OT”アラン・ファニカ”はカーディナルスへ

NFLイメージ
ーディナルスに元JETS集結中
ドラフト中にカットされた9度のプロボウル選出を誇るOT”アラン・ファニカ”(33)。
またもカーディナルスが獲得です。

ワーナーを失ったが、昨シーズンのチャンピオンシップ出場チームの先発を集めまくり、今シーズンもプレーオフに出場するのか?

[SPONSORED LINK]
▼OT”アラン・ファニカ”
ファニカはスティーラーズで7度、JETSで2度もプロボウルに選出されたリーグを代表するOT。
ファニカは1998年のドラフト1巡で獲得され、スティーラーズに10シーズン所属していました。
2008年にJETSがOL大改革のため5年総額4,000万ドルの大型契約でGET。この改革があいまってJETSのラン攻撃は飛躍的にUPしました。

しかし最近は高い契約金のわりにあわないパフォーマンスでしたので、カットの対象であるというニュースが流れ、メディアの推測どおりドラフトでOTを獲得するやいなや、JETSをカットされました。

▼カーディナルスへ今シーズン3人目の移籍
そして、このたびカーディナルスが獲得。契約の詳細は不明ですが1年250万ドルぐらいだと、メディアでは推測しています。
ベアーズとテキサンズも狙っていたらしいのですが、カーディナルスのHC”ケン・ワイゼンハント”はスティーラーズの元アシスタントコーチであり、ファニカとは面識があることも契約に影響したのでしょう。

で、今シーズンJETSからカーディナルスに移籍したのはK”ジェイ・フィーリー”、S”ケリー・ローズ”を含めてこれで3人目。さらに2年前に移籍したP”ベン・グレアム”もあわせると今シーズンのカーディナルスの先発に元JETSが4人もいることになります。
どれも契約絡みなどでJETSを出た選手なので実力は十分にあり、ワーナーを失ったとはいえカーディナルスは着実に戦力を増強しております。

コメントを残す