アフィリエイトの疑問と矛盾

JETS狂を維持するためのサーバー代の足しになるかと思って、記事の最後などところどころにアフィリエイト広告を張ってます。 正直なところ、全然お金にはなりません。

でも気ままに記事を書くのが雑誌を作るみたいで面白く、アクセス数のアップが継続する支えになってますので、特に収益なくても楽しくやってます。(まぁちょっとでも足しになればいいんですけどね。)
あと、ときどきアフィリエイト会社の新サービスとか面白そうなので実験をしたりしてます。最近、下にへんな動画が出たりしていたのもそのためです。

で、本題ですが最近はどのサイトでもアフィリエイト広告を見るのですが、この広告をクリックする人って何かを調べたりするのに検索をしてたどり着いたサイトの内容では足らないので、思わず広告をクリックする流れになると思うんですよ。つまりたどり着いたサイトの内容で問題が解決できれば広告をクリックする必要ってないんですよね。

つまり有益な情報を掲載している存在価値のあるサイトの広告はクリックされず、逆に内容が薄いサイトはクリックされやすいという現象が発生するかと思います。

最近はヤフーのニュースをコピペしただけアフィリエイトだらけの内容も何も無いサイトが乱立されて、それらが検索に引っかかってくるので邪魔でなりません。

やっぱりサイトって、どんな内容でも人を楽しませたり、参考になるものほどネット上にある価値があると思うので、そういうサイトほど収益があるシステムを作った方がいいのでは無いかと思います。
例えばそのサイトの内容が面白かったり、参考になった場合はボタンをクリックして課金になるとか・・。でもそれだとお金を払うスポンサーがつきませんね~(-_-;)

しかし新しいサービスってこういう考えから生まれたりするのかなと思う今日この頃です。