HOME > NEWS > NEWS(2008-2009) > JETS:元P”ベン・グレアム”がカーディナルスと契約
2008年12月3日

JETS:元P”ベン・グレアム”がカーディナルスと契約

てる神あれば拾う神あり
現時点でプレーオフ出場に一番近いカーディナルスが不振の新人P”ダーク・ジョンソン”を見限って、シーズン序盤にJETSから解雇されたP”ベン・グレアム”を獲得しました。

[SPONSORED LINK]


▼ベン・グレアムとは
P”ベン・グレアム(Ben Graham)”は2005年に31歳でJETSに入り、現在34歳。
パンターはキッカーも両方兼用できる選手が多いのですが、Week1ドルフィンズ戦でK”マイク・ニュージェント”自爆後にキッカーの代役も務まらず、Week2ペイトリオッツ戦では平均27.3ydしか飛ばせないなど、パンターとして意味を成さなくなったので解雇になりました。

しかし、Week3チャージャーズ戦直前で代役P”レジー・ホッジス”が負傷したため、たまたま友達とサンディエゴにいた”グレアム”を現地調達。Week3では平均38ydと合格点で見事復帰に見えました。

しかし、Week4カーディナルス戦ではさらに飛距離を伸ばして平均43ydと距離は伸びたのですが、距離だけ延びて滞空時間の無いパントにフロント陣は問題視して、バイ・ウィークを挟むと”レジー・ホッジス”が回復している事を見越して”グレアム”は再び解雇となりました。
“ベン・グレアム”はその後、セインツ戦で1試合出た後にまた放出され、現在までフリーでした。

解雇前の対戦相手だったカーディナルスは平均飛距離が長い”グレアム”のパントにJETSとは逆に好印象を持ったようでして、新人P”ダーク・ジョンソン”がミスキックで20ydしか飛ばないわ、ホルダー役をミスってキックが入らないわなど、ミスが多い事に業を煮やして解雇し、代わりに”グレアム”を獲得したとの事です。

プレイオフで対戦する可能性がある両チーム、グレアムと相対する時は来るのか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top