今週のAFC東:Week10

NFLイメージ ャド・ペニントン復活!!
ヘニーの不振によりドルフィンズはとうとうリーサルウェポンを投入。
その名は「チャ~~~ド・ペニント~~~ン」 (°∀°)b
そう、かつてはJETSを背負い幾度もプレーオフに導いた貴公子がフィールドに帰ってきた!!

しかも相手のタイタンズには大学時代にホットラインを築いた相方WR”ランディ・モス”がやってきた!!これは運命なのか!?

パッツvsスティーラーズも気になる今週のAFC東はどない???

[SPONSORED LINK]
▼ドルフィンズ 29-17 タイタンズ
チャド・ペニントンはなんと開始2プレイで肩を負傷して、そのまま退場 。(;´Д`)ノおいぉぃぉぃ・・・・・
結局ヘニーが投げるが、ヘニーも第3Qに膝を負傷して、交代。(;´Д`)ノおいぉぃぉぃ・・・・・
しかしタイタンズも前半終了間際にコリンズが負傷し、ヤングが後半から投げました。

試合はタイタンズRB”クリス・ジョンソン”が117yd1TDを記録するも、ヤングのファンブルロストもあり終盤まで20-17でドルフィンズリード。
そして、ドルフィンズはヘニーから交代した第3QB”タイラー・シグペン”がTE”アンソニー・ファサーノ”へトドメのTDパスを通して勝利。

ペニントンは故障者リスト入り、ヘニーはベアーズ戦までには間に合うかもしれないが、ドルフィンズはベテランQB”パトリック・ラムジー”と契約した模様。ちなみにモスはパス・インターフェアランスを誘発させるも、またも徹底マークされ1レシーブ26yd獲得という低調な成績に終わりました。
ああ、ペニントン。どこまでも疫病神にとりつかれております。

▼おまけ:またも「さよならペニントン動画」

▼ペイトリオッツ 39-26 スティーラーズ
強豪スティーラーズにパッツ2連敗の望みをたくすも、そうは問屋がおろしませんでした。
スティーラーズOLはパッツのパスラッシュを防ぎきれず、ロスリスバーガーが5サックを浴びるハメに。

さらにWR”ハインズ・ウォード”が負傷退場。さらにエンドゾーンへのパスも呼吸が合わない。ついでに近距離FGがハズれて攻撃に精細を欠いて第3Q終了時点で23-3。
これは勝負あったと思ったら、ここから奇跡のチーム、スティーラーズが猛反撃。
バンバンTDパスを決めて、なんと第4Qだけで23点と盛り返す。しかしパッツも引き離しにかかりSB制覇チーム同士のシバキ合いに発展。だが、スティーラーズは致命的なINTリターンTDを献上してしまい、残り3:00のオンサイドも失敗しゲームオーバー。
39-26とスティーラーズは鉄壁の守備が崩壊し、大量失点で敗れました。それでも最後の反撃はまたも奇跡を予感させました。

ブレイディはパス30/43 350yd獲得3TD,0INTと絶好調。またもTE”ロブ・グロンコウスキー”やWR”ブランドン・テイト”が活躍し、パッツの新時代を支える芽が育ってきております。それよりも恐るべしは、崩れた試合の翌週はリバウンドして強くなるペイトリオッツの超修復能力。2戦連続で崩れるのを見たことがありませんな。

▼ビルズ 14-12 ライオンズ
弱り目猛獣の頂上決戦はビルズがやっと勝利!!!ライオンズのQBはスタッフォードがシーズンアウトしたため”ショーン・ヒル”。
ビルズはエンドゾーン手前まで進まれるピンチをINTで脱出。そして第2QにWR”リー・エバンス”へのロングパスを通して、RB”フレッド・ジャクソン”のTDランで先制。後半もジャクソンのランで稼ぎ14-3とリード!

しかし第4QにライオンズはFGを決めて14-6とし、残り2分からパスをバンバン通し残り14秒でTD!!
2ポイントに成功すれば延長だったが、これに失敗しビルズはヒヤヒヤさせるものの逃げ切り初勝利です。

しかし初勝利するものの、びるずダイナスティさんがブログを当分お休み宣言。
ビルズ情報はしばらくツィッターで見てねとの事です。ドラフトまでには帰ってきてね。

▼AFC東
ジェッツ 7勝
ペイトリオッツ 7勝
ドルフィンズ 5勝
ビルズ 1勝
→今週のAFC東は全チーム勝利なので差は変わらず。
しかしAFC北が間逆に全滅したので、AFCの勝率トップである7勝チームはジェッツとペイトリオッツのみ。
もしや、またワイルドカード1回戦で激突するのか??

▼Week11
・ドルフィンズ vs ベアーズ[日本時間:金曜]
負傷者続出のドルフィンズは回復の時間なしでスグに試合。
QBは誰が出るのか??

・ジェッツ vs テキサンズ
昨年のサンチェス&ライアンのデビュー戦で、波状ブリッツとリーヴィス・アイランドでマット・ショーブを封じ込め快勝。
おそらくリベンジに燃えているでしょう。

・ペイトリオッツ vs コルツ
お前が止めなきゃ誰がパッツを止めるんだい?頼むぞ兄者!!(屮゜Д゜)屮

・ビルズ vs ベンガルズ
弱り目猛獣対決Round2。
不振ベンガルズは自爆キックでJETSを去る事になったK”マイク・ニュージェント”がオンサイドでまたも自爆し、IR入り。
ビルズ2勝目のチャンス!(というか勝たずにドラフトを有利に進めた方がいいか)

  1. ぷんじん より:

    ペディントン…哀れを誘いますねえ…
    もうちょっと頑張って欲しいんですが。。

  2. JETS狂 より:

    サンチェスvsペニントンという、ガンダムvsガンダムのような夢の新旧QB対決が実現するかと思ったら、一瞬でオジャンです。本当に残念。しかしペニントンって本当にケガに対する耐性がないですね~。
    ぜひともまた蘇って、カート・ワーナーのような復活劇を期待したいです。

コメントを残す