HOME > NEWS > NEWS(2008-2009) > Week7に向けてのチームレポート
2008年10月18日

Week7に向けてのチームレポート

ークランドはファーブ思い出の地
Week6は0勝のベンガルズ、そしてWeek7は1勝のレイダース、Week8は現時点で1勝のチーフスと不振のチームとの連戦で全て勝っておきたいJETS。
そしてオークランドはファーブにとって忘れらない思い出がある場所でもあります。

[SPONSORED LINK]


▼ファーブにとって忘れられない地、オークランド。
“ブレット・ファーブ”はオークランドで試合するのは実に5年ぶり。その5年前の2003年12月パッカーズvsレイダースの試合前日にファーブは父”アーヴィン”が亡くなったと知らせを受けたのです。
仲が良かった親子なだけに精神的ショックが心配された翌日マンデーナイトのレイダース戦、全米から同情が集まる中で399yd獲得4TDパスを決めて41-7の快勝。ファーブ伝説に新たな1ページが加えられました。

▼FS”エリック・スミス”復帰
Week4カーディナルス戦で、ヘルメットからのタックルを行ったとして1試合停止と5万ドルの罰金処分を受けたFS”エリック・スミス”はレイダース戦から復帰。先発の可能性大です。

▼ケガ人リポート
LB”カルビン・ペイス”は先の試合で足を負傷し、練習を休みましたがWeek7には出場予定。
LB”ブライアン・トーマス”もベンガルズ戦でくるぶしを負傷し練習を休みましたがWeek7は出場予定。
もし彼が欠場ならばルーキー”ヴァーノン・ゴルストン”が先発になるでしょう。

▼マッチアップ!
1.NT”クリス・ジェンキンス” vs C”Jake Grove”
RB”ダレン・マクファデン”の中央突破を阻止するためにはジェンキンスに頑張ってもらうしかありません。
マクファデンはつま先を負傷して、パフォーマンスが低下していますが、それでも平均5.1yd獲得のランは無視できないでしょう。
しかしながらジェンキンスはチャージャーズ戦で背中を負傷し、ベンガルズ戦でも途中で下がる場面がありましたので、体調面で心配です。

2.WR”ラヴァニアス・コールズ” vs CB”ディアンジェロ・ホール”
今シーズン、ファルコンズからレイダースへ移籍したNFL最速の男”ディアンジェロ・ホール”とリーグ屈指の快速WR”ラヴァニアス・コールズ”のスピード対決です。ベテラン同士の対決でもあり、これは見ものです。
加えてレイダースにはCB”ナムディ・アソムーガ”もいるので、ファーブのロングパスが通じにくい相手と思われます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top