今週のAFC東:Week09

ルカの負けを祈るのみ
JETSとパッツがBYE WEEKのため、イルカと牛の敗北をひたすら祈る週となりました。

イルカの相手はコルツ、牛の相手はテキサンズと、両者ともAFC南の強豪と激突です。
両方敗北なら申し分なし。やってまえ!AFC南!!

[SPONSORED LINK]
▼ドルフィンズ 20-23 コルツ
ラック vs タネヒル というドラ1QBの初対決となったこの試合。
ランD#が強いドルフィンズ相手に、コルツの天才”アンドリュー・ラック”がWR”レジー・ウェイン”にバンバン投げまくる。
しかし、肝心の3rd-1ydが取れなかったり、FGをブロックされたり、なかなか得点に結びつかず。

だがコルツD#も強力。コルツDE”ドワイト・フリーニー”がタネヒルに容赦ないプレッシャーをかける。

ドルフィンズはRB”レジー・ブッシュ”の6人抜きTDランで、リードを奪う。

だが第3Q終了直前にラックは36ydのTDパスを決めて逆転に成功。さらに第4QでFGを決めて20-23 でコルツがリードを守る。

残り2分あまりでドルフィンズは最後の攻撃に賭けるも、コルツD#はドルフィンズの追撃を止めて勝利!
昨日の敵は今日の友って事で、コルツがドルフィンズを止めてくれました。

この試合でラックはルーキー記録となる433yd獲得。やはり彼は天才です。
チームがもっと彼を助けれたら、コルツはすぐにマニング時代の強さを取り戻すでしょう。

そして、JETSはドルフィンズと1勝1敗なので、勝率で並んだ場合「同じ対戦相手との勝率」というタイブレークルールが効いてきます。
ラック様がパッツも倒した日には、私は確実にラック様のファンになるでしょう。

 

▼ビルズ 9-21 テキサンズ
古牛vs新牛の新旧モーモー対決となったこの試合。
牛として歴史あるビルズは、この試合に負けるわけにはいかないのだが、勢いはもちろんテキサンズ。

ビルズはマリオのサックが出るものの、逆にJJ・ワットにやり返される。
O#力でもテキサンズに分があり、ビルズは序盤は接戦を演じるものの、やはり”アンドレ・ジョンソン”と”アリアン・フォスター”を止める事ができず敗北です。

 

▼AFC東
1位:ペイトリオッツ 5勝
2位:ドルフィンズ 4勝
3位:ジェッツ 3勝
4位:ビルズ 3勝
→先週はビルズが寝てる間に上に行かれましたが、今回はJETSが寝てる間にビルズが負けたので、自動的に3位浮上でございます。

わずか3勝とはいえ、まだ首位のパッツとは2勝差。しかもパッツとの直接対決を残してますし、諦めるには早すぎる状況です。

 

▼Week10
・ジェッツ vs シーホークス
シアトルに出向いてシーホークスと対戦。パッツはシーホークスに敗れているので、首位を狙うならば、ここでの1勝には付加価値が付きます。

そしてシーホークスといえば、RB”レオン・ワシントン”やWR”ブレイロン・エドワーズ”といった私のお気に入りだった元JETS達がいます。
さらにビルズ時代に苦手とした絶好調の猛牛”マショーン・リンチ”と再び対決です。

D#も固く苦戦は必至ですが、なんとか勝ってくれ!!

 

・ペイトリオッツ vs ビルズ
ロンドンから帰ってきたパッツはビルズと対戦。
期待薄ですが、パッツを止めるのに贅沢は言ってられない。やってまえ!ビルズ!!

 

・ドルフィンズ vs タイタンズ
イルカの相手はベアーズに51点も取られて惨敗したタイタンズ。
またQBはハセルベックなんでしょうかね?
復調してドルフィンズのストップに期待したいところです。

  1. paracelsus55 より:

    やっぱり、アンドリュー君、

    ”本物”の様ですね。

    自分はオンタイムで兄者の1年目観ていました。

    INT量産でレコード作ったりして、

    よく試合中、M・ハリソンと話し合っているのを眼にしました。

    M・ハリソンは、D・マクナブと共に自分がシラキュース大時代から目に付けていた選手でした。

    現SFのHCのジムとプレイしてターゲットとして活躍していました。

    そしてその後に、兄者が入団。

    先にいたマービンが色々とアドバイスしていた様です。

    その後の活躍はご承知の通り。

    レジー・ウェインはINDに留まって正解でしたね。

    兄者の時のマービンが、アンドリュー君の今は

    レジー・ウェイン。

    今年はPOSTシーズン進出は難しいかもしれませんが、

    敗けても温かく見守ってあげて欲しいですね。

    一年間スナップを受けて、

    プレイして、

    そして来年、

    面白い物が観られるかもしれませんよ。

    1. JETS狂 より:

      試合を見ていて、ランが出ない事でラックが苦しんでいたシーンが多かったですね。WRとの疎通ミスや落球もありました。
      もっとチームが一体となれば、コルツは常勝軍団に直ぐに返り咲くでしょう。
      (アダイも帰ってこないかな?)
      しかし天才といっても、この試合で無茶投げに近いパスが何本もあり、下手したら3回ぐらいINTされてたんじゃないかと思います。
      まだまだ成長過程で、本当に来シーズンは鬼となりそうです。テキサンズは今のうちにSB取らないとヤバイでしょうね。

      しっかし、JETSはなんで勝てたんだ??

      1. paracelsus55 より:

        Re. しっかし、JETSはなんで勝てたんだ??

        あははッ、

        そこはやっぱりJETSが

        エクセレントなチームだということでよろしいのでは?

        でもホント来年以降、

        楽しみですね。

        1. JETS狂 より:

          JETSは強いのか弱いのか、よく分からない謎のチームです。
          ファンにとってはそこに麻薬みたいな効果があるんですけどね。

          ちなみに来シーズンはSBのホームとなるので、PO常連のコルツやセインツすらジンクスの餌食になったとなると、非常に期待薄です。。。。

コメントを残す