Week04:vs 49ers


リーヴィスが抜けた上に、昨シーズンの王者ジャイアンツとOTの死闘を繰り広げた49ersが相手とは、なんたる不運。

近年、DBがシーズンアウトした直後の試合は大敗するという傾向があり、今回も苦戦は必至でしょう。

しかし、相手はミネソタ→ニューヨークの2週間の長旅でお疲れのハズ。
とにかくホームゲームだし、スカッと勝利してくれ!!
[SPONSORED LINK]
▼前半
49ersのアスミスとQB#07″コリン・ケイパーニック”を使い分けたO#に翻弄され、QB#07″コリン・ケイパーニック”のTDランを許す。
0-7

反撃するもQB#15″ティム・ティーボウ”からのショートパスを”Dedrick Epps  “というよく知らないTEがファンブルし痛恨のターンオーバー。

だが復帰したOLB#58″ブライアン・トーマス”とOLB#97″カルヴィン・ペイス”のベテラン連続サックで大きくロスさせ、49ersは55ydのFGにトライするも失敗。
ターンオーバーからのピンチをノーダメージに終える。

2ミニッツ。FGレンジまで進むもQB#06″マーク・サンチェス”のファンブルでターンオーバー。
逆にFGを決められ点差を広げられ前半を終える。
0-10

 

▼後半
後半開始早々は好調かと思われたO#だったが、チップされたボールをILB#52″パトリック・ウィリス”に拾われ、またもターンオーバー。
だが、簡単なFGをK#02″デイヴィッド・エイカーズ”が珍しく外して、またもターンオーバーのピンチを事なきに終える。

しかしJETSは49ersの4th-1ydのギャンブルを止めれずTDを奪われる。
0-17

反撃のドライブもWR#10″サントニオ・ホームズ”がレシーブ時に足をやったらしく、ファンブル。それを拾われリターンTD。
最悪の失点をする。しかもホームズはそのままロッカールームに下がる。もうアカン。
0-24

さらにFGを決められ、パントブロックされ、TDを奪われ、ボロボロで残り6分で客席もガラガラ。

最後もQB#07″コリン・ケイパーニック”に楽々走られて、エンドゾーン手前で余裕のスライディング。
ニーダウンで試合終了。予想どうり、いや、それ以上の完敗です。
0-34

2012年10月01日 @メットライフ・スタジアム

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
49ers49ers (3-1-0) 0 10 7 17   34
ジェッツジェッツ (2-2-0) 0 0 0 0   0

 

▼O#
WR#84″ステファン・ヒル”、TE#81″ダスティン・ケラー”が欠場の上に、後半にエースWR#10″サントニオ・ホームズ”まで、リーヴィスのように誰にも接触していない状況で、レシーブ時に足を負傷。ロッカールームに下がり、最後まで戻りませんでした。
(というか、ボールは離すなよ。。)

まるでプレシーズン後半のようなレシーバーでどうやって戦えというのだ。。

当然、ランはいつもどうり沈黙したままなんですが、RB#23″ショーン・グリーン”とRB#29″ビラル・パウェル”の二人合わせて45ydってどういうことよ?酷すぎる。
加えて、ティーボウ出すとターンオーバーするわ、ロスするわで散々な内容。

とうとうO#は最後までレッドゾーンに入ることなく、無得点の完封負けでした。完封負けって一昨年ぐらいにパッカーズに0-9で負けた時以来でしょうか。

とにかく、いいところを探すのが難しぐらいO#が死亡してました。

 

▼D#
大敗なんですけど、実はD#はよくやった。
伏兵QB#07″コリン・ケイパーニック”にはヤラレタが、49ersが常に圧倒している展開なのに、後半中頃まで0-10と点差が開かない事に、相手側はフラストレーションがあったと思います。

TE#85″ヴァーノン・デイヴィス”を徹底マークで仕事をさせなかった事が大きいですね。ゴアのランも止めて平均3yd以下に抑えました。

大量失点の原因はホームズのファンブルロストからのリターンTDや、パントブロックでエンドゾーン手前からのO#を与えてしまった事であり、リーヴィス抜きでもD#陣は総崩れしなかったので、ここは評価できると思います。

 

▼総評
O#もD#もSTも、全てにおいて歯が立たず大量失点&完封負け。
スケジュールを見たときから黒星になる試合とは予想していましたが、ここまでヒドイとは思いませんでした。

アスミスをパス12/21回、143yd獲得、0TD、0INTと封じたのですが、ティーボウのようにQB#07″コリン・ケイパーニック”を併用するシステムは知りませんでした。。しかも足がめっちゃ早くて走りまくられました。

あとリバースプレーにもヤラれましたし、普通のO#がダメなら奇策でモメンタムを掴むという、戦術面でも完敗でした。

現時点で、ホームズの様態はわかりませんが、これでまたACL断裂とかだったら、JETS自体がシーズンエンドでしょう。
これまでそんなに負傷者を出すチームでなかったのですが、今シーズンはケガに苦しめられております。

唯一の朗報が、パッツがビルズに勝利したので、JETSはまだ首位なんですねぇ。
まぁこんな首位なんて砂の城のようにモロいのでしょうが、とにかく連敗だけは避けて、状況が好転する事を信じたいと思います。

 

:サンチェスはパス13/29回103yd獲得、0TD、1INTと最悪な成績。
やはりレシーバーが不足が不調の原因です。
途中でノリそうなドライブがあったんですが、チップされINTを喫したり、ファンブルなどで絶たれます。

 

:ティーボウはパス1/1回9yd獲得でレーティングが104.2!100超えだヒャッホー!!

しっかし、3rd-1ydを普通に採ればいいのに、ティーボウのワイルドキャットからの初パスで、レシーバーがファンブルしてターンオーバしたシーンは痛すぎた。

前試合に続いて調子のいいドライブをワイルドキャットでロスをしてぶち壊すシーンもあり、ティーボウの存在に疑問を抱きます。

  1. Naoki Hoshi より:

    テレビで生で観てましたが酷い試合でしたね笑
    僕も最後の6分間は席を外して夕飯を買いに出かけました。
    Jetsの試合ではありませんでしたが、サンデーナイトはとても面白かったです。

    1. JETS狂 より:

      本当になんなんでしょう。とにかくランが出ないわ出ないわ。
      序盤は手も足も出ないって感じでは無かったんですけど、いいところでターンオーバー。そしてホームズが負傷したら、何もできなくなりました。
      まぁ1シーズンにこんな試合は、1、2回あるので慣れてますが、このO#の崩壊ぶりは心配ですね。

  2. takuyaik より:

    序盤だけ生で観て、仕事の為に寝てしまいましたが、起きて結果を見たらGamapassでもう一度見直そうと思わないぐらいのひどい負け方でしたね。なんと言っても心配なホームズ。たぶんシーズンエンドな気がしますが、レシーバー思ったよりいいと思ったビルズ戦からシーズン前の駒不足に逆戻りですね。ケラーもいないことも想定外だしやっぱり駒不足ですね。この先不安要素しかないのが悲しいです。

    1. JETS狂 より:

      ケガ人多い、リーヴィスいない、ランでない、レシーバーいない、ホームズやばい。
      1つもいいところが見つかりませんね。
      これで2勝なんですから奇跡です。しかし、パッツも持ち直したようで、あとはガンガン差をつけられそうな予感がします。

      まだシーズンは始まったばかり。とにかくパッツとの直接対決までには、勝てる方向性を見出して欲しいです。

  3. kt より:

    今更この試合の感想を書いています。
    NFLシーズンは一年で一番仕事を辞めたい時期であります。

    いろいろヒドイとこもありましたが、なにより。
    4週終わっていまだにTボウを獲得した意味が分からない。
    というか見えてこない。
    どころか49ersに逆にやられてる始末。

    それまでの三試合でもむしろ足を引っ張っている。
    戦略的に必要だからでなく、ただいるから使っている。そんな感じに見えますね。

    でもTボウなんですよ。アメフト不毛の地の日本人ですので、気楽に見てますけど。こんな使い方で、こんな試合で。
    アメリカでは相当ひどいことになっちゃうんじゃないですか、暴動ものですよ。

    ホントなんで獲ったんでしょうね。シーズン始まれば見えてくるかと思えば余計分からなくなってきました。

    でもそんな事もあってJETSは注目してしまう。
    これもTボウ効果なんですかね。

    いつも更新お疲れ様です。

    1. JETS狂 より:

      これまでの試合を振り返ると、おっしゃるとおり、ティーボウを無理やり使う必要あるのか、疑問に思うシーンが多いですね。
      その結果、サンチェスのドライブをぶち壊してる方が多い気がします。

      ティーボウ的にはサンチェスから先発を奪いたいのでしょうが、イマイチそんな機会も無く、この使われ方にフラストレーションが溜ざる得ないのではないでしょうか。

      NYは実力のジャイアンツ、ネタのジェッツ って感じですから、こういうの含めてJETSなんでしょうね。

      まぁ採ってしまったものは仕方なし。新たな試みとして、1シーズン通して見守りましょう。

コメントを残す