女アイシールド21!?超瞬足RBに全米が注目!

ネットでいろいろ情報を漁ってますと、面白いネタを見つけました。
アメリカの小学生アメフト業界に、とんでもない瞬足のRBが現れたのです。

しかもそれが、なんと女の子。自分より体格が勝る男の子を手玉に取る姿をとくとご覧あれ。

[SPONSORED LINK]

 


http://www.youtube.com/watch?v=iSISzEfmjBA

一人だけビデオの早送りのように、一度抜かれたら誰も追いつけない瞬足に加えて、カットやタックルを外す技術も一流。
まさにリアルアイシールド21!。

彼女の名前はSam Gordonちゃん(9歳)。
彼女の初シーズンの記録は
トータル1911yd、35TD、平均1キャリー8.2yd。
正直言って、バケモンです。しかも結構、美人ですな。

しかし問題はやはり彼女は女の子。こんだけ足が早かったら、あらゆるスポーツで活躍できると思うのですが、彼女は将来サッカーをやりたいとのこと。
それだけに、この才能に残念な部分もありますね。

▼インタビューに答えるSamちゃん

[情報ソース:ロケットニュース]

  1. YM5 より:

    これはまだ子供の世界ですが、ランジェリーではなくガチで防具を着けてプレーしたり、ディーバになって戦う人の親ってどんな目で子供を見てるんでしょうね。

    オートンやコーディみたいにある意味レスラーとなる事が宿命となっている者もいるでしょうが、まずは無事が第一ですね。

    シナパパみたいに息子に乗っかって(?)ストーリーに登場するようになったら誇らしいというか、色々と大変そうw

    1. JETS狂 より:

      まぁWWEディーバって認知度が高いタレントみたいな存在ですから、成功の部類ではないでしょうか。ランジェリーは複雑でしょうね。
      この子もフットボールで生きるならば、ランジェリーの道しかないので(他にも女子リーグありますが認知度ないので)、才能がもったいないです。
      美人になりそうですし、オリンピック種目である女子サッカーでアレックス・モーガンみたいな位置を目指すのがベストかもしれません。

  2. paracelsus55 より:

    早っ!!

    それにボディ・バランス抜群ですね…。

    女の人は脂肪がある分、男よりスタミナあるそうですし…。

    天性のものもあるのでしょうね。

    気のせいか、男の子1人引きずって走ってませんでした?

    惜しいなぁ~。

    サッカーかぁ~。

    1. JETS狂 より:

      足の回転の速さに加えて、ルートを見つける能力もあり、当たりを恐れないガッツもある。これは紛れもなく才能でしょうね。
      親としても男だったら、将来NFLスターだったのに、ちょっと残念な気持ちですかね。
      なにわともあれ、将来が楽しみです。

コメントを残す