リーグ最強のCB、ダレル・リーヴィス

598713-300x300

何か終わりそうな雰囲気がしてきたロックアウトですが、まだまだネタ不足が続きます。

本国のニュースもネタが無いので、ランキングやスタッツ系のものが目立ちます。
そういうネタの中でJETSに関して目立つのは、やはりこの男。

そう、あまりの守備範囲の広さに”リーヴィスアイランド”という言葉まで生み出した、CB”ダレル・リーヴィス”!!

[SPONSORED LINK] ▼ベテランが選ぶDBのTOP10で1位
NFL JAPANの動画にてベテランのCB”ロンデ・バーバー”とS”ダレン・シャーパー”が選んだ現役のDBのTOP10というものが紹介されていました。


db_2010
→このランキングでリーヴィスは堂々の1位。同ポジションの選手から見たランキングだけに、うれしい評価です。

▼ESPN:パワーランキング、CB編1位
→Power Rankings: Top 10 NFL cornerbacks

▼ESPN:パワーランキング、ディフェンス総合3位
→Power Rankings: Top 10 defensive players

と、このようにCBだけなら1位。D#の総合でもS”ポラマル”、DE”デマーカス・ウェア”に続いて3位です。
ここまで来ると文句なくリーグ現役最強のCBであることは間違いないでしょう。

しかし昨シーズンのスタッツだけを見ると、そんなにINT数も多くないし、どこが最強なのか分からない。
そこで、リーヴィスの総集編を見ながらスゴイ所を追っていきましょう。

スゴイ1:影のように張り付くステップ
→まず1番の武器がマッチアップした相手に影のように張り付くところ。
0:47のシーンでは、すぐにレシーバーが切り返してショートパスを受ける「ヒッチ」ですら、叩き落します。
2:21のシーンでは、レシーバーが2度カットを入れて振り切ろうとするも、それにぴったりくっついてINTします。
オチョシンコはあまりのしつこさに、キレてました。

その秘密は日ごろから地道にステップワークの練習をしているとの事で、天才などではなく努力の積み重ねで反射能力を上げているようです。

スゴイ2:恐るべし空間把握能力
身長がそれほど高いわけでもないのにこれまで、”モス”、”オチョシンコ”、、”テレル・オーウェンス”、”スティーブ・スミス”などなど数多くのリーグ屈指のWRにマッチアップし、封じるどころかあわよくばINTを奪ってきました。

それは競り合いになってもボールの落下地点を正確に読めて、相手よりベストポジションを取れるからです。
リーヴィスよりも長身で、アホほどQBと練習しているハズの相手WRよりも弾道を正確に読んで、INTするシーンは痛快です。

スゴイ3:鬼のような動体視力
マッチアップした相手だけでなく、不規則なボールの動きも全て目で追っています。
代表的なのが2:33のシーン。一瞬何が起こったのか分かりませんが、これはボールがレシーバーのかかとに当たり、90度も弾道が変化し、それをリーヴィスがINTしたのです。

あと0:56の2009シーズンにチャージャーズとプレーオフで対戦した時に 窮地を救ったINT。
もつれて倒れたさいにボールが跳ねますが、これは相手の体に当たっただけで地面についてないと即座に判断し、INTを成立させ、エンドゾーン手前で起死回生のターンオーバーを得ます。

両シーンともLIVEで見ていた時は、一体何が起こったのか分かりませんでした。

スゴイ4:決してハズさぬ低空タックル
相手に張り付く所だけが注目されていますが、実はこっちがリーヴィスの真骨頂かもしれません。
1:44のシーンに出てくる足元を狙ったタックルです。これはどんな相手も一発で転ばせて、私の記憶ではハズした所を見た事がありません。
ダッシュする相手の足元だけをピンポイントで狙って、しかもハズさないってスゴくないですか?

と、いろいろ超人的な能力をもつリーヴィスが恐ろしいので、対戦相手はリーヴィスがマッチアップしているレシーバーにパスを投げたがりません。だから数値で見る成績は低いのです。
スタッツに残らないというのが、真に強いCBの証でしょう。

という事で今シーズンもリーヴィスの活躍に乞うご期待ですな。
(ロックアウトが解ければね。)

★パワーランキングなどは「MIDNIGHT★COWBOY」さんを参考にさせていただきました。

  1. 速選 より:

    文句無しでリーグ1のCBですね。
    ヒッチをカットしたのすごすぎます。

    ここまでぴったりつかれたらオチョシンコがキレるのも分かります。

    上手すぎるのでスタッツに残らず、テレビにも映らないとは悲しい

    1. JETS狂 より:

      O#と違って活躍すればするほど避けらて、TVに映りにくくなるのがCBの運命。むしろこれを名誉と受け止めるべきでしょうね。
      明らかに身長差で不利なハイボールでの空中戦でもモスやスミス、テッド・ジンに競り勝ってINTするところがカッコイイです。
      昨シーズンに何とか長期契約にこぎつけたので、今後も活躍が楽しみです。

  2. より:

    リービスアイランドかっこいいですね。
    リービスと言えば、ご存知だとは思いますが大学時代のリターンTDの動画を始めてみた時すごい衝撃を受けました。ブロックも完璧ですし、伝説に残るプレイですね。

    http://www.youtube.com/watch?v=A_Tgupb83Vc

     今ぱっと思ったのですが、すらっとしてかっこいいですし、いつもおしゃれなイメージがあります。有名選手にありがちなtattooもしてないように見えます。言葉はいい言葉ではないかもしれませんが、育ちの良さを感じます。それがなぜか私には新鮮ですし、紳士な感じがして好印象です。 先シーズンでしたか給料でごねましたよね。ですが、エゴが強いようには私は感じません。ただの勘ですが・・ 

    1. JETS狂 より:

      リターナーもやってたんですね。最後の2人をかわすシーンがマンガみたいです。
      やはり相手の動きを見切る能力に長けてるんでしょうね。

      おそらく、いい人なんですが給料でもめる時はエージェントの影響が大きいですね。
      選手の生活を守るためだとか言いつつも、契約金の数%はエージェントの行くので、彼らも釣り上げようと必死です。

      ごねた理由のもう一つに、先にレイダースがCBアソムーガとDB最高の3年4530万ドルという破格の契約を結んでおり、それを基準とされてしまったことです。
      まぁ選手側は、選手生命が短いしケガのリスクが大きいNFLで生涯食っていくお金を手にしなければならないので、釣り上げるチャンスとなる契約に必死になる気持ちはわからないでも無いですが。

コメントを残す