HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【2018-2019:今週のAFC東】Week15(やったぜスティーラーズ編)
2018年12月20日

【2018-2019:今週のAFC東】Week15(やったぜスティーラーズ編)

トムブレイディ、ペイトリオッツ、スティーラーズ
パッツに異変

もはや残すは3試合ながらも、珍しくまだ地区優勝が確定しないペイトリオッツ。

そして今週も波乱が起きました。

今週のAFC東はどない?

[SPONSORED LINK]

ペイトリオッツ 10-17 スティーラーズ

毎回、このカードはスティーラーズが手も足も出ずに負ける印象がありますが、今日は違う!ペイトリオッツがまさかの1シーズンに2度目の連敗です。

 

第1Qに両者TDを決め、点の取り合いになるかと思いきやその後はO#停滞。

第4Qに10-14でペイトリオッツ4点ビハインド。この状況でブレイディ様はレッドゾーンに入ったにも関わらずINTを献上した事が致命的でした。

一方スティーラーズは、ロスリスバーガーが2INTを記録するも堅守で支え、RB”ジェイリーン・サミュエル”が142ydを走って試合をコントロールしました。

加えて、総合的なスタッツでは両者ほぼ互角のなのですが、ただペイトリオッツの反則回数がスティーラーズの3倍以上というのも、敗因でしょう。

 

ペイトリオッツは敗れはしたものの、タッチバックを阻止するためにジェットストリームアタックばりの連携の曲芸を見せました。

プレーオフ目前とはいえ暗雲たちこめるペイトリオッツ。この調子だと久しぶりにペイトリオッツのワイルドカードが見れそうです。

ドルフィンズ 17-41 バイキングス

先週、ペイトリオッツに劇的な勝利をしたイルカさんでしたが、私が先週「奇跡的な勝ち方した後の試合って、ロクな事がないんだよなぁ」と言ったとおり、バイキングスに大差の撃沈。

第1Qに3TD食らった時点でもはや勝負あり。イルカさんはPICK6を決めて、反撃を試みるも奇跡の大逆転とはいきませんでした。

 

イルカさんのタネヒルはパス11/24回108yd獲得と奮わず。

一方、バイキングスはRB”デビン・クック”が136yd獲得2TDの活躍です。

ペイトリオッツも敗北したとはいえ、残りは2試合。残り2試合をドルフィンズが勝利し、ペイトリオッツが全敗しなければ、逆転地区優勝はありません。

奇跡よ!もう一度!

ライオンズ 13-14 ビルズ

1点差でビルズが接戦を制して勝利。

この1点差と言うのが、第2Qにライオンズが先制のTDを決めた際のエクストラポイントをキックのフェイクから2ポイントを狙って失敗したという自爆。

ライオンズは第2Qに2TD決めるも、後半は堅守ビルズのD#にシャットアウトされ、ビルズが第4Qに2本目のTDを決めて逆転勝利。

 

ビルズQB”ジョシュ・アレン”のスタッツは、パス13/26回204yd獲得1TD。

第4Qの4thDownギャンブルでスクランブルを仕掛けてファンブルする失態があるものの、D#に支えらえて勝利しました。

勝利は嬉しいものの、ドラフトはどんどん不利になるビルズ。それでいいのかい?
( ´艸`)

今週のAFC

Division Leaders

W

L

T

DIV

CONF

[x] Chiefs

11

3

0

4-1

9-2

Texans

10

4

0

3-2

8-3

Patriots

9

5

0

3-1

6-4

Steelers

8

5

1

3-1-1

5-5-1

 

Wild Card

W

L

T

DIV

CONF

[x] Chargers

11

3

0

3-2

8-2

Ravens

8

6

0

2-3

6-4

 

In The Hunt

W

L

T

DIV

CONF

Colts

8

6

0

3-2

6-5

Titans

8

6

0

3-2

5-6

Dolphins

7

7

0

4-1

6-4

Browns

6

7

1

2-1-1

4-5-1

→未だにプレーオフ進出を決めたのはAFC西の2チームだけという最後まで分からない展開。

しかしながら、ペイトリオッツとテキサンズは残り2試合なのであと1勝すれば地区優勝のリーチです。

ワイルドカード争いは今週敗北したドルフィンズが一歩後退。

な、なんとブラウンズにはまだプレーオフ出場の希望があります。ブラウンズなのに。

今週のBest of Tweet

チーフスに苦渋を飲まされ続けてきたチャージャーズが頂上決戦で絶好調のチーフスを破る快挙を達成!

チャージャーズは2013年シーズンぶりのプレーオフ出場で、優勝候補筆頭です。

とうとうフィリップ・リバースが念願のスーパーボウルを制覇するのか。

そうなったら、サンディエゴ市民は可哀そうだなー。

Week16

パッカーズ vs ジェッツ

シーズンエンドしたチーム同士の消化試合ですが、私はジェッツがパッカーズに勝利したところを見た事ありません。

負けた方が得としりながらも、ここでパッカーズに勝利したい気持ちもあり、複雑な心境です。

ビルズ vs ペイトリオッツ

とにかくペイトリオッツに1勝もさせてはいけない状況で、ビルズが2度目の対戦。

ジョシュ・アレンがやってくれるハズ!そう信じるしかない。

ジャガーズ vs ドルフィンズ

今週はバイキングスに敗北し、プレーオフがかなり遠のいたイルカさん。

もはや1敗もできないところで対戦するのは、よわよわジャガーズ。

ここはサクッと勝利して、望みをつないでほしいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. T.Takahashi より:

    リバースといえば、ドラフト時には話題だった変則のサイドスローをチーム加入後に矯正された筈ですが、最近はサイドスローに戻ったような気がしませんか?

    1. JETS狂 より:

      T.Takahashiさん>
      元はサイドスローだったんですか。
      ちょっとチーフス戦のリバースだけのハイライトを見ると、サイドスローとまではいかずとも、前より腕の振りがコンパクトになった気が・・
      https://www.youtube.com/watch?v=8aZ4DaD6sZY
      うむむ・・リバースを毎回見てるわけではないのでなんとも・・・

  2. ふて猫 より:

    まだこの時期にPATSの優勝が決まっていないのも珍しいですね(@_@;)最も、後1勝で決まるのも何となく号腹ですがね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      今のパッツは非常に不安定。もしかしたら、ビルズ戦を落とすかもしれません。そしてイルカが勝つと最終戦のジェッツに全てがかかる激熱の展開に。
      ジェッツ的にはもう勝ちたくないのですが。

  3. #12 より:

    まさかの Pats 連敗!
    調子を落としていた PIT よりも勢いがありませんでしたね。ただ、プレシーズンも含めて Pats の敗戦はすべてアウェイゲーム…。残り2ゲームは @NE なので AFC East の優勝は Pats なのでしょうね ;(
    しかし、BUF と NYJ がガッツを見せてくれると信じています。
    あとは SEA が第5シードを確保してくれると良いのですが…

    1. JETS狂 より:

      #12さん>
      パッツの地区優勝はもはや同然として、せめてラスト2週はルーキーQBたちがブレイディに一泡吹かせて、来シーズンに繋がる試合を見せて欲しいですね。
      シーホークスは49ersにまさかの敗戦で、もう負けたらヤバイですね。前シーズンはPO出ていないので、私もシーホークスの出場を願ってます。

コメントを残す

CAPTCHA


Top