HOME > NEWS > NEWS(2009-2010) > “ブレット・ファーブ”2度目の引退!!先発QBの行方は?
2009年2月12日

“ブレット・ファーブ”2度目の引退!!先発QBの行方は?

イメージ
るでデジャブだ
去年もこのブログでファーブ引退のニュースを書きましたが、2年連続で同じニュースを書くとは思ってもいませんでした。

しかも状況も昨年と同じで夜中にネットでニュースを見ていて、寝る前にチラっとブラウザの更新ボタンを押すと「Brett Favre tells Jets he’s going to retire」といきなり表示されましたから、驚いてマッハで速報を書きました。

そして「Maddenの呪い」に新たな1ページが加わりましたね(-_-;)。

私事は置いておいて、時間が経ちいろんな所で大量の関連ニュースが上がっております。これらを何回かに分けて整理していきたいと思います。

[SPONSORED LINK]


▼引退の経緯
ファーブはWeek17ドルフィンズ戦に敗れシーズンが終了した翌日には既にGM”マイク・タネンバウム”に引退の方向を考えていると相談していました。
GM”マイク・タネンバウム”は結論を急ぐなと助言し、それ以降チームはファーブにコメントを控えるように徹底していました。

多くのコーチ陣がファーブの続投を望むコメントを出すものの既に引退の方向へ進んでいることは周知していたようです。そして2月11日水曜日の朝にESPNへ報告し、チームは声明を準備。

午後にファーブはジェッツで最後の1年を過ごしたことに何の悔いもなく、GM”マイク・タネンバウム”やオーナー”ウッディ・ジョンソン”、そして自身をジェッツに獲得した元HC”エリック・マンジーニ”に対する感謝の念を述べる声明を発表しました。

直接の引退の原因はシーズン終盤に右腕の二頭筋が裂けたままプレーしていた事と関係なく、当初マスコミが指摘していたとおり右肩の限界。ファーブ自身も「肩がだめになるのは時間の問題だと考えていた。QBにとって、肩の故障は致命的だ」と語っております。

シーズン中盤からインターセプト病が無くなり、ハイパフォーマンスでペイトリオッツ、タイタンズと優勝候補を撃破し5連勝しましたが、Week13豪雨のブロンコス戦から異常発生。
RB”トーマス・ジョーンズ”を止められてパスの回数が増えるとファーブは自滅する傾向が見えてしまい、その後は1勝しかしていません。(二頭筋のケガもこの頃からだと思います。)

それでも平均選手寿命3,4年のNFLで18シーズンもの長きに渡り戦い続け、体に染み付いたパッカーズのシステムを捨ててシーズン直前にジェッツに移籍したにも関わらず、チームをAFC東単独首位に導き、プレーオフ一歩手前まで勝ち進んだ事は驚異以外の何者でもありません。

シーズン終了後ファーブに批判的であった”トーマス・ジョーンズ”と”ケリー・ローズ”も「悪意は無かった。彼を大変尊敬している。彼の代わりを探すのは難しいだろう」などとコメントしております。

▼ジェッツファンは引退賛成派が多数
関係者の間では引退を惜しむ声が多いですが、ファンの間ではそうでもない。むしろ望んでいたという声も聞かれます。
ジェッツファン”ダン・ロジャース”(39)=「ファーブが引退?いい事だ。我々は彼に2度とチャンスを与えないだろう。」
“クリス・キャントフ”(30)=「おそらく彼はグリーンベイに小さな家を買うだろう。彼はあそこを愛してるから。」
“デニス・ルイス”(35)=「彼は引退するべきだったのさ。」
“Mike Ciccarelli”(27)=「彼が来てくれた事で多くのジェッツファンは満足だった。しかし引退の時だ」
とシーズン最初は愛していたが終盤には嫌気が差したというファンが多いようです。

▼気になる先発QBは?
そして”ジョー・ネイマス”の流れを組む憧れのポジション「ジェッツ先発QB」の座が空きました。
昨年、先発に登録されながらもファーブの電撃入団でバックアップに逆戻りしたQB”ケレン・クレメンス”が有力となりますが相変わらず肩は強いものの精度の悪さをプレシーズンで露呈したので、現状ではナイと思います。
逆にプレシーズンで活躍した3rdQB”ブレット・ラトリフ”。才能はありそうなので彼が開幕までに成長すれば先発はアリかもしれません。昨年ドラフト4順目獲得の”エリック・エインジ”はサイズとパスの正確性に期待が持てるようです。

しかし即戦力としてFAから獲得する事も考えられます。バッカニアーズの”ジェフ・ガルシア”は38歳とまた直ぐに引退しそうなのでナシ。イケそうなのはスティーラーズの控えなのに人気がある”バイロン・レフトウィッチ”。
更に欲を出せばトップクラスの”カート・ワーナー”(カーディナルス)、”ケリー・コリンズ”(タイタンズ)、”マット・キャッセル”(ペイトリオッツ)。

トレードで考えると”デレク・アンダーソン”(ブラウズン)は”ブレイディ・クイン”に先発を追われてトレードする可能性があります。”マット・ハセルベック”(シーホークス)も可能性は捨て切れません。

ドラフトから獲得するならば”マイク・サンチェス”(南カリフォルニア大)がジェッツ1巡目、全体17位まで残っている可能性が高いそうです。

ジェッツはオフも話題に事欠かないチームですな(-0-;)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. Lovie the Dog より:

    JETS狂さん
    ファーブの引退で後継選びが楽しみですね。ペニントンはニンマリでしょうか。
    コリンズ、キャッセルは残留の線が濃厚、ワーナーも引退でなければ残留っぽいですね。
    ベアーズもベテランQBを獲得したいところなので、レフトウィッチには狙いを定めている可能性があります。
    グロスマンいかがですか(笑)?一応SBも経験してますが。

  2. JETS狂 より:

    新HCに新QBとチームの司令塔がガラっと変わり新時代の幕開けです。
    そして後継者がどうなるのか予想がつかないので、今シーズンのオフもジェッツは楽しませてくれそうです。
    ちなみにグロスマンだけは要りません(@_@;)

コメントを残す

CAPTCHA


Top