HOME > NEWS > NEWS(2009-2010) > JETS:WR”ラヴァニアス・コールズ”をカット。(T_T)
2009年2月26日

JETS:WR”ラヴァニアス・コールズ”をカット。(T_T)

イメージ なじみの選手が次々消えていく・・
以前のニュースで伝えたとおりコルツWR”マービン・ハリソン”がコルツを解雇となりました。
マニングとあらゆる記録を総なめにした最強のホットラインの終焉であり、そしてリーグ史に残る勝率を誇ったトニー・ダンジーHCも引退。コルツの一時代に終わりがきたように思えます。

JETSに関しても昨シーズンは大改革を行いましたが、今シーズンも新HC、先発QB探しとまた変革の時期を向かえています。

そして、JETSの主力WR”ラヴァニアス・コールズ(Laveranues Coles)”が契約解除となりFA市場に出る事になりました。
JETSはドラフトとFAでWRも獲得しなければならない状況になってきました。

[SPONSORED LINK]


▼WR”ラヴァニアス・コールズ”
コールズは2000年にJETSに入団。2002~2003年はレッドスキンズに移籍しましたが、2004年に再びトレードでJETSに戻り、2008年までJETSの先発WRを勤めました。

昨シーズンはオフに契約に関して不満で、練習に参加しないと述べて騒動となりましたが、結局はマンジーニの説得により2年で計1100万ドルで契約。
そして、ファーブの電撃移籍により入団以来の大親友であるQB”チャド・ペニントン”が解雇された事には激怒しておりました。

▼契約解除の経緯
コールズは現行の契約を1年残している中で更に長期契約を要求。しかしJETS側は、キャップをあけるため、来季の年俸が600万ドル(約5億
9,000万円)となるコールズの年棒をカットする方向性でした。
そして交渉の結果、互いに納得する形でコールズが契約解除となり無制限FAとなりました。

コールズの昨シーズンの成績は70キャッチ、850yd獲得の7TDを記録。キャリア通算では631キャッチ8,095ydの44TDの成績で、31歳の年齢にも関わらず即戦力のWRとして獲得に乗り出すチームも多いでしょう。

▼気になる移籍先候補は?
これは語るまでもありません。やはり家族ぐるみの大親友であり長年にわたりコンビを組んできたQB”チャド・ペニントン”のいるドルフィンズでは無いでしょうか。
昨年ドルフィンズの再生によりパフォーマンスを上げているチャドにとっても、自分を一番理解しているコールズがドルフィンズに獲得されれば鬼に金棒。

ドルフィンズはRB達は脅威ですが、WRは精細を欠いた”テッド・ジンJr.”などコマ不足な感じがするので、WRのニーズはあると思います。

しかし現実的にそうなると、JETSのホットラインがそっくりそのまま同地区のドルフィンズに行ってしまうので、JETSファンにとっては歯がゆい状況となりますね(=_=;)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. B.C. より:

    残念ですが、チャドのためにもぜひMIAに行ってほしいですね。
    MIAファンの反応も、概ね歓迎ムードのようですし。
    それにしてもJETSはFA、ドラフトと頑張って動かないといけなくなってきました。
    CB、S、ILBに加えてエースWRを獲得しないといけないし、ベーカーの後釜となるTEも。
    ライアンはラン攻撃重視を宣言しているので、RBももう一枚必要でしょう。BALのマクレインのようなパワーバックがいいですね。
    去年のような積極的な動きで、しっかりと補強してほしいものです。

  2. JETS狂 より:

    昨年もジャブジャブとマンジーニがお金を使いましたが、どのポジションも補強が必要で今年も出費は免れません。
    となると、一番お金がかかるQBはチーム内のクレメンスかラトリフで行く可能性も大きくなってきたと思います。
    そして、もうすぐFA解禁。レックス・ライアンの手腕を見せてもらいましょう。果たして”レイ・ルイス”は来るのか??

  3. あかお より:

    これは大きなニュースですね!
    確かに、ジェッツはWRだけは妙に層が厚いので、一人放出しても大丈夫といえば大丈夫なのですが・・・。
    仮にエース級のWRが補充されないとすると、エースはもちろんコーチェリーですが、2番手はスタッキーかスミスか。スタッキーとスミスはちょうど年齢も同じくらいだったと思うので、この状況を良い刺激にして競い合ってもらいたいですね。
    もしTEを補強するなら、ケラーをWRのポジションで使うのもアリだと思うんですけども。
    ところで、ぼくは最重要補充ポイントはSだと思っているんですが。頼りになる相棒がいないと、ローズも活躍できないんじゃないかと。

  4. JETS狂 より:

    JETSのWR陣は31歳のコールズ以外は全員25歳前後の若手。コッチェリーがこれで1番手になりますが、やはりPatsのランディ・モスや以前JETSにいたサンタナ・モスのようなスピードと経験のあるベテランが居て欲しいところです。
    経験が無いと新QBへ適応するまでの時間もかかるかと思いますので。
    たしかにケラーをWRにコンバートするのもアリですね~。彼はJETSのウェス・ウェルカーに成りえます。
    そして昨年は抜かれまくったDBの補強も重要。課題が多すぎてレックス・ライアンも大変です。

  5. あかお より:

    経験という意味では、昨シーズンだけに関して言えば、スタッキーはここぞというところでファーブのターゲットとして活躍したので、まあまあイケルのではと思います。
    スミスはワイルドキャットからのWRスクリーンみたいなやつしかやってなかった印象・・・^^;
    コーチェリーはスピードに不安アリでしょうか。

  6. JETS狂 より:

    スタッキーも後半ぼちぼち活躍してくれましたが、やはり足が速くて長身、そしてたよりになるWRが欲しいです。
    運動能力があり、元QBで奇策に使えるブラスミは今シーズンに期待していたのにパッとしませんでしたしね。
    そして、コッチェリーはファーブのパスに相性が良かったのですが、新QBに適応できるかどうか怪しいです。
    今シーズンのオフもジェッツは見ていて飽きないチームです。

コメントを残す

CAPTCHA


Top