【2017-2018:プレビュー】味方→敵→味方→敵のWeek13

チーフス sexy
赤ヘル リーヴィス

今度の今度こそ負けられないWeek13。相手は低迷中のチーフスですが、ここにきてチーフスに元ジェッツのシャットダウンコーナー”ダレル・リーヴィス”が復活しました。

リーヴィスはジェッツで長年活躍し、名を上げた後にバッカニアーズに移籍。

たった1年で怨敵パッツに移籍しスーパーボウルを制覇したら、またジェッツに戻り、今シーズン開幕前に解雇されましたが、約2週間前にチーフスと契約。そして復帰直後に即対戦という運びになりました。

復帰したててで試合感は戻っていないハズ。今のうちにやっつけましょう。

[SPONSORED LINK]

事前情報

・チーフスに復帰したCB”ダレル・リーヴィス”が初出場予定

インジャリーリスト

チーフス

Donald Ford LB Back Did Not Participate In Practice Out
Eric Murray S Ankle Did Not Participate In Practice Out
Charcandrick West RB Not Injury Related Did Not Participate In Practice Out
Tamba Hali LB Knee Limited Participation in Practice Questionable
Albert Wilson WR Hamstring Limited Participation in Practice

Questionable

 

ジェッツ

Juston Burris CB Concussion Did Not Participate In Practice Out
Xavier Cooper DT Knee Limited Participation in Practice Questionable
Matthew Forte RB Knee Limited Participation in Practice Questionable
Brian Winters G Abdomen Limited Participation in Practice

Questionable

 

チーフスは、OUT3人に加えて、D#の中核LB”タンバ・ハリ”がQuestionable。

ジェッツはCB”ジャストン・バリス”が脳震とうプロコトルに引っかかりOUT。主力はRB”マット・フォーテ”とRG”ブライアン・ウィンタース”がQuesitonable。

ウィンタースは反則をやらかすので、むしろバックアップで有能な”ブラント・クーベル”を出した方がいいんじゃないでしょうか。

どうなるチーフス戦

もはや敗北=シーズンエンドのジェッツ。

一方、チーフスも開幕から無敗の首位独走から一転して、今や1勝差でチャージャーズとレイダースに追われる苦しい立場に転落。どちらも負けられない戦いとなりました。

 

チーフスと2年契約しNFLに復帰したリーヴィスですが、先発CBであるかどうかは不明。

年齢とブランクからしてフル出場は無いかもしれませんが、会場は主戦場であったメットライフスタジアムなので彼にとって復帰戦にはいいタイミングでしょう。

 

チーフスといえば、昨年2016シーズンにも対戦しており、QB”ライアン・フィッツパトリック”が球団記録となる6INTを献上し、計8ターンオーバーでボッコボコにされた相手です。

地獄の8ターンオーバー 同地区ビルズに勝利し、次はチーフスと対戦。 しかも チーフスQB#11"アレックス・スミス(通称:アスミス)" は2005年ドラフトの全体1位。対して、

しかし、今回はS”エリック・ベリー”が既にシーズンエンドし、ジェッツのQBはINTが少ない”ジョシュ・マッカウン”かつ、レシーバーも優秀なので昨シーズンのように無茶苦茶な事にはならないです。
(と、思います)

OLB”ジャスティン・ヒューストン”のラッシュをかわすためにランで主導権を掴みつつ、もはや必殺となったWR”ロビー・アンダーソン”へのロングパスTDで6試合連続TDレシーブを記録したいものです。

 

D#に関しては、パンサーズ戦のニュートン対策と逆でQB”アレックス・スミス”(以後、アスミス)の得意とする早いテンポのショートパスに警戒すべきですが、アスミスはここ最近の試合ではその彼の持ち味を失っているようで、それがチーフス停滞の理由の1つです。

加えて、レシーバーの落球の多さや、先週のビルズ戦ではTE”トラビス・ケルシー”がパスを投げる奇策を仕掛けるもむしろINTされる大失敗をやらかし、さらにシーズン序盤は100ydランを連発していたRB”カリーム・ハント”が勢いを失っており、O#の歯車がかみ合っておらず付け入るスキは何ぼでもありそうです。

 

ジェッツのパンサーズ戦の敗戦理由は、D#でなくマッカウンのファンブルロストとSTがパントリターンTDを食らった事が致命傷でしたので、2戦連続のホームという地の利を生かして先週のような締まったD#を心がければ大量失点は無いでしょう。

勝てる!今度こそ勝てる気がするぞ!!
ヘ(゜∀゜*)ノ

今週の勝利への金言

リーヴィスの古巣愛と人情のパスインターフェアランスに期待

以上

おまけ

マンゴールドの契約はまだだろうか・・・  

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ふて猫 より:

    どうもチーフスもイマイチつかみ所のないチームですね。未だに初戦でPATSに勝った事が信じられないですね
    今のチーフスのチーム状態なら勝てそうな気がするのですがね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      パッツはおろか唯一イーグルスに勝ったチームなので、今の状況は不思議です。
      この間にジェッツも1勝あやかりたいところです。

コメントを残す

CAPTCHA