フィル・シムズの息子と契約&さよならペニントン2

*Dec 19 - 00:05*

必要?
ティーボウを獲得し、これ以上無いバックアップを得たJETSなのですが、またしてもQBと契約しました。
それはかつてジャイアンツの英雄”フィル・シムズ”の息子”マット・シムズ”です。

[SPONSORED LINK] ▼必要なのか?マット・シムズ
JETSは、ジャイアンツにて第21回スーパーボウルを制してMVPを獲得したQB”フィル・シムズ”の息子であるQB”マット・シムズ”をドラフト外で獲得。

ちなみに、”フィル・シムズ”の長男”クリス・シムズ”は2003年ドラフトでバッカニアーズが3巡目に獲得しましたが、ケガにも泣かされ活躍することはなく2010年にタイタンズをクビ。
日の目を見ずに、今はひっそりとパッツでアシスタントコーチをやってるらしいです。

“マット・シムズ”はミニキャンプで強肩を見せつけ、ライアンをうならせていますが、JETSのQBといえば”マーク・サンチェス”、”ティム・ティーボウ”、そして3番手に昨年ドラフト7巡の”グレッグ・マッケルロイ”がいます。
まだ90人ロースターに入れれるとはいえ、「QBは必要なのか?」と思っちゃいますが、1番手2番手が確定している状況において、3番手のマッケルロイのモチベーションを上げるために競わせて成長させるためだと考えれば、アリなんじゃないでしょうか。

あと、”マット・シムズ”の獲得は話題作りにはもってこい。この辺にJETSらしいイヤラシさでてますな。

▼さよなら”チャド・ペニントン”
一部のニュースでしか流れませんでしたが、かつてのJETSのエースQB”チャド・ペニントン”が引退を発表したとのことです。
ペニントンは2000年のドラフト1巡で獲得され、負傷続きながらも2007年までJETSを3度プレーオフに導きました。
2008年にブレット・ファーブの電撃移籍でJETSを解雇され、移籍先のドルフィンズで前シーズン1勝だったチームをAFC東優勝に導くリーダーシップを見せて、2度のカムバック賞を受賞。

だがしかし、JETS時代から怪我に悩まされ続けて、ドルフィンズ2年目の2009シーズンも肩を負傷してシーズンアウト。2010シーズンもバックアップで登場しますが、数プレイで肩を負傷してシーズンアウト。
2011シーズンにはオフのバスケ遊びで前十字靱帯(ACL)を断裂してシーズン全休し、このシーズンはFOXの解説者を勤めました。

そしてこの度、本人がラジオでNFLから引退することを発表したとのことです。

今オフにペニントンはサンチェスの要望で、サンチェスにスパラノO#の指導を行い、彼のノートをサンチェスに預けました。電撃解雇という仕打ちを受けながらも、JETSに残された最後の仕事を終えて引退とは、涙が出てきます。

2000年のドラフトといえば、6巡で獲得されたにも関わらず、今では5度SBに出場し、3度SBを制覇した怨敵”トム・ブレイディ”。
ドラフトで彼より先にPICKされたQB6人を「ブレイディ6」と呼んだドキュメンタリーが製作され話題となりましたが、とうとうブレイディ6の最後の一人であったペニントンが引退し、ブレイディ6は絶滅。NFLの厳しさが垣間見えます。

しかし、ペニントンは優れた頭脳とリーダーシップの持ち主なので、次はコーチとして帰ってきてほしいところです。
私をJETSファンに仕立てたチャド・ペニントン。ひとまずお疲れ様でした。

  1. なおき より:

    私をジェッツファンにさせてくれた王子もついに引退なのですね。

    サンチェスへの指導など最後まで王子らしい振る舞いに
    あらためてペニントンの器の大きさを感じたものです。

    本当にお疲れ様でした。

    1. JETS狂 より:

      何があっても常に紳士で人格者でした。新婚旅行にプレーブックを持っていくというエピソードからもマジメさが伺えます。
      しかも男前でまさに王子や貴公子といったキャラでした。
      ケガへの耐性が無いという欠点が、結局キャリア最後まで彼を苦しめました。
      次はコーチとして念願のSB制覇をしてくれないかと願うばかりです。
      本当に今までありがとう。

  2. duke13 より:

    薄々覚悟はしてましたが、とうとうこの日が来てしまいましたか。。残念です。。

    思い出されるのは、5年ぐらい前だったと思いますが、
    PATS戦で強烈なQBサックを喰らって、一度は立ち上がるも、
    直後に崩れ落ちるようにフィールドにひざを着いた後立ち上がれず、
    抱えられて運び出された後に、片足でケンケンしながら、
    珍しくサイドラインでヘルメットを投げつけて悔しがっていました。。

    にも関わらず、1シリーズクレメンスが登場した後、
    試合に復帰してTDを決めたシーンにはジッサイホントに感動しました。。
    たまたま解説していたGAORA村田さんも
    ぺニントンが試合に戻ってきたことを賞賛してましたね。。

    ホントにお疲れ様でした。。

    1. JETS狂 より:

      そんなシーン見た気がします。記憶がごちゃごちゃですが、時間稼ぎでブラッド・スミスまでQBに出てきたような気が。
      あと、ペニントン倒れて、クレメンス倒れて、3rdQBのボーリンジャーがダメダメでテスタバーディーを呼び戻すとか、めちゃくちゃなシーズンもありました。
      本当にケガさえなけりゃ未だに活躍し続ける能力を持っているだけに残念です。

      QBコーチとしてJETSに戻ってきて欲しいものです。

  3. グリブリ より:

    ペニントン引退ですか。残念です。
    肩はあまり強くなかったですけど、パス成功率は非常に高かったと思います。
    あとプレイアクションがとてもキレイでした。自分が見始めてからの中では、
    最も好きなQBでした。ジェッツからはじき出されたときには、ジェッツファンを辞めようかと思ったほどです。
    そういえば、トムリンソンも引退のようですね。こちらも残念でなりません。
    まだ見ていたいという気持ちです。
    サンチェスもそう思わせる選手になってほしいですね。

    1. JETS狂 より:

      私もファーブが来てペニントンが解雇された時は、ショックすぎてJETSファン辞めようかと思いましたよ。
      ドルフィンズに行ったから「イルカ狂の祭」にブログのタイトルを変えようかと考えたぐらいです。(嘘)
      ペニントンって奇策の名手でもありました。プレイアクションのみならずフリーフリッカーを決めるタイミングも絶妙で、D#の裏にドンピシャに落とすパスも素晴らしい。
      パスも正確で取りやすいスパイラルで、エンドゾーンでINTされたのも1回だけしかないんですよね。あの時はショックでした。
      LTに関してはラン以外にもレシーブ能力など器用さがあり、まだ現役で十分いけると思うのでうが、手を上げるチームが無いのが残念です。

      サンチェス君はペニントンとは別の魅力があり、楽しい選手です。今シーズンこそファンを唸らせるパフォーマンスを見せて欲しいですね。

  4. ダイスケ より:

    ペニントン、お疲れ様でした。

    余談ですが、当地NYのわが社にペニントンの従兄弟がおりますよ。
    社内の弁護士をしております。
    (どういう経緯でNYでわざわざわが社のような日系企業に就職したのかは謎ですが)
    ペニンニン引退については無反応だったようではございますが、社内でも人格者で通ってます。顔はチャドとも似てますね。体格も良いです。
    ペニントン家はきっと立派な家庭なのでしょう。

    1. JETS狂 より:

      ちかくにペニントンの身内がいるとは凄いですね。
      その方に離れたところから「ちょっと、そこの六法全書を取ってくれないか?」って言ったら、キレイなスパイラルをかけて投げてくれるでしょう。
      しかしペニントン家の英雄が、負傷ばかりで引退というのは残念でしょうね。
      本当にペニントンにはコーチ業での復帰を望むばかりです。(できたらJETSで)

コメントを残す