My Wish にマーク・サンチェス

スリートとは子供の夢
見事な見切り発車のリニューアルでご迷惑をおかけしております。
フォントサイズなどまだまだ調整が必要な状況で、運用しながら徐々にキレイに整理していくつもりですので、しばらくはご勘弁を。


そんな話はさておき、こんな適当ブログを読んでくださるYM5さんからの情報提供によるネタをご紹介します。
NFLでは難病を持つ子供に選手が勇気を与えるために、直接会ったりする「My Wish」という企画がありまして、それに我らがサンチェスが登場しました。

子供だけでなく、今シーズンはファンにも希望を与えてくれ。 (;´Д`)ノ

[SPONSORED LINK] ▼My Wish: Mark Sanchez
http://www.youtube.com/watch?v=tbxOmgb9GdI
サンチェスとキャッチボールしたり、指導を受けたりとファンなら羨ましすぎる光景ですね。
サンチェスのみならず、”レックス・ライアン”やチームの面々も登場してハドルを組んだりする感動の動画です。

子供にとっては忘れられぬ1日となり、この思い出を糧に強く生きることができるでしょう。
う~~ん、素晴らしい。

しかし、この動画を見てる最中に、ティーボウがやってきたら子供がティーボウの方になついて、サンチェスがめっちゃ不機嫌になるという変な妄想をしてしまいました。(屮゜Д゜)屮

 

  1. YM5 より:

    早速ありがとうございます。

    まず、このMy WishとはESPNでやっているスポーツセンターというスポーツニュースの番組内で、ESPN(MNFを放送してるけど実は夢の国傘下のテレビ局)が難病の子供達の夢を叶えるMake a Wish財団と協力して実現した企画です。
    スポーツ番組の企画なので、NFLは勿論NBAやMLBにNHLにMLSといったメジャースポーツやフィギュアスケートにゴルフなどあらゆるスポーツのアスリートが登場します。

    今年の第一弾はNBAのレブロン・ジェームズがガンになった高校生と交流していました。

    そして、見ている途中に気付いたのですがサンチェスの回が収録されたのは今年のオフではなく、レナードがシーズンエンドになった去年のKC戦の前後だから世間ではティーボウフィーバー真っ只中で、トムリンソンもレナードもまだこのチームでプレーしてました。

    ジーザス少年はロッカールームに入ってみんなと勝利を喜んでいましたが、こいつがサンチェスではなくレナードのファンだったら企画がお蔵入りになるところでしたね……。

    ちなみに、僕は彼の病気について詳しくありませんが、神経なのか筋肉なのか細胞なのかは分かりませんが、どうやら歩けなくなる足の病気らしく、手術の末無事に歩けるようになって、元気になった姿を見せにサンチェスに会いに行ったようですね。

    僕も、今は元気に自分の足で歩いていても、もしかしたら自分もこのシリーズに出る子供達みたいになるかもしれない。

    コメントが被ってしまいますが、子供に夢を与えるNFL選手に感謝するとともに、病気と闘う彼らの姿を見て、自分が健康である事を当たり前と思ってはいけませんね。

    僕が初めてこのシリーズを見たのが2007年のブリーズの回でしたが、夏になると始まるこの企画を見て、それを毎年自分に言い聞かせるようにしています。

  2. YM5 より:

    連続コメント失礼します+長くなってごめんなさい。

    http://www.mawj.org/

    こちらが日本で活動している同団体のホームページですね。

    http://www.wish.org/

    本家では夢を叶えた子供が紹介されていますが、僕の記憶が正しければWWEのGMになりたいという子供が一日GMになってその日のRAWのマッチメイクをする回があったと思います。

    JRが夢を叶えたと言っていた記憶があるから間違いないはず。

    つまり、WWEを見ている時も(むしろWWEだからこそ)ストーリーに病気の少年が出て来る場合もあるから、気を抜いたらダメという訳です。

    1. JETS狂 より:

      アメリカのスポーツ業界ではこういう活動が積極的ですよね。「いじめ撲滅」とか「60分遊べ」とか。そのぐらい子供の問題が多くて深刻なのでしょう。

      日本でも今、子供の残酷すぎるいじめ問題が毎日ニュースに取り上げられ話題となっていますが、何か一過性の盛り上がりに見えてしょうがないです。
      警察も世論がうるさいから大々的に調査してるだけで、皆が飽きたら、うやむやにして忘れ去られそうな雰囲気です。

      阪神の赤星が盗塁するたびに車椅子を寄付していましたが、日本でも常にスポーツを通じて、子供を守ったり病気に対して理解を求める活動が必要な気がします。
      ヒーローの本来の役割はフィールド外にある気がしますね。

  3. kazu より:

    私はRex Ryanの減量には希望を持ちました。 医療の力かもしれませんが、希望です。w 
     また、IchiroがNYにトレードも希望ですね。新たな挑戦、かっこいいですよね。NYという町は他の地域と違って大、大都市ですし、プレッシャーも半端ないと思います。だからこそ私は、NYの町が好きですし、NYGがすきです。(JETSではなくすいません)

    1. JETS狂 より:

      ライアンの減量って胃にバンドして食欲減退させるので、普通じゃできないですよ。弟のロブもやってるそうで、デブ兄弟の歴史に残るレキシーなシーズンになりそうです。
      (座布団没収レベル(´・ω・`))
      イチローのトレードには驚きました。ヤンキース的には戦力的にもビジネス的にも相当おいしいでしょう。
      しかし、イチローにあこがれてマリナーズに来た川崎は相当ショックでしょうね。哀れ!川崎!!(ToT)

      そして最後のNYG好きのコメントに、哀れ!JETS狂!!(ToT)

コメントを残す