのかというと、49ersの2回目のドライブでヘルメットヒットを受けて一時的にサイドライン下がるも復帰し、最後までプレーしました。

しかし、それ以前に前試合をコロナリザーブ入りして欠場しており、この試合で復帰するも「コロナの症状を克服していない」と話していたそうで、序盤からサイドラインで頻繁に酸素吸入する姿が見られました。

つまり、コンディションは良くありませんでした。来シーズンも期待しましょう。

 

 

勝利した49ersQB”ジミー・ガロポロ”のスタッツは、パス16/25回172yd獲得、0TD、1INT、レーティングは73.9。

WR”ディーボ・サミュエル”がランにレシーブに幅広い活躍をする上に、今年のドラ6RB”イライジャ・ミッチェル”がかなりの拾い物で、ラン96yd、1TDと安定した活躍を見せています。

 

しかし、ガロポロに関しては試合後に右肩を捻挫していることが発覚。

現時点で次戦のパッカーズ戦に出場する見込みですが、全体3位QB”トレイ・ランス”の出番があるかもしれません。

 

 

一方、シーズン好調ながらこの試合では精彩を欠いたQB”ダグ・プレスコット”の成績はパス23/43回、257yd獲得、1TD、1INT。レーティングは74.2。

RB”エゼキエル・エリオット”のランが31ydと不発。

レギュラーシーズン最終戦でイーグルス相手に51点取った勢いは何だったのか・・。

対戦相手は全力で相手を分析した上で最良の策を仕掛け、さらに1発勝負の緊張感が歯車を狂わせてしまう魔界、それがプレーオフです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. 初心者マークの蒼獅子 より:

    プレスコットはプレーオフでストップがかかってしまいますね。最後のドロープレーも気持ち走りすぎたのかなと思いました。
    話は変わりますが、ゲーパスの日本語解説で、ロモのホールダーとしてのミスをまたイジられていました。運命かんじますな。

  2. ふて猫 より:

    やはりプレーオフには普段潜んでいない”魔物“が存在するようですね。果たしてディビジョナルプレーオフでも魔物(或いは呪い)が再び現れる事になるのでしょうか!(◎_◎;)

  3. あるでぃ より:

    カウボーイズがここで散るのは意外でした
    それにしても今年のプレーオフは誤審に狂わされる試合が多いですね…
    49ersにはこの勢いでGBもやっちゃって欲しいです!

  4. カウボーイズからは紳士性が失われた より:

    審判も不手際でしたけど、カウボーイズは負けるべくして負けましたね。
    マッカーシーヘッドコーチは変えた方がいいと思います。
    アーロンロジャースがリング一つなのは、かなりマッカーシーの責任が大きいと考えています。
    自分のプレーコールや判断のマズさを棚に上げて、審判についての文句に終始したコメントをしてる辺りもコーチングの拙さの一端かなと。
    レギュラーシーズンでも審判批判してましたし、それより先に振り返るべきことがあるだろうと。
    レイダースの誤審くらったコーチと差が出ました。
    コーチがこうだと選手もプレーに純粋に集中できないという見本だなと。
    カウボーイズはコーチを変えるべきです。
    早くしないとチンピラのようなチームに成り下がります。

  5. 疑問投げかけ より:

    それにしても最近審判が話題になることが多すぎないでしょうかね。
    ワイルドカードで二試合が審判のマズさが話題になってます。
    レイダースへの誤審とこの試合の審判のディレーオブゲームすね。
    レベルが落ちたのか、数年前の審判団のストライキ後からなんかそういう傾向があるような。。

  6. 山口 仁久 より:

    残り数秒の1プレイ、ボ−ルをスパイクした時は、審判の判断は正確ではなかったと思います。1秒残るはずだと思います。

  7. ふて猫 より:

    ディビジョナルプレーオフに進出を果たして49erですが、怪我人続出で次の試合が第1シードのパッカーズですか?またしても死闘になりそうですね
    !(◎_◎;)

  8. Kichinkito より:

    うーん、ラストプレイに関する英語記事や番組をいくつか見ましたが、
    審判はプレイ前にボールを触らなければならないので、
    手渡しして審判に置いてもらうのが一番早いのに、
    なぜ勝手に置いたのか、というコメントが多かったです。
    (カウボーイズ監督と選手以外はあまり審判を批判していない)
    たしかに、カウボーイズOLとプレスコットの方が、
    必死に走ってきた審判をブロックしているように見えます。

  9. プレイヤー より:

    審判を批判している人間はフットボールへの理解が浅いと自分で発信しているようなものです。
    審判はボールを置く義務があるので、ラストプレーで審判ではなくCにボールを渡してセットしてしまったプレスコットのミスです。審判はあの流れでも義務を全うした素晴らしい人です。

    1. JETS狂 より:

      プレイヤーさん>
      もしかしたら最後にワンチャンがあったとしても、ラストプレーへの微妙なボールまわしや審判の動きに依存するまでに追い込まれた自分らの弱さを憎むべきですね。

コメントを残す

CAPTCHA


Top