NFLファンに贈るプロレス技講座(1)

ある日、突然「あれ?インディアン・デスロックってどんな技だっけ?」と変な疑問にとらわれてしまいました。
一昔前なら、知っている人間に技をかけてもらう必要があったのですが、ネットの発達した今の時代は検索すれば一発で動画が出てきます。
思い出すのにわざわざ痛い思いをしなくてもいい、素晴らしい世の中になりました。(°∀°)b

“クレイ・マシューズ”も”バート・スコット”もリングに上がった事ですし、NFLファンにもアメリカンプロレスの導入口として、使用される技を紹介していきます。

さぁ、とりあえず弟や親戚にかけてみよう!!

[SPONSORED LINK]

インディアン・デスロック

この企画の発端となった技。自分の片足一本で、相手の両足をロックしてしまうという、非常に効率のいい技ですね。
相手をうつぶせの体制にするリバース型はアントニオ猪木の技として知名度がありますが、アメリカンプロレスでは昔、HHHが寝転んだ体制で仕掛ける変形型を使っておりました。
(あまった片足で相手の足をぐいぐい押して、ダメージをUPさせる)

シャープシューター

和名「さそり固め」といえば、直ぐに分かりますね。(同じ技説と別の技説がある)
アメリカンプロレスでは”ブレット・ハート”のフィニッシュホールドとして有名。”クリス・ベノワ”の代名詞的な技でもありました。
ちなみに”クリス・ベノワ”は日本でも活躍し、世界ヘビー級王座も採った人気レスラーでしたが、キャリア絶頂のさなかに家族全員を惨殺し、自らも首を吊り自殺をするという衝撃的な事件が発生。
WWEの黒歴史として、彼の名前は抹消され、彼を名前を言う事すらタブーとなりましたが、ファンにとっては高度なテクニックや、体を張ったダイビングヘッドバッドなど、忘れられぬレスラーの一人です。

ぺディグリー

一般人には犬のえさを連想させる響きですが、プロレスを知ってる人にとっちゃ説明不要。語るまでもなくHHHの必殺技です。
両腕をダブルアームスープレックスの体制に固めて、受身と取れぬ体制でそのままマットに叩きつける超危険技です。
昔は両腕をきめたままマットに叩きつけてましたが、危険度のあまり最近は叩きつける前に手を放します。
良い子はマネしないように!!。

ウォール・オブ・ジェリコ

クリス・ジェリコの必殺技です。簡単に言えば、高角度な逆エビ固め。
昔は完全に立って決める、まさに壁のような逆エビでしたが、Xパックの腰を破壊してから再発防止のため、普通の逆エビになりました。

長期連載できそうな、おいしい企画が誕生したので、続きはまた後日・・・

  1. 僕は個人的に好きな技はダイヤモンド・カッターですね。 ランディ・オートンのRKOが有名でしょうか。 wweといえば去年のNFLシーズン中にオチョシンコもリングに上がってミズと舌戦してましたね。

    1. JETS狂 より:

      DDPのダイヤモンド・カッターは私も好きです。というかDDPが好きでした。「イッツ、ミー、イッツ、ミー、イッツ、D・D・P!!」
      現在でカッター系といえば、RKOがメジャーですね。
      オチョシンコもWWEに出てたんですか、一時PPVしか見てない時期があったので見逃しました。
      NFLのシーズン終了とともに、WMが近づき、そしてロック様が復活したので、最近は再燃しております。
      (そしてドラフト情報が置き去りに・・・・)

  2. HITMAN より:

    良い企画ですね、これ!!
    体育館の高跳び用マットの上で練習に明け暮れた中学時代を思い出します。
    僕はミステリオやドラゴンキッドなど、ルチャの薫り漂うレスラーも好きでしたね。
    でも真似するのはやっぱり至難の業でしたが・・・(笑)

    この先どんな技が出てくるのか楽しみです。

    1. JETS狂 より:

      思いつきにしては収穫でした。ネタに困ったときになんぼでも書けそうな感じです。
      WWEも「シン・カラ」というマスクマンと契約したらしいし、ルチャ系もまとめて紹介したいですね。
      ・・・・と、いいますかココな何のサイトだ??Σ(・ω・ノ)ノ!

  3. ちゅる より:

    いやあ、また面白い企画を思いついちゃいましたねwプロレスファンとNFLファンって意外にニーズが被るのか。

    >さぁ、とりあえず弟や親戚にかけてみよう!!
    Don’t try this at home!ですよ!

    カッター系と言えばストーンコールドのスタナーをお忘れじゃないですか?
    ヴィンスやシェインのこの技の受けの上手さを是非ご紹介頂きたいw
    ペディグリーも受けの上手下手が分かる技ですね。上手い人は足がピーンと伸びる。しかしこの技名とうちのTEペティグルーの名前がごっちゃになってややこしい事此の上無い。

    1. JETS狂 より:

      WWEでもNFLネタ多いですし、マシューズのベルト事件で距離が縮まった間があります。
      基本はDon’t try this home である事を忘れてました。ぺディグリーを弟にかけちゃイケません!
      スタナーの動画もありましたが、次回にまわそうと取っておきました。スタナー、レイザーズエッジ、ワームは私の3大フェイバリットホールドですから。
      そして、スタナーは喰らった後にバネのように跳ねあがるのがミソですなw。
      全米屈指の富豪一家がプロレス技喰らったり、丸坊主にされたり、実況席に突っ込んだり、愛車をコンクリ詰めにされるのもWWEだけです。

コメントを残す