気まぐれドルフィンズニュース:チーフスに完封勝利

イメージャドが進化?
ドルフィンズはプレシーズン3戦目の対チーフス戦でチャドが2戦目に続いて先発登場。1タッチダウンを決め、またもや13ヤードのスクランブルを成功させるなど好調。ディフェンス陣もチーフスをエンドラインに寄せ付けず 24 – 0 で完封勝利しました。
 チャドはJETSを最も知る最凶の敵である事もさながら、それに加えやっかいなのは高い学習能力です。

[SPONSORED LINK]



チャドは元々QBとしての才能に恵まれてないにも関わらず、マジメな性格と勤勉と努力と知性で競争が厳しいNFLを8年間も生き残り続けている選手です。
2005年もケガでシーズンアウトしましたが、オフの間にカラテを学んでボディバランスを鍛え(この辺は噂ですが)、2006年にはチームをプレイオフに導きカムバック賞を受賞しました。

そして昨シーズンのチャドはJETSの弱体化したオフェンスライン(OL)のためサックを喰らったり、慌てて投げてインターセプトを喰らったり、逃げながら投球するシーンも多々ありました。
恐らくですが、OLが守ってくれない悪環境でどのように対応するのか学んでオフの間に練習したのでしょうか、プレシーズンの試合では即効で状況判断してスクランブルを成功させたり、またスクランブルかと思いきや走りながら正確にミドルパスを決めるシーンがあり、それに迷いがなく慣れているように見えました。

どんな環境だろうが突然カットされる理不尽な目に合おうが、腐らず常に紳士で本当に前向きな選手です。
これまでの能力に加えてモバイルQBの要素を加え進化した”チャド・ペニントン”との対決が楽しみです。

  1. イカレポンチ より:

    シーズンが始まればどうせまたペイトリオッツに2連敗するのが関の山。
    今年はドルフィンズにすら勝てないんじゃないの?
    いかなるスポーツにおいてもプレシーズンが好調なチームは最後まで持たないどころか終盤には沈む。まして大改造したチームは。
    なぜなら変なところで主力をピークにもっていっちゃうから。
    マンジーニの顔見るだけでも反吐が出る。
    あんまり浮かれて他のチームの応援ブログにまでくだらんこと書くな。鬱陶しいぞ。今回は書かれた側の仕返しだ(大部分は事実だけど)。

  2. JETS狂 より:

    他チームの応援ブログもよく見てまして、コメントさせてもらっています。心あたりがあるとすればPatsのプレシーズンが不調について書き込みした内容でしょうか。
    そうですね、応援してるファンの方から見ると、行き過ぎた表現だったかもしれません。誤ります。
    しかし、Patsに長年頂点に立ち続けられているAFC東のチームに取って「今年はひょっとすると」って思ってしまうと浮かれてしまうわけですが結局、期待しても例年どうり敗北すると思っている事が本音です。例えると「弱い犬ほどよく吠える」感じですね。
    同感するのはマンジーニがベリチックへ勝利する事の執念が強すぎるのか、就任当時より顔が醜くなってきている感じがします。そしてチャドをあっさり切った事もまだ納得できないところです。

コメントを残す

CAPTCHA