【そうだったのか!】ドナルド・トランプ騒動、何が問題?

ドナルド・トランプ donald tranp
スポーツと政治は分けよう

常から「政治とスポーツを絡めるな」と言っていますので、この話題を取り上げるのは避けようかと思っていましたが、このトランプ騒動を途中から知った人は、そもそもの話が分からないので記事を書きます。

[SPONSORED LINK]

「国家斉唱で起立しない」発端はコリン・キャパニック

コリン・キャパニック colin kaepernick

NFLを見ている方は知ってのとおり、「国家斉唱で起立しない」をまず始めた選手が元49ersでスーパーボウルにも出場したQB”コリン・キャパニック”。

彼が2016年9月1日の49ersプレシーズン最終戦にて、全員が起立するのが当然の国家斉唱のシーンにて彼だけがニーダウン(片膝をついて座る)していたのでした。この事は直ぐに全米の話題となり彼は全米から非難されます。

 

キャパニックはこの行動の理由に関して「黒人や有色人種を迫害し続ける国の国旗に対して誇りを持てないので、起立しない」とコメント。

その後キャパニックは成績不振もあり、先発を降ろされて2017年はどことも契約していない状況になりました。実力うんぬんより、彼を獲得するといろいろな問題がついてまわるので、それを嫌がっているのでしょう。

 

しかし、この行動は他の選手にも飛び火し、一部の選手の間で国家斉唱中に起立しないブームが勃発しました。

そして今回のトランプ問題につながるのです。

 

[追記]

キャパニックの行動の根幹にあるのは、アメリカ各地で発生した、アフリカ系アメリカ人が白人警官に射殺される事件に対して抗議の意思を表したものでした。

これに同調し国歌斉唱に起立しなかったシーホークスのDE”マイケル・ベネット”も、2017年8月中旬にバージニア州で発生した白人至上主義を唱える団体と抗議集団が激しく衝突した暴動に対する抗議活動であると公言。

しかし、レイダースのRB”マーション・リンチ”が2017年プレシーズンにて国歌斉唱で座っていた理由は、本人から何もコメントが無いので謎のままです。
(元から口ベタのマスコミ嫌いで有名な選手)

トランプの発言が新たな問題を起こす

2017年9月にアメリカ合衆国大統領である”ドナルド・トランプ”が国歌斉唱中に起立しない者がいた場合、NFLオーナーたちは即刻それらの選手をクビにすべきだ」と発言します。

以前に元JETSとビルズのHCである”レックス・ライアン”が国家斉唱で起立する意味に関して、「国に従事した人たちや今なお、われわれの国に尽くしている人たちに敬意を示すという意味があると私は思っている」とコメントしており、私も本来の意味はそうだと思いますし、トランプもこの意味での起立を促したと思うのですが、キャパニックが国家斉唱での起立しない意図を「人種差別反対」とコメントしているだけに、トランプの発言が「人種差別」にすり替わってしまったフシがあるのです。

それよりも、トランプの「起立しないやつはクビにしろ」という過激な言い方が、この問題の中核であると思います。

 

過激発言に対しては、NFLおよびNFL選手会は9月24日に開催された試合開始前の国歌斉唱中に平和的抗議運動を行い、団結力の強さを示し、コミッショナーの”ロジャー・グッデル”も選手らの抗議運動を支持する意向を明らかにしています。

Week3の試合ではどのチームも黒人と白人関係なく手をつなぎ、抗議の姿勢を表しております。

最近ではこのニュースが他のニュースサイトおよび、ヤフーニュースにまでも取り上げられ、NFLファンでない人たちにも目にする機会が増えました。

リンク:ブレイディ「発言は対立を生むだけ」―親交のあるトランプ大統領を批判

リンク:国歌演奏で起立拒否のQB、タイム誌の表紙飾る

リンク:パッカーズ主力QBがファンに抗議活動参加を呼びかけ

おそらく何も考えていないベッカムのセレブレーションまで勝手に「トランプへのメッセージ」と解釈される始末。

リンク:NFLジャイアンツのベッカム「犬の小便」ポーズが問題に、オーナーは不快感示す

 

このようにNFLファンでない人にもこの話題が広がると、これに関してツイッターで何か問題の方向性が違うようなツィートが氾濫。

なぜか NFL JAPAN を叩き出す芸能人(精神科医)までいる始末で「ムムム・・」と思う日々であります。

 

私的な解釈ですが、NFLがトランプに抗議してる本質は、「逆らうやつはクビにしろ」という「大統領が選手の主張を奪う」事に対してであり、人種差別問題に対してでは無いと思うのですよ。ただ、その発端がキャパニックの「起立しない=反人種差別」の表現なので、選手達は反人種差別の表現により、トランプの「自由な主張を許さない」事に対する反目をしていると思うのです。

これに対しては人それぞれで見解が異なってくる複雑な問題なので、反論とかしないでね。

 

さて、この問題の発端となったキャパニックは現在、どうなっているかというと・・・・

コリン・キャパニック colin kaepernick

お仕事、待ってます!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. Clale より:

    歩けなくなってもSBのコイントスをしてくれる元大統領もいるのにアメリカの大統領とNFLが対立するのは悲しいですねぇ~。。
    アメリカ大統領はアメフト好きであってほしいですね!

    1. JETS狂 より:

      Claleさん>
      トランプは「愛国心を侮辱するな」という意味で発言したと思うのですが、その発言の過激さと問題発端の背景により、予想外の方向に事が進んでしまったのだと思います。
      なんにしろ、大統領が言うことではないですね。まだビジネスマンのクセが抜けないようです。

  2. ふて猫 より:

    トランプ大統領と言えば、私は10年ぐらい前のレッスルマニアでのビンスマクマフォン会長との髪切りマッチを思い出します。あの時まさかトランプが大統領に就任するなんて誰も思わなかったでしょうね。これだけ良きにつけ悪しきにつけ物議を醸す大統領も過去にいないのではないでしょうか?

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      大統領になってからもWWEのビンスの影を引きずってますね。「Your Fire」はWWEの中だから通用するフレーズで、大統領が言っちゃいけませんよ。
      余計な発言で混乱していますが、トランプの国連の軟弱な対応や拉致問題を言及した北朝鮮に対する強い姿勢には賛同しているので、とっとと北朝鮮問題にケリをつけることに集中して欲しいです。

  3. モスモス より:

    JETS狂さんの冷静な考察に完全に同意します。

    ベッカムのアレがトランプへの抗議である訳がないですね。自分のイデオロギーに無理やり寄せてくる精神科医こそ、精神科医が必要だと思います。

    1. JETS狂 より:

      モスモスさん>
      記事書いてる最中に「叩かれるぞぉ」と思ってましたので、同意してくださり、大変うれしいです。ありがとうございます。
      ベッカムは モスやTO、オチョシンコなど昔はいっぱい生存していたのに、いまや絶滅危惧種となった「問題児WR」の生き残りなので、この感じのまま生き延びて欲しいですね。
      例の精神科医って、時々問題になりますね。結局、何が正常かは誰にも判断できないところなので、話題に上げてしまったものの そっとしておきます。

  4. YM5 より:

    主義主張の自由という事でJETS狂さんの主張に関して何か言うつもりはありませんが、実際問題Twitterでも見かけたように黒人やネイティブなどのマイノリティにとってスポーツは自身の社会的地位を主張する場所であり、フットボールに関してもオバマの発言がリーグやカレッジに影響を与えていた事からも分かるように、NFLは世界で最も政治色の強いリーグである事も事実だと思います。(国の宣伝になるオリンピックは言わずもがな、日本の某NFL解説者も国の金で選手の強化をしているのだからメダルを取ったら1000万くらいくれてやれという発言をしていました。まあ、一般人の国に払っている額では選手の強化費の一ヶ月分にもならないのでそこは高額納税者に感謝ですねw)

    要は政治に無関心でいても無関係ではいられないのはスポーツも同じという事ですが、国歌に対する問題は20年前からあって、日本のbjリーグでもプレーしたモクムド・アブドゥル・ラウーフがイスラム教的観点から色々あって国歌斉唱で起立をせずNBAから出場停止を食らった事件がありました(日本では取り敢えず問題を起こさなかったようです)が、結局のところアメリカは20年前から何も変わっていないという事なんですよね。

    ノースダコタの白人社会で育ち、チームの90%が白人という環境でプレーしていたウェンツがこれまで一緒にプレーして来なかった有色人種と仲良くやれるのかという心配もありましたが、田舎者という事もあって逆にチームのWR(全員黒人)から「ウェンツにラップを教えたいけどノースダコタにヒップホップ文化ってあるのw」といじられているのはある意味微笑ましいですが、共和党支持の保守層が強いところはそうもいかないのだろうなと思います。(ウェンツは本当にいいところに入れました)

    選挙で候補者が人気も知名度もあるスポーツ選手を使うのは常套手段であり、オハイオの英雄であるレブロンがヒラリーの応援演説をしていましたが、次の選挙でウェンツ(多分共和党支持者なのでトランプに入れた)が共和党の集会に登場したら自分がどんな反応をするかは分かりません。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      歴史的考察も加えたコメント、ありがとうございます。
      日本でも君が代に関しては、問題になったこともあり、どこの国も国歌は政治的問題になるものだと思いました。
      国歌問題に対して平和的解決をするために、秋元康 に萌え萌えな歌詞を書いてもらって、それを国歌にして、みんなで歌いましょう。
      (嘘)

  5. 昔のロゴで出ています より:

    トランプ氏は元々のキャラに加えて、昔NFLの対抗団体の
    中心的オーナーとして(WFLだったかな?)激しく抗争した経緯から
    NFLに恨みを持ってるのではなかろうか?
    放送権か何かでの訴訟で、勝つには勝ったものの
    判決での賠償額が1ドルだったりして、彼にしてみれば
    ものすごく屈辱的な思いを持ってるのではないかと思う。
    だからと言って許される態度ではないですが・・・

    1. JETS狂 より:

      昔のロゴで出ていますさん>
      NFLに怨みは無いと思うのですが、そんな黒歴史があるとしたらNFLを良くは思ってないのかもしれませんね。
      今や国の代表であるのに、そこに国歌斉唱に起立しない連中がいたとすると、「また俺の邪魔をするのかい!」って思いが深層心理にあり、感情的になってしまったかもしれません。
      いずれにせよ、大統領という自覚をもっと持った方が良さそうです。

  6. GENO より:

    スポーツ大好きオバマの時代が懐かしいですよ。
    そしてSBでは、マイケル・ジャクソンが堂々とBlack&Whaiteを歌い上げたことを思い出してほしいですよ。

    1. JETS狂 より:

      GENOsさん>
      実際にトランプって、フットボールにどれだけ興味があるのか分からないですね。少しマッデンさんに似てる気がするので、まぁあるのかも。
      (昔、リーグを運営しようとしたという話もコメントから頂きましたし)
      しかし、アメリカというのは有色人種が大統領になろうが、この問題がどれだけ事件を起こそうが変わらないですね。
      人間というのは差別しなければ生きていけない悲しい生き物です。
      だからマイケルも訴えて・・いやいや、ですからトランプは人種差別をしたいんじゃないんですよ!(個人的な見解で)

      1. GENO より:

         選手の安全のためのタックルのルールが改正されてきたことに対しては、そんなルールを作ったせいでアメフトは軟弱なスポーツになったっていう発言もしてますから、この人は訳が分かりませんよ。それに普段の行いをみれば人種差別に飛び火しますものね~
        後は、現地の人のプログをみると、日本では国歌問題に注目されてるけど、今回の発言で物事を大きくしたのは「son of a bitch」と国の代表が放送禁止用語を使ったこと考えてるみたいです。

        そして僕が誤字をするのは日常茶飯事なのですが、ついにWhiteのスペルまで間違ってるのに気づき、自分が怖くなってきました(笑(見直してからコメント送信しろよですよね)

        1. JETS狂 より:

          GENOさん>
          いろいろNFLに対して発言するというのは、興味が無いわけでないですが、一国の大統領が放送禁止用語使っちゃ終わりですね。
          日本で例えるなら安倍が「〇んぽ!」「〇ナ〇!」「ヴ〇〇〇!」とか叫んでるような感じですかね。
          (※〇の部分の答え合わせは ありません)

          誤字の事なら気にしない気にしない。そんなスペルミスは、私のいつもの誤字脱字に比べたらJアラートぐらい大したことはありません。

  7. レトロ より:

    JETS狂さんのブログの話題としては、ちょっと重めのトピックですね。自分としてはベアーズのマーカス・クーパー君の話題が来るかなと予想してんたんですが。何年も味するくらいのネタでしたので(笑)

    時間を大統領選まで巻戻すと、アメリカ版の鳩山由起夫みたいに、どうしようもない実現不可能な聞こえの良いことばっか言って、世界をより不安定にして、”核なき世界”とかお前は前原か!と突っ込みたくなる「言うだけ番長」ぶりを見せつけ、ノーベル平和賞を受賞して世界にテロと戦争を撒き散らして去っていったミスター上っ面の偽善的で無責任な大統領。そんな前任者の欺瞞を見事に突き、おもしろ演説候補者から、あれよあれよという間に共和党代表まで上り詰めたトランプ。相手方の民主党代表はというと、アメリカ版の小池百合子みたいに国のトップになるのになり振り構わず、金集めのためなら、献金くれた犯罪者に恩赦も出して釈放したり、チャイナマネーべったりで汚金まみれの元大統領夫人はメール問題でFBIも捜査に乗り出す売国容疑者ヒラリー。こんな二人の大統領候補。

    前大統領が見て見ぬふりしてきた目の前にある問題や不満を気持ちよく代弁してくれるものの、人種差別主義者と呼ぶ声もあり、とんでもなく口の悪い愛国爺 VS 私腹を肥やすためなら売国犯罪まがいも平気でやっちゃう強欲金満婆。

    私は選挙というのは、与えられた選択肢の中で一番マシな候補者を選ぶか、それが嫌なら自分が立候補するか、のどちらかだと思います。
    究極の選択を迫られたアメリカ人を気の毒に思いますが、前大統領がひどすぎたのでトランプみたいな過激なこという大統領が誕生したのではないでしょうか?トランプがアホでNFLがこういう対応になるのも理解出来るけど、正直、今週みたいな展開になってくると、アメフト以外のことに気が行き過ぎてて、アメフト選手にはアメフトに全神経を使って試合させてあげてほしい。トランプが辞めるまで抗議も止めないみたくなり、本来の意味からも逸れてしまってるし。スポーツと政治を絡めるのは私も反対です。国連で北朝鮮の日本人拉致について初めて言及した大統領が人権派でノーベル平和賞もらったオバマではなく、人種差別主義者と呼ばれているトランプだったというのも、いかにマスコミの報道というものが当てにならないかという事を表していると思います。

    1. JETS狂 より:

      レトロさん>
      おっしゃるとおり、政治がらみの複雑なネタなので当初はスルーしようかと思ったのですが、私自身が「なんでこうなったの?」と思ってしまい、考察のために書いてみました。
      選挙戦のヒラリーvsトランプという消去法で大統領を決めなければならない展開でしたので、トランプがふさわしいから選ばれた訳ではないですね。
      最後にスキャンダルでヒラリーにマイナスがついたのがトランプの勝因でした。
      消去法で決まったとはいえ、これまでの大統領と違い、世渡りでなく厳しいビジネスの世界で生き残ってきたトランプに国民も何かを変えてくれると期待していた部分もありましたが、そのトランプの特色が今回は悪い方向の出てしまいました。
      任期はまだまだあるので、今回の事を反省しつつ、北朝鮮の問題を含めて良い方向に持って行ってくれることに期待しています。

  8. 昔のロゴで出ています より:

    失礼いたしました。
    トランプ氏がオーナーだったのはUSFLでした。
    Hanaさんのブログ『バンドワゴンにのっちゃOh!』(素敵です!)
    にトランプ氏のNFLに対する過去の諸々が詳しくのってます。
    まぁ、なんかふられた女の子に憎さ100倍で
    リベンジポルノをやるやつと似た様な・・・

  9. より:

    NFL見てないのにこのニュースだけ見て的外れなこと言ってる人多いですよね
    キャパニックの抗議行動は賛同者が極一部で全体的には冷ややかに見られてたのが現実でオーナーも全く支持してなかったのにNFLが人種差別に抗議してるとか言っちゃってて
    軽く調べてから発言するぐらいのことはできないんですかねぇ

    1. JETS狂 より:

      なさん>
      実際のところ抗議活動してる選手らすら、目的がぼやけていて「みんなやってるからやっとこ」的な人も多いと思います。
      的外れな意見は仕方ないとして、的外れに他者を叩く精神科医は最悪だと思ってます。
      結局は、スポーツのフィールドに政治を持ち込んだキャパニックの罪は大きいと思います。抗議活動ならスタジアムの外でやればいいものの、国家斉唱で座わる=人種差別反対という意思表示にしたのか。
      かつ、それに便乗した選手らはもっとタチが悪いと思いますよ。キャパニックのマネするなら先に彼を擁護すべきです。

      1. 昔のロゴで出ています より:

        こちらであまり政治的なことは言いたくないのですが、
        一点だけ、私の長いスポーツに対する姿勢に関わることなので・・・

        私は最初にスポーツのフィールドに政治を持ち込んだのは
        キャパニックではないと思います。
        スポーツの試合の前に国歌を歌ったり国旗を揚げた時点で
        すでに広義の意味で政治を持ち込んだことになるのではないか
        と思うのであります。(ここで国歌や国旗への賛否は問いません)

        そもそも美術展や寄席やストリップショーの開演前に
        国歌を演奏しないのと同じように、本質的に国歌や国旗は
        スポーツとは関係ないものです。
        もちろんそれが国民みんなの団結や、ナショナリズムではない
        郷土愛としての国への帰属意識を表す行為として
        大多数の人が反対はしない儀式なのはわかります。
        しかし大多数イコール全員ではありません。
        スポーツ好きの平和的反国家主義者やコスモポリタンだって
        いるのであります。
        そうしたなかで、例え多数意見であれ、一つの価値観を
        象徴・顕彰する儀式を行うということは十分に政治的
        だと私には思えるのであります。

        こうしたサイトでこのような書き込みは、多分ご不快な
        方も多いのではないかと思います。
        その点どうかご容赦くださいませ。

        1. JETS狂 より:

          昔のロゴで出ていますさん>
          正直なところ、このブログで政治関連でへんな論争になるのが嫌なので、この話題は避けるつもりでした。
          しかしながら、ネットにありがちな真正面から相手を否定して叩く姿勢では無く、このような意見でしたら歓迎です。
          スポーツの祭典、オリンピック自体が国家間の代理戦争みたいなものなので、全く政治色を無くすのは不可能だと思います。
          注目される場と言うのは、常にそれを利用しようとする者がいますので。

          しかしながら、愛国心というのは、政治の画策や人種差別と別のものだと思うのですよ。
          各地で地震やハリケーンなど災害が発生した時など、理不尽な不幸に襲われた時に国民同士が助け合える絆を深めるために必要なものだと思います。
          こういう事言い出すと、人の環境により考え方は無限にあると思うので、何が正しいとかは存在せず、あまり多くは語れませんが、助け合うために団結し絆を確かめるための国旗や国家斉唱であれば、それは良いことだと思います。

  10. 昔のロゴで出ています より:

    ジェッツ狂様の仰ることは十分に理解できます。
    100パーセントの賛成ではありませんが、
    その差を議論すると、本当にこの場に相応しくない
    ことになっちゃいそうなので、この件に関してはこれにて
    失礼いたしたく思います。
    私の書き込みへの、貴兄の寛容な姿勢に感謝したします。

    と、まとめたとこで、実はわたくしPatsファンなんですよ
    あ、なんか投げないで〜
    昨日今日のファンじゃなく、あのちょーかっこ悪い旧マークと
    当時のあまりのドアマットぶりに、天邪鬼的にファンに
    なっちゃったんですから(言い訳になってないな)
    だからジェッツだって大丈夫です!
    今日のドアマットは明日のダイナスティーです!

  11. ふて猫 より:

    トランプ大統領の支持率ってもしかしたら安倍さんよりは低いのではないのでしょうか?

コメントを残す

CAPTCHA